Skip to main content
Allmay's user avatar
Allmay's user avatar
Allmay's user avatar
Allmay
  • 登録から 35 日
  • 前回のログイン 一週間以上前
統計
1
信用度
0
リーチ
0
回答
0
件の質問
概要

社会人でプログラミングに出会い、現在絶賛勉強中です。
幼少期に不思議と/C言語/の本に惹かれ、そのまま"知りたい!"という思いを秘めたまま大人になりました。
そのまま時は過ぎ、20歳半ば。
かつてのC言語への興味を持っていた幼い自分は遥か忘却の彼方へ消え、
淡々と仕事をする自分がそこにはいたのです。
仕事は大変でしたが、やりがいも感じていました。
しかし、そつなく仕事をしていく中で気が付くと自分に見えている世界が徐々に色褪せているような、このまま消えていくのではないか、そう感じるようになったのです。
この「悲しみ」、「虚しさ」は何か自分の中にこのままではいけないと訴えかけているものがいるのだろう。
そう思うようになり転職を決意しました。
"職を変える"タイミングで自分が興味のある分野とは何なのか、やりたいことは何なのか。
普段の日常の中で考えるようになったとき、あの時の幼い私がイメージの中で姿を現してくれました。
彼の目はきれいでした。大人になった私をまっすぐ見つめています。
手元には一冊の本。大事そうに両手で抱えていました。
小さい手ですから、あの頃は図鑑のように大きく感じた本も、今思えば私が幼かっただけ。
私は思い出の中の私へ、懐かしさと同時に愛情のようなものを抱きました。

"苦C"……彼が抱いている本を見つめ、私はもう一つの道へ歩んでいきます。

バッジ
このユーザーはまだ金バッジを持っていません。
このユーザーはまだ銀バッジを持っていません。
2
銅バッジ
投稿

このユーザーはまだ投稿していません。