moccos
  • 登録から 7 年
  • 前回のログイン more than 1 years ago
3 answers
2 votes
1,936 views
ウィンドウサイズ(送受信バッファ)に余裕があるのに応答確認を待つのはどんな時ですか?
0 votes

初期ウィンドウサイズが小さい (initcwnd) TCPの送信バッファサイズが小さい あたりはどうでしょうか。

View answer
1 answers
8 votes
1,713 views
Java Socket通信サーバーがcloseした場合クライアントは正常に受信できるのか
Accepted answer
5 votes

socketはOSで管理されていて、正常完了 または 失敗(タイムアウト) まで裏で頑張ります。仮に一時的電波不良があっても、再送の繰り返すうちに成功すれば、データは無事届くことでしょう。繋がらない状態が続き、再送がタイムアウト設定時間以内に成功しなければ、失敗です。 そのため、「電波不良や地理的に遠い通信相手を考慮して、○秒待ってからcloseしよう」...

View answer
2 answers
1 votes
711 views
並列処理すると1つの処理が重くなる
4 votes

純粋に計算負荷をかけるタスクにすると、想定された動きをします。 // weightの値は処理性能に合わせて調整してください。30前後が良さそう。 def f(weight: Int): Unit = { def fib(n: Int): Int = n match { case 0 => 1 case 1 => 1 case _ => fib(n - ...

View answer
2 answers
0 votes
8,886 views
仮想マシン上のWebサーバにホストからアクセスできない
Accepted answer
4 votes

127.0.0.1にbindしても、ローカルホストからしか接続できないことがあります。 ソースコード中でアドレスを記載している部分、 server.listen("127.0.0.1:6767"); これを、eth0などのネットワークインターフェイスが持つIPアドレス、または0.0.0.0を指定してみてはどうでしょうか。 server.listen("0.0.0.0:6767");...

View answer
1 answers
6 votes
1,451 views
ソケットのsend()の使い方とオーバーヘッドについて
Accepted answer
9 votes

ソケットの通信の効率化をネットワークカードレベルで考える の回答にある、 scatter/gather I/Oまたはvectored I/Oと呼ばれる機構 これがまさにその、まとめて実行するものです。 Linuxのstruct iovec や、Winsockの WSABuf は 簡単に言えば (*buf, len) の構造体で、...

View answer
2 answers
2 votes
222 views
akkaでwithRouterするとcontext.parentがとれなくなる
1 votes

親 / 子 という階層が、routerを生成した場合には 親 / router / 子 となるので、この場合には子からparentを見たらrouterになります。context.parentの動作としては、おかしくなってはいません。(子という名前のまま統一しましたが、routerを使った方では階層上は、親から見たら孫になりました) 公式の説明で該当するのは、 http://doc.akka....

View answer
5 answers
5 votes
2,121 views
ソケットの通信の効率化をネットワークカードレベルで考える
Accepted answer
12 votes

レイヤーの上から順に socket関係のシステムコール(アプリ) TCP IP Ethernet NICハードウェア となりますが、書き込み読み込みの作法ということなので、アプリによる読み書きが関係ありそうな範囲に絞って書きます。 socket読み書きの工夫 ここで工夫できるのは、システムコールを呼ぶ回数を減らすことです。シンプルに無駄なsend/recv呼び出しを減らすことの他に、...

View answer
3 answers
6 votes
2万 views
1回のソケットのsend()やssl_write()で送るバイト数の適切サイズ
Accepted answer
11 votes

TCPの場合、大きなデータを適切な小断片(MSS:最大セグメントサイズ)へ分割する仕事は、TCP層が行ってくれます。もし20MB送りたければ、20MB渡してしまってよいです。アプリケーションレベルで小分けに送信呼び出しをすると、システムコール呼び出しがそこそこに時間を要するために、性能上のデメリットだけがあります。 UDPの場合は分割機能を持ちませんので、...

View answer
1 answers
3 votes
252 views
HTTP2はTCP受信ウィンドウと輻輳ウィンドウ問題を直接は解決しない?
Accepted answer
4 votes

TCPの問題はそのまま残り、意味のあるTCP層チューニングの余地も残ります。コネクションの数・データ転送量等は変化しますが、単に解決すべきパラメーターが変わってくるだけで。 トランスポート層近辺の問題、TCP・TLS層に残された課題を解決しようとしているのはHTTP/2ではなく、QUICやWebRTCのデータチャネルなどがありますね。(後者はHTTP/2を上に載せるわけではないですが)

View answer
2 answers
2 votes
2,983 views
.NETのSslStreamでデータの終端を判断したい
Accepted answer
2 votes

「これ以上読むべきデータがない状態」とは何かにより答えが変わりますが、「送信側で送ったすべてのデータを、受信側で読み終わった状態」を指すのであれば、Stream関係のクラスにそのような機能はありません。(コードやコメントを見た感じからそう仮定して以下書いています。違っていたらごめんなさい) SSLなので下層のプロトコルはTCPですが、TCPはストリーム指向でメッセージ境界の概念がないので、...

View answer
2 answers
1 votes
2,355 views
Visual Studio 2012 以降のマクロ機能
Accepted answer
3 votes

Microsoftのチームから、Macros for Visual Studio 2013 というものが出ているようです。 https://visualstudiogallery.msdn.microsoft.com/d3fbf133-e51b-41a2-b86f-9560a96ff62b

View answer
4 answers
5 votes
3,278 views
ハードウェア記述言語を利用する利点
Accepted answer
3 votes

Cはソフトウェア、HDLはハードウェア(の設計図)を記述するものなので、出来上がるものが違います。言語の違いとしての利点・欠点の比較は的を得ないので、ソフトウェアとハードウェアの違いを回答するのが良いのでしょうか? ソフトウェアは、汎用(色々なことができる)ハードウェアであるCPU等の上で、細かく挙動を記述して希望の動作をします。 ハードウェアは、特定の実現したいもの専用のハードウェアを作ります。...

View answer
1 answers
2 votes
255 views
ElixirからErlangのrecordを扱う方法
2 votes

自己レスですが、別のことを調べているときに偶然、正しい(?)使用例を見つけました。 (出典: https://stackoverflow.com/questions/17345939/elixir-and-erlang-records-pattern-matching) defrecord :xmlText, Record.extract(:xmlText, from_lib: "...

View answer
3 answers
3 votes
1万 views
raspberry piでLANケーブルを抜くとwifiが使えない
1 votes

RasPiの無線がAPに接続できる Mac -> RasPiに無線経由で送信できる RasPiが受信できる RasPi -> Macに無線経由で送信できる …という順序で確認していくとして、IPが払い出されているので1.はOKとして、まだ2.が成功していないように見えます。無線に飛ばしたつもりのものが、有線側から届いているので。 Macからルーターまでは無線経路一択だとすると、...

View answer