次のタグが付いている話題の回答:

4

「行間」という用語は極めてあいまいに使用されています.FOの出力結果のに対し、お客さんから「もう少し行間を広げてくれ」と言われた場合、どのようにするでしょうか? 実はXSL-FOには 文字の配置される行の領域 それらの間の隙間としての行間 という一般的な行間を直接制御するプロパティはありません.お客さんの要望を実現する場合、「行の高さ」を調整することによっておこなっています.XSL-FOにはそのプロパティline-heightがあります. さて、XSL-FOのモデルでは、組版結果はエリアの集合です.ブロックエリアは、ラインエリアがスタックされて生成されます.ラインエリアは、それを構成するインラインエリアからビルドされます.ラインエリア(行)を考える場合、インラインのフォントサイズが一定で、...


3

SERE0014 を throw しているのでしょうから、これでしょう: http://www.w3.org/TR/xslt-xquery-serialization/#HTML_CHARDATA Certain characters are permitted in XML, but not in HTML prior to HTML5 (...ごっそり引用略...) The serializer MUST signal the error. で、おそらく XML 1.0 でしょうから、要するに U+007F - 9F でしょう。


3

XMLDocument property(のサンプルコード内のコメント)によると XML islands are not supported in Internet Explorer 9 and later. です。具体的にはXML data islands are no longer supportedによるとIE10で削除されたとのことです。 とりあえずMozillaでのXML データアイランドの利用というドキュメントがありました。


3

質問のxmlとxslには問題点があります。以下の原則を意識して見直してみてください。 xmlは原則として<開始タグ>を開始タグと同名の</終了タグ>で閉じる必要があります。 末尾に"/"のある<空要素タグ/>は閉じる必要がありませんが、開始タグと混同しないよう注意が必要です。 この原則をふまえて質問にあるxmlを見直すと、<chara>が</chara>で閉じられていないことが分かります。 xslも同様に以下のタグが閉じられていません。 <xsl:stylesheet> <xsl:template> <xsl:for-each> </item>を</chara>...


3

今までいろいろXSLTで変換をやっていますが、入力XMLでもう少しちゃんとタグ付けをしていてくれたら良いのにと思ってもなかなかお客様の元データを直すわけにはいかず、XSLTスタイルイート側で吸収しなければならないことが多々ありました. 今回のご質問も"aaa","bbb","ccc"~"ddd"がpでタグ付けされていれば電車道ですね.でもそう行かないのでしょう.このような場合グルーピングの問題として解決することが出来るのではないか?と思います.つまりcontainer要素以下のnode()をbox要素かそうでないものかによってグルーピングするのです. box要素の場合は個々にdiv要素に変換します. 他のノードの場合はp要素にグルーピングして変換します argusさんのスタイルシートを参考にさせていただき、...


3

自己RESです.別の質問を書いていてわかったように思います. 簡略記法の//para[exists(b)]は、正確に書けば(fn:root(self::node()) treat as document-node())/descendant-or-self::node()/para[exists(b)]となります. 3.2 Path Expressions A "//" at the beginning of a path expression is an abbreviation for the initial steps (fn:root(self::node()) treat as document-node())/descendant-or-self::node()/ (however, "//...


2

$v/descendant::p[1]/@*。 $v//p[1] だと意味が異なるので、$v/descendant::p[1] にします。 例示だと $v は document node ですが、もし $v が as="element()" になることがあるのなら、$v/descendant-or-self::p[1] がお求めのものになるかもしれません。


2

XSL勧告で規定されていない場合、ベンダーの拡張で実現されている場合があります. 例) AH Formatterの場合 http://www.antenna.co.jp/AHF/help/v65/ahf-ext.html#text-decoration の axf:text-line-color が該当します.


1

挙げている例がややこしすぎる(よく見ると単なる XPath におけるドキュメント オーダーの話のようなのに、なぜ DITA や DocBook が出てくる必要があるのでしょうか…)上に、 簡潔なインプット、求めるアウトプット、簡潔な再現コードのセットも書かれていないので、 求めていることがすぐに分からないのですが、 <xsl:variable as="element()*" name="foo" select="$tocCandidatesElem/." /> とか <xsl:variable as="element()*" name="foo" select="$tocCandidatesElem | ()" /> とかを求めているのでしょうか?


1

descendant-or-self::node()/child::item[1]は、子要素中のp‌​ositionなので常にprecedin‌​g-siblingで先頭から何番目か?d‌​‌​escendant-or-self:‌​:i‌​tem[1]は、コンテキストは各‌​子孫のitemなので、ともかくd‌​es‌​cendant-or-self::i‌​‌​temの1番目、preceding-si‌​blingなんて関係ない.という解釈でし‌​ょうか? でいいと思います。一言で言えば、「述語[1]の付くのがグループかどうか?」となりそうです。 //item[1] = descendant-or-self::node()/child::item[1] すでに @SOTH さんが述べてますが、...


1

descendant-or-self::node()/child::item[1] を2段階に分けるとすると、 「まず descendant-or-self::node()/child::item を選んで、次にそこから [1] を選ぶ」ではありません。 「まず descendant-or-self::node() を選んで、次にそこから child::item[1] を選ぶ」です。 つまり、 <xsl:copy-of select="//item[1]"/> が行っていることは <xsl:variable as="element(item)*" name="items" select="descendant-or-self::node()/child::item" /> &...


1

・改ページの制御はどのように行いますか? 改ページ指定は、break-after, break-before, keep-together,keep-with-next, keep-with-previousといった属性を指定することで制御できます. https://www.w3.org/TR/xsl/#d0e26492 これらは、CSS3-Multicolでも定義されていますが、keep-with-next, keep-with-previous についてはサポートされていません. https://www.w3.org/TR/css-multicol-1/ ・特定のオーサリングで改ページする場合、どのような方法が想定されますか? "例えば表を書いた後には改ページするようにする" ...


1

このような出力は、fo:floatという要素を使うことで実現できます。 このfo:floatは通常、画像をページの先頭の別の領域に配置させたり、画像を一方の側に配置させるために使用します。 以下がfo:floatの仕様になります。 https://www.w3.org/TR/xsl/#fo_float 質問のサンプルでは、画像を左側に配置させるのが要望ですので、 fo:floatのfloat属性に"left"を指定することでfo:float内のコンテンツが左側に配置されます。 このfloat属性は、仕様を参照すると次のような値が設定できることが分かります。 before | start | end | left | right | inside | outside | none | inherit これらは、...


1

XSL 1.1にはルビを表すオブジェクトはありませんので、自力でつけるか、FOプロセッサの拡張機能を使用することになります. 以下は、fo:block中にfo:inline-containerを配置し、その中にルビに対応したfo:blockと本文に対応したfo:blockを並べて表現した例です. 該当部分のFOは次のようになります.ルビのfo:blockのパディングをマイナス値にして位置を調整しています. <fo:block space-after="1mm">■ モノルビの例</fo:block> <fo:block line-height="1.6" line-stacking-strategy="max-height">9条 <fo:inline-...


1

文字字間を広げる方法 文字字間を狭める方法 文字間隔は、letter-spacing属性で指定します. 以下の仕様を参照してみてください. https://www.w3.org/TR/xsl/#letter-spacing 例えば次のように指定します. <fo:block letter-spacing="1mm"> 文字字間を一定の(Blockなどの)幅に併せて、広げる/狭めるをする方法 これは、文字揃えでしょうか. text-align属性で"justify"を指定することで、インライン方向の均等揃えができます. 以下の仕様を参照してみてください. https://www.w3.org/TR/xsl/#text-align なお、この文字揃えの属性で文字間の指定は出来ません.


1

以下のようなFOで実現できます. 「見出しは本文フォントサイズの2倍」:見出しの内側のfo:blockのfont-size="2em" 「blockの開始より4文字文の字下げ」:見出しの外側のfo:blockのtext-indent="4em" 「位置は3文字分の中央に設置」:見出し3文字分と解釈して、内側のfo:blockのline-height="3em" <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <fo:root xmlns:fo="http://www.w3.org/1999/XSL/Format" font-family="Meiryo" font-size="16pt" line-height="1.2"> <...


1

本文2段組みはfo:simple-page-master/fo:region-bodyで以下の例のように@column-countと段間の@column-gapを指定すれば実現できます. <fo:region-body column-count="2" column-gap="12pt"> column-count https://www.w3.org/TR/xsl11/#column-count column-gap https://www.w3.org/TR/xsl11/#column-gap また見出しの段抜きは、上記のページマスターを使用するfo:region-bodyに対応するfo:page-sequence/fo:flowの中で <fo:block span="all"&...


1

XSL-FOでは、各ページのレイアウトの設定は、fo:layout-master-set で行います. この中で、左ページ用のレイアウト、右ページ用レイアウトを、fo:simple-page-master で定義します. 例えば以下のようになります. <fo:layout-master-set> <fo:simple-page-master master-name="odd-pagemaster"> : <fo:simple-page-master> <fo:simple-page-master master-name="odd-pagemaster"> : <fo:simple-page-master> </...


1

https://www.w3.org/TR/2008/WD-jlreq-20080411/ja/#subheading1_1_4 にある例では、本文縦組みでかつ二段組みですので、 <fo:region-body writing-mode="tb-rl" column-count="2" column-gap="18pt"> としてやる必要があるでしょう.


1

一般に閉じる側ののどはマージンを小口より多めに取ります.従って、各ページマスターにおいて 左綴じでは、@margin-left > @margin-right 右綴じでは、@margin-left < @margin-right とするのが一般的と思います. またページマスターのマージンでなく、fo:region-bodyのマージンで調整する方法もあると思います.


1

normalize-space を施した 要素p の文字列値のシーケンス に対して, separator で改行を指定して分割する方法があります。 <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <xsl:stylesheet xmlns:xsl="http://www.w3.org/1999/XSL/Transform" xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" exclude-result-prefixes="xs" version="2.0"> <xsl:output method="text" encoding="UTF-8"/> <xsl:...


1

もし@user20662さんがWindows + MSXMLのようなXPath 1.0の世界でこの質問をされておられるようでしたら、@pghoさんの回答でもよいと思われます.しかし世の中はすでにXPath 3.0まで進んでいるので、やはり最低でもXPath 2.0ではどうなるか?は知っておいて損はないでしょう. @sayuriさんの御指摘のように、//F1[text()='か']/following-sibling::F3/text()をXPath 2.0で使用すると以下の様に2つのテキストノードが選択されてしまいます.(oXygen 18.1で試しています)従って使用するXpathのバージョンが上がっても確実に動作するようにしておくには、//F1[text()='か']/following-sibling::...


1

ERROR: 'file:/c:/kml_territory/stylesheet/kmlconv.xsl: line 9: XPath式'Document/Folder/Placemark[styleUrl=#msn_pink-blank]'の解析中にエラーが発生しました。' は文字列の指定方法の誤りです.文字列リテラル#msn_pink-blankは(この場合)'と'で囲む必要があります. あと入力XMLがデフォルトネームスペースを使っているとき、スタイルシート側では、その要素を指定するのにネームスペースプリフィックスをつける必要があります. 修正版のスタイルシートは次のようになります.(ちょっと冗長な箇所もあると思いますが...) <?xml version="1.0" encoding=...


1

<xsl:value-of select="books/item/url[@resource]" /> の代わりに、XPath表現を <xsl:value-of select="tabemono/item/url/@resource" /> にしたら、出力結果は下記のようになります。 <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <ul>http://cookpad.com/category/26</ul>


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります