次のタグが付いている話題の回答:

4

Visual BasicではXML対応しているため、別の記述が可能です。 まず、XML名前空間についてはImport構文で指定可能です。 Imports <xmlns:xhtml="http://www.w3.org/1999/xhtml"> 次に//xhtml:tableについてはXML子孫軸プロパティで指定可能です。 Dim htmlDoc As XDocument = XDocument.Load(sgml) Dim targetTables As IEnumerable(Of XElement) = htmlDoc...<xhtml:table> 次に[@class = 'o1']についてはWhereを使えますがその際XML属性軸プロパティが使えます。 Dim ...


4

XPathの//はXLINQのDescendants拡張メソッドに対応します。この場合はXML名前空間が設定されているのでXNameを明示的に作成する必要があります。 []にはLINQのWhereを使用し、XElement.Attributeメソッドで属性を取得します。 Dim d = XDocument.Parse(html) Dim targetTrs = d.Descendants(XName.Get("table", "http://www.w3.org/1999/xhtml")) _ .Where(Function(e) e.Attribute("class")?.Value = "o1") _ .Descendants(...


4

CSSセレクターでのXML namespaceは|で表現します。 Selectors Level 3 / 6.1.1. Type selectors and namespaces doc.at_css('#AsOf2016-09-30 > xbrli|period > xbrli|instant') でどうでしょうか?


3

自己RESです.別の質問を書いていてわかったように思います. 簡略記法の//para[exists(b)]は、正確に書けば(fn:root(self::node()) treat as document-node())/descendant-or-self::node()/para[exists(b)]となります. 3.2 Path Expressions A "//" at the beginning of a path expression is an abbreviation for the initial steps (fn:root(self::node()) treat as document-node())/descendant-or-self::node()/ (however, "//...


2

XPathを使わなくても all を使うと簡潔に書けます。 all('.pagination')[1].click_link('2') allは指定したクラスに合致する全ての要素を配列して返します。なので、[1]を指定すると、2番目の pagination を取得できます。 あとは、その中にある「2」のリンクをクリックすればOKです。 試してみてください。 ちなみに僕の経験上、Capybaraを使ったテストではXPathはほとんど使いません。 Capybara標準のAPIを駆使するか、テストしやすいようにview側にclassを追加することの方が多いです。 ご参考までに。 EDIT XPathでうまくいかない原因がわかりました。 デフォルトはCSSで検索しようとするので、...


2

$v/descendant::p[1]/@*。 $v//p[1] だと意味が異なるので、$v/descendant::p[1] にします。 例示だと $v は document node ですが、もし $v が as="element()" になることがあるのなら、$v/descendant-or-self::p[1] がお求めのものになるかもしれません。


2

質問の2つのXPathの違いは、parent::node()とparent::*です.この2つの返すものの違いを説明すれば、それ以降のparent::*/@outputclassの結果はそこから自動的に導かれます.この考えに沿って回答を記述します. まず質問にはコンテキストノードが何か?の条件が前提として記述されていません.XML文書では、parent軸で参照されるノードは、存在しないか、ドキュメントノードもしくは要素ノード以外にはありません.従ってコンテキストノードが何かによりparent::node()が返すものは異なります. これに対してparent::*は、親ノードが要素ノードである場合はそれを返し、ドキュメントノードもしくは存在しない場合は空シーケンスを返します. さてparent::node()...


2

既定のxmlnsが指定されているので名前空間を指定しないprojectではマッチしないと思われます。ローカル名で /*[local-name()='project'] と判定するか、XMLにxmlns:hoge="http://maven.apache.org/POM/4.0.0"のようにプレフィックスを定義してから/hoge:projectとテストすべきではないでしょうか。


1

もし@user20662さんがWindows + MSXMLのようなXPath 1.0の世界でこの質問をされておられるようでしたら、@pghoさんの回答でもよいと思われます.しかし世の中はすでにXPath 3.0まで進んでいるので、やはり最低でもXPath 2.0ではどうなるか?は知っておいて損はないでしょう. @sayuriさんの御指摘のように、//F1[text()='か']/following-sibling::F3/text()をXPath 2.0で使用すると以下の様に2つのテキストノードが選択されてしまいます.(oXygen 18.1で試しています)従って使用するXpathのバージョンが上がっても確実に動作するようにしておくには、//F1[text()='か']/following-sibling::...


1

以下のようにやってみてください。 elm2 = driver.find_elements_by_xpath('//*[@id="aa"]/div/div[4]/div[3]/div/div[*]/div[4]/div/span') for x in elm2: if x.text == "猫": print(x.text) elm3 = x.find_elements_by_xpath('../../div[3]/div[2]/span') ...


1

iは、BeautifulSoupのオブジェクトで、webdriverのオブジェクトではありません。 BeautifulSoupは、find find_all webdriverは、find_element_by_** find_elements_by_** です。 iのタグに統一性があるなら、 i.div.td[3] とかでいけるかも


1

確かにご質問の一覧が表示できると良いなと思い探してみました。 CSS Navigationという拡張の「Find All References」という機能が使えると思います。 https://marketplace.visualstudio.com/items?itemName=pucelle.vscode-css-navigation と、思ったのですが、「影響範囲」を調べるという意味では全然足りないですね。すみません。


1

もうちょっとのところまで実装できてそうです。 for n in memberlst:のループの中のnがどんな状態か、というところがポイントですね。 nの時点でmemberタグが一番上位になっているので、xpathで要素を取得するときは、子要素なり属性なりを指定するだけでよいはずです(memberタグの指定はいらない)。 ついでに、First Authorだけをxpathで取得する必要もないかもしれません。 First Author以外の著者のEradと名前を羅列するなら、以下のような感じだと思います。 名前が不要ならname関連の処理を消してください。 from lxml import etree # lxmlライブラリを使用 tree = etree.parse('./kaken.nii....


1

XPath での指定方法は、 '//a/@title' です。 lxmlでの例です。 from lxml.html import fromstring el = fromstring('<a title="1" href="https://hogehoge.co.jp/">') el.xpath('//a/@title') ['1']


1

descendant-or-self::node()/child::item[1]は、子要素中のp‌​ositionなので常にprecedin‌​g-siblingで先頭から何番目か?d‌​‌​escendant-or-self:‌​:i‌​tem[1]は、コンテキストは各‌​子孫のitemなので、ともかくd‌​es‌​cendant-or-self::i‌​‌​temの1番目、preceding-si‌​blingなんて関係ない.という解釈でし‌​ょうか? でいいと思います。一言で言えば、「述語[1]の付くのがグループかどうか?」となりそうです。 //item[1] = descendant-or-self::node()/child::item[1] すでに @SOTH さんが述べてますが、...


1

descendant-or-self::node()/child::item[1] を2段階に分けるとすると、 「まず descendant-or-self::node()/child::item を選んで、次にそこから [1] を選ぶ」ではありません。 「まず descendant-or-self::node() を選んで、次にそこから child::item[1] を選ぶ」です。 つまり、 <xsl:copy-of select="//item[1]"/> が行っていることは <xsl:variable as="element(item)*" name="items" select="descendant-or-self::node()/child::item" /> &...


1

そもそも XSLT pattern に話を限る必要はないのでは?、ということです。 XPath の path expression でも node() は child::node() ですよね: 3.3.5 Abbreviated Syntax If the axis name is omitted from an axis step, the default axis is child ... あえて「XSLTの勧告」に話を限るとしても、pattern が XPath と異なる方向へ施す調整において、implicit な axis について結局上記を参照しているのでは: 5.5.3 The Meaning of a Pattern ... The adjustment ...


1

normalize-space を施した 要素p の文字列値のシーケンス に対して, separator で改行を指定して分割する方法があります。 <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <xsl:stylesheet xmlns:xsl="http://www.w3.org/1999/XSL/Transform" xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" exclude-result-prefixes="xs" version="2.0"> <xsl:output method="text" encoding="UTF-8"/> <xsl:...


1

ERROR: 'file:/c:/kml_territory/stylesheet/kmlconv.xsl: line 9: XPath式'Document/Folder/Placemark[styleUrl=#msn_pink-blank]'の解析中にエラーが発生しました。' は文字列の指定方法の誤りです.文字列リテラル#msn_pink-blankは(この場合)'と'で囲む必要があります. あと入力XMLがデフォルトネームスペースを使っているとき、スタイルシート側では、その要素を指定するのにネームスペースプリフィックスをつける必要があります. 修正版のスタイルシートは次のようになります.(ちょっと冗長な箇所もあると思いますが...) <?xml version="1.0" encoding=...


1

nokogiriでもよろしければ require 'nokogiri' doc = nil File.open("example.xml") do |file| doc = Nokogiri::XML(file) end puts doc.xpath("/本棚/本") で、以下の様に取得できました。 <本> <b/> </本> <本> <b>bbb1</b> <b>bbb2</b> <e>eeee1</e> <f>ffff1</f> <b>bbb3</b> ...


1

libxml2は指定通り動作しているのかもしれません。 xmlns(デフォルト名前空間)の指定されたXMLに対して、名前空間未指定のXPathを実行したために一致しなかっただけでは。 https://stackoverflow.com/questions/5239685/xml-namespace-breaking-my-xpath


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります