1

VVMware Workstation Playerで仮想化機能を有効にするために仮想マシンのBIOS設定を開きたいのですが、Boot Manager画面しか表示されません。

以下を試してみましたが、Boot Manager画面しか表示されませんでした。

  • 設定の回復項目から再起動後、トラブルシューティングの詳細からUEFIファームウェアの設定で再起動
  • vmxファイルに「bios.bootDelay = "5000"」を記載し、ESCやDeleteやF1~F12キーを連打
  • vmxファイルに「bios.forceSetupOnce = "TRUE"」を記載し起動

環境は以下になります。

VMソフトウェア: VMware Workstation 16 Player
ホストOS: Windows10
ゲストOS: Windows11

PCの起動の仕組み等はいまいち理解していません。

3
  • vmx ファイルを編集するのではなく、GUI からゲスト OS の設定を変更できませんか? docs.vmware.com/jp/VMware-Workstation-Pro/16.0/…
    – cubick
    2月5日 8:00
  • 仮想マシンの BIOS ではなく、ホストの BIOS / UEFI じゃなくて? 2月5日 13:50
  • ありがとうございます。GUIから設定変更ができました。
    – mti
    2月6日 4:32

1 件の回答 1

1

VMware Workstation 16 Playerの仮想マシン設定のプロセッサから、[Intel VT-x/EPT または AMD-V/RVI を仮想化] の項目で設定はできました。
ただ、VM起動時に「Intel VT-x/EPTはこのプラットフォームではサポートされていません。」となり、VMが起動できない状態になりました。
本来の目的である仮想マシン上でWSLを使えるようにするにはVMよりHyper-Vを使った方が簡単に実現できそうだったので、Hyper-Vを使って仮想マシンを作ってみると、仮想マシン上でWSLが起動できるようになりました。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする