次のタグが付いている話題の回答:

5

yumならyum-cron、aptもcron-aptというそのものずばりな仕組みが用意されており、適切に設定を行えばパッケージの自動更新は一応可能ではあります。 ただし「プロダクション環境で事前検証なしにアップデートを適用していいのか?」については個人・組織の運用ポリシー次第ですので、必要であれば「重要なセキュリティフィックスのみ自動更新」という設定もできます。 詳しくはそれぞれのマニュアル等を参照してみてください。


3

yumコマンドのinstallまたはreinstallオプションは同時に指定することはできません。 本来やりたい事はrpmパッケージのダウンロードかと思われるので、もしそうであればyumdownloaderコマンドを試してみてください。 yumdownloaderはyum-utilsパッケージに含まれるコマンドなので、確認の上インストールしておきます。 $ yum install yum-utils -y $ which yumdownloader /usr/bin/yumdownloader 基本的にはパッケージ名を指定して実行するだけでカレントディレクトリにrpmパッケージをダウンロードすることができますが、他にも--destdir DIRで保存先の指定、--...


2

var/chache/yumにrpmパッケージ(rpmファイル)が残っており、かつ対象のパッケージに依存関係が無ければ該当のファイルを別のPCにコピーしてrpmコマンドでインストールすればよいでしょう。 # rpm -ivh PACKAGE.rpm もしくは過去のパッケージを公開している http://vault.centos.org というサイトがあるので、yumの参照先を一時的にでも書き換えてこちらからインストールする方法もあります。 CentOS 7.2.1511 (x86_64)のパッケージディレクトリ http://vault.centos.org/7.2.1511/updates/x86_64/Packages/ 参考: yum ...


2

質問者ですが yum erase yum-plugin-priorities を行い再度インストールを試みるとインストールを行うことができました。 ありがとうございました。


2

すでに remi-php70 リポジトリの php-common がインストールされているようです。 remi-php70 リポジトリが無効(デフォルト)のまま phpMyAdmin をインストールしようとして、phpMyAdmin に必要な PHP 関連パッケージのバージョンが、インストール済みの php-common と競合するためエラーとなっています。 remi-php70 リポジトリを有効にしてインストールしてみてください。 # yum --enablerepo=remi-php70 install phpMyAdmin


1

Python-2.x と Python-3.x では互換性が無いため、パッケージ名や実行コマンドでも区別が付けられています。(CentOSの標準パッケージでも両者は共存可能です) yum コマンドは Python-2.x での動作を想定して書かれているので、Python-2.x が必須となります。 Python-2.7.14 もソースコードからインストールされたということですが、これも本来なら /usr/local/ 以下などのパッケージ管理されたディレクトリとは別の場所にインストールしないとトラブルの元になります。 元々インストールされていた Python-2.x をどのように削除したのか分かりませんが(yum コマンドからは依存関係で簡単には削除できないはず)、...


1

CentOS 7 の nss-3.36.0-7.1.el7_6.x86_64 より CentOS 6 の nss-3.36.0-9.el6_10.x86_64 の方がバージョン・リリース番号が新しいため、yum でアップデートできないようです。 nss-3.36.0-7.1.el7_6.x86_64.rpm ファイルをダウンロードして、 rpm -Uvh --oldpackage nss-3.36.0-7.1.el7_6.x86_64.rpm または rpm -Uvh --force nss-3.36.0-7.1.el7_6.x86_64.rpm で nss を置き換えられませんでしょうか? 依存関係でダメかもしれませんが。


1

自己解決しました。 Amazon Linuxなので、remiではなく、amzn-updatesとamzn-mainを使った方がよいみたいです。 下記でインストールできました。 sudo yum install php71-opcache sudo yum install php71-pecl-apcu


1

単純な記述ミスが原因かと。 baseurl=baseurl=file:///repo/epel-multimedia ではなく、正しくは baseurl=file:///repo/epel-multimedia


1

パッケージの情報はメタデータで管理されており、他のパッケージを置き換える場合には「Obsoletes Package」として情報を持っています。 要望をあげている内容は自分でダミーの野良パッケージを作成、インストールなどで無理矢理できない事もないですが、 置き換えられる側は「廃止されたパッケージ」なので、新しいパッケージ名できちんと管理すべきかと思います。 関連 "Obsoleting Packages"の意味は?


1

今回インストールしようとしているopenssl-develパッケージはbaseリポジトリにしか存在しませんが、依存関係にあるkrb5-libsとlibkadm5パッケージはupdatesリポジトリでより新しいバージョンが配布されており、システムにもこちらが既にインストールされているため、「openssl-develの要求バージョンと合わない」とエラーになっているように見えます。 http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/CentOS/7/os/x86_64/Packages/ krb5-libs-1.15.1-18.el7.x86_64.rpm libkadm5-1.15.1-18.el7.x86_64.rpm openssl-devel-1.0.2k-12.el7....


1

/etc/yum.conf で keepcache=1 と設定されていれば cachedir で指定したディレクトリに RPM ファイルが残ります。RPMファイルを 別サーバーにコピーしてから、 rpm コマンド、または yum コマンドで インストールやアップデートが可能です。 ただ、過去にキャッシュをクリアしていればその分は消えてます。また依存関係のあるパッケージも含まれているかどうかは 分かりません。 古いバージョンのリポジトリは http://vault.centos.org/7.2.1511/ にあるので そこから yum でインストール/更新するほうが 無難な 印象です。 (Readmeから引用) If you know what you are doing, and ...


1

package-cleanupをPython 2.7で実行していて、package-cleanupに必要なyum.miscがPython 2.7用にインストールされていないためエラーが出てしまいました(ちなみにPython 2.6に関しては、/usr/lib/python2.6/site-pacages/yum/misc.pyに存在していました) なので、package-cleanupを2.6で実行するように変更して対処しました。


1

php-5.6.28 をインストールした際、remi, remi-php56 リポジトリを有効にして yum install したのではありませんか? yum --enablerepo=remi-php56 --enablerepo=remi install phpMyAdmin


1

バージョンごとに別のパッケージになってます。1.8.0のパッケージをインストールしてみて下さい。 sudo yum install java-1.8.0-openjdk その後、2つのJavaがインストールされた状態になるので、alternatives でどちらを標準にするか選択します。 $ sudo alternatives --config java There are 2 programs which provide 'java'. Selection Command ----------------------------------------------- + 1 /usr/lib/jvm/jre-1.6.0-openjdk.x86_64/bin/java *...


1

パッケージインストールであれば、CentOS の場合はリポジトリを追加してアップデートする形になります。 PHP 7 のパッケージが利用できるリポジトリは複数ありますが、特に要件がなければ Remi's Repository がよいでしょう。 yum install epel-release yum --disablerepo=epel update epel-release yum install http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm yum install yum-utils yum-config-manager --enable remi-php70 yum update php


1

すでに指摘されていますが、 MariaDB のパッケージは CentOS 7 から標準リポジトリに登録されており、CentOS 6 以前ではそのままではパッケージ利用はできないようです。 yukihane さんの指摘通り、リポジトリを追加すると解決するかと思います。 https://downloads.mariadb.org/mariadb/repositories/#mirror=yamagata-university&distro=CentOS&distro_release=centos6-amd64--centos6&version=10.1 cat << "_EOF_" > /etc/yum.repos.d/mariadb.repo [mariadb] ...


1

(1) 廃止されるパッケージのことで他のパッケージが代わりになります。 例えば foo パッケージが bar に変更された場合、foo の更新パッケージは bar になり foo は廃止されるパッケージになります。 (2) この他に、依存パッケージが変更になった場合も Obsoltes Package に表示されます。 たとえば、foo パッケージが依存している hoge が 新バージョンでは不要になった場合、foo の Obsoletes に hoge が表示されます。 どちらの場合も yum upgrade を実行すると廃止されるパッケージは削除されます。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります