次のタグが付いている話題の回答:

6

質問2: エラーがでないようにするには、どうしたらいいでしょうか。 コメントより: InnerClass同士に制限したい 「OuterClass<??>::InterClass同士のみ相互代入を許容する」という目的であれば、下記コードのように"マーカー"(magic_type_for_innerclass)を用意することで実現可能です。関数テンプレートへのデフォルト引数を使っているため、C++11以降が必要です。 #include <type_traits> template<typename _t_type_> class OuterClass { public: class InnerClass; }; template<typename ...


5

template をコンパイルすると(特殊化しても・しなくても)、複数個の翻訳単位で同じ関数・クラス定義が翻訳され、 複数個のオブジェクトファイル中に同じ変数や関数が生成されます。 現代的 c++ に対応したコンパイラ+リンカなら template の翻訳結果は weak symbol/function となります。 weak とはリンク時最適化により、 - 複数のオブジェクトファイル中に複数の実装がある場合に - リンク後の実行形式にはそのうちの1つだけが残るというものです。 異なる翻訳単位にて生成されるであろう「同一変数・関数」が本当に同一内容である場合に限り そのうちの1つだけを残す最適化が適用可能なわけです。 それゆえに One Definition Rule がある、ということになります。 ...


4

代替案は既に他の方が回答していますので脇に置きつつ。 ISO/IEC 14882:2014 を見直していたら、以下の記述を見付けました。 テンプレート引数の推論のコンテキストに現れないテンプレート引数は推論の対象とならない、ということで例が挙げられています。 この記述は、14882:2003, 14882:2014にも同様に存在します。 14.8.2.5 Deducing template arguments from a type p16 の Note: [ Note: Template parameters do not participate in template argument deduction if they are used only in non-deduced contexts....


4

template<> int Hoge<int>::Value = 0; の template<> を取り除くとコンパイルできます。英語版にほぼ同じ質問がありました。 追記 template<> が不要な理由を追記しておきます。質問のコードの template<> struct Hoge<int>{ static int Value; }; は Hoge の A が int だった場合は特別にこのテンプレートの定義を使って下さいという宣言です。これがテンプレートの特殊化 (template<>)です。 ただし class/struct 宣言内の static int Value; ...


2

ネストしている型はテンプレートの解決時に推論できないことがあります。例えば、上記のコードに、以下のコードが続いていると考えてください。 struct baz {}; template<> class OuterClass<baz> { public: typedef OuterClass<foo>::InnerClass InnerClass; }; この場合、OuterClass<foo>::InnerClassとOuterClass<baz>::InnerClassは同じ型になりますので、InnerClassのテンプレートコピーコンストラクタが呼び出された時に、...


2

templateクラスの場合、template引数が違うクラスは、別クラス扱いになってしまうためです。つまり、OuterClass<foo>::InnerClassにOuterClass<bar>::InnerClassを代入しようとするのは、 class OuterFoo{ class Inner{ }; }; class OuterBar{ class Inner{ }; }; と定義されている場合に、OuterFoo::InnerにOuterBar::Innerを代入しようとしているのと同じことです。 InnerClassがtemplate引数に非依存なのであれば、外部クラスとしてしまってはどうでしょうか? (01/27 11:13 ...


2

Dでの関数テンプレートは以下の様な糖衣構文です. template ccv_get_dense_matrix_cell_by(T){ T* ccv_get_dense_matrix_cell_by(ccv_dense_matrix_t* x, ulong row, ulong col, ulong ch) { static assert(false); return cast(T*)(ccv_get_dense_matrix_cell_by(0, x, row, col, ch)); } } なので,自分と同名の関数を呼び出す場合には,先頭に.をつけて.ccv_get_dense_matrix_cell_byとするか,モジュール名をつけてccv....


1

戻り値にenable_ifを使った template<typename T> typename std::enable_if_t<std::is_signed_v<T>, T> get(std::string str) { return std::stoll(str); } template<typename T> typename std::enable_if_t<std::is_unsigned_v<T>, T> get(std::string str) { return std::stoull(str); } // その他 template<typename T> typename std::...


1

gcc 6.1ではコンパイル可能なようです。 ideoneのC++14でもいけますね。 VS2015の挙動はバグっぽい感じです。 回避策として、以下のように型定義を分割すればいけるっぽいです。 template<typename tag, typename int_type> struct hogehoge { private: typedef decltype(has_hoge(tag())) t_; public: typedef typename convert<t_::type::value, int_type>::type type; };


1

break だとダメでしたが、 - break ならいけました。


1

不可能です。 autoによる型推論はコンパイル時に行われますが、ダウンキャスト可能かどうかは実行時でないと判断できません。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります