0

CentOs8に「VScode」をインストールする手順 -mebee

の記事を参考に vscode を CentOS(8) にインストールしようとしたところ、インストールもできず、以降、多くのコマンド(dnf info ~ など)で最初に

Warning: failed loading '/etc/yum.repos.d/vscode.repo', skipping.
Last metadata expiration check: x:xx:xx ago on Fri x Oct 2020 xx:xx:xx AM UTC.

と表示されるようになってしまいました。
表示を止めるにはどうしたらよいでしょうか。

打ち込んだコード

sudo rpm --import https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc
sudo vi /etc/yum.repos.d/vscode.repo

[code]
name=Visual Studio Code
baseurl=https://packages.microsoft.com/yumrepos/vscode
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc
    
sudo dnf install code

環境
・仮想環境 VirtualBox (ホスト環境:Windows10)

ちなみに
なぜ vscode はインストールできなかったのでしょうか。

1

表示されているワーニングは作成したリポジトリの定義ファイルに何らかのフォーマットエラーがあるのが原因だと思われます。
質問に貼られたコードを見る限りでは問題なさそうなのですが、一度削除した後に改めて作り直してみるとどうなるでしょうか?

行っている内容は参照された記事と最終的には同じですが、VSCode のサイトにワンライナーで登録する方法も載っているので紹介しておきます。

Visual Studio Code on Linux

sudo rpm --import https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc
sudo sh -c 'echo -e "[code]\nname=Visual Studio Code\nbaseurl=https://packages.microsoft.com/yumrepos/vscode\nenabled=1\ngpgcheck=1\ngpgkey=https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc" > /etc/yum.repos.d/vscode.repo'

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする