次のタグが付いている話題の回答:

4

GitHub の WebAssembly のところを見てみると、Portability / API の節で、どんな API が利用できるかが書いてあります。ざっと訳すと WebAssembly 自体は API を定義せず、実行環境で定義されたものを import する機能だけを提供。ウェブの環境の API は Web Platform で定義された Web API。ウェブ以外の環境では、どんな API を実装してもよい。 ということなので、ブラウザから Windows API を直に呼べるようになることは、ないでしょう。


4

termoshttさんの言っていることに加えて以下をCargo.tomlに追記すると.wasmファイルを生成できるはずです。 [lib] crate-type = ["cdylib"] この記述の役割が気になる場合はThe Manifest Formatを参照するとよいでしょう。 しかしこれでもまだrandクレートが動作しないはずです。 なぜかというとWebAssemblyはWebとは独立に定義された仕様でシンプルな計算命令しか持たないのですが、wasm-unknown-unknownはそのピュアwasm向けのターゲットなので乱数の種を供給する方法が一切ないからです。 JSが乱数関連のAPIを持っているのでそこから乱数の種を供給しようとしても、...


3

randはRust本体に含まれる標準ライブラリ(libstd)ではなく外部のcrateですので、それをダウンロードしてビルドしてリンクするには基本的にはrustcではなくcargoを使用する必要があります。 cargo build --target wasm32-unknown-unknown とすればtarget/wasm-unknown-unknown/debug以下にwasmが拡張子になったファイルがあるはずです。 npmとの連携やwasm-bindgen等の利用についてはMozillaの以下の資料が参考になると思います(和訳が途中までですが) https://developer.mozilla.org/ja/docs/WebAssembly/rust_to_wasm


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります