次のタグが付いている話題の回答:

5

自己解決しました。 Raspbianの起動時の設定ファイル/boot/cmdline.txtにsplashという記述があって、これを削除することで、スプラッシュスクリーンを非表示にすることができました。 対策方法は、 https://www.raspberrypi.org/blog/introducing-pixel/#comment-1263848 ↑ で見つけました。 その他、「cmdline.txt splash」等で検索すると、関連情報が見つかりました。


4

raspbianは分かりませんが、大抵のXのデスクトップ環境ではD-Busでコントロール出来ます。 xdg-screensaverコマンドの内部でもdbus-sendコマンドを使っていますし、それが標準に則った方法なのだと思います。 D-Busはよく分かっていませんが以下の様な感じでよさそうです。 # 状態の確認 dbus-send --session --dest=org.freedesktop.ScreenSaver --type=method_call --print-reply /ScreenSaver org.freedesktop.ScreenSaver.GetActive # シグナルのモニタ dbus-monitor --session "type='signal',path=/...


3

Kenji Noguchiさんが指摘されているように、フォントの問題だと思います。 Firefoxはデフォルトで sans sans-serif に該当するフォントを使いますが、例えばubuntu/trusty64のboxでは日本語フォントが入っておらず、代わりに欧文フォントが使われてしまっています。で、日本語のグリフが含まれていないので代わりにコード値が表示されています。 $ aptitude search "~d Japanese ~d font" (インストール済みのものがない) $ fc-match sans:lang=ja DejaVuSans.ttf: "DejaVu Sans" "Book" $ LANG=ja_JP.UTF-8 fc-match sans DejaVuSans.ttf: "...


3

cookie を生成する時に、xauth generate localhost:0.0 . timeout 0 のように、timeout 0を指定してみて下さい。利用するアプリケーションによっては、xauth generate localhost:0.0 . trusted timeout 0 のようにtrustedも指定する必要があるかもしれません。 timeoutのデフォルト値は60(秒)であり、cookieを生成してから利用するまでに60秒以上かかっている事からエラーになっていると思われます。 ドキュメントには 0 で無期限になるという記述が見当たりませんが、手元で試した感じでは大丈夫そうです。 もし駄目ならば、86400 等の十分に大きい値を指定してみて下さい。


3

自己回答です。 探していたものずばりそのものの回答ではありませんが、コメントで教えていただいたページの情報から、xhostによるリクエスト元ホスト単位のアクセス制御で wsl2 からの要求を許可する方法が分かりました。 Xサーバに接続できているマシンから、 xhost + クライアントのIPアドレス とすると、IPアドレス単位での制御ができます。WSL2の側のIPアドレスは、WSL2 で例えば $ ip a show dev eth0 で調べることができます。このアドレスを指定してwindows側でxhostに渡します。 xhostも$DISPLAY経由でサーバと通信をするプログラムですが、ローカルホストからのアクセスでないと、許可ホストの増減操作ができません。その際、...


3

自分で調査した結果を報告します。 まず、スクリーンセーバーを無効にします。 $ xset s off DPMS (Display Power Management Signaling) の設定を行い、消灯までの時間を設定します。 $ xset dpms 60 60 60 ディスプレイの状態を取得します。 $ xset q|grep Monitor Monitor is On この表示結果をポーリングすれば、ディスプレイがオフになったことを知ることができます。 ただし、xset qコマンドは、多くの情報を取得するため、無駄が多いので、知りたい情報に限定して取得するプログラムをCで書きます。 #include <X11/Xlib.h> #include <X11/extensions/...


1

自己解答 ver.2 です。 教えていただいた xauth のtimeout指定を活用して、Windows側でのcookie の発行と、WSL側での取り込みをWSL側で実行するスクリプトとして、まとめてみました。 追加で見つけたノウハウ: WSL2の側からWindowsのホストにアクセスするためのホスト名は、resolv.confに記載のnameserverのアドレスを引っ張ってくるほかに、ホスト名.mshome.net というホスト名を使う方法がある。 WSL2の側からWindowsのxauth.exeを実行できるが(※xhostからxauthに訂正)、そのためにはフルパスでxauth.exeを指定するほかに、カレントディレクトリをWSL内のディレクトリではなく、...


1

"hoge"がunsigned char型のポインタではなく、暗黙的に型変換できないから警告されるのだと思います。 なのでwindow_name.value = (unsighed char*)"hoge";としてあげれば良いように思います。


1

composite manager は動いていますか? X サーバは alpha の処理をしませんので、alpha の処理が必要なら composite manager が必要です。 composite manager は window manager に組み込まれている場合もありますが、そうでない window manager を使っている場合は composite manager (xcompmgr など) を別途実行しておく必要があります。 window manager にもよるようです。 こちらで試したところ、twm だと不透明でしたが、fvwm だと半透明になりました。 私もよく理解していないのですが、window manager によって結果が違うようです。 また、window manager ...


1

クロスプラットフォームな形でQtからタイトルバーの色を指定することはできないようです.(Windowsだけならsoramimiさんのおっしゃるように抜け道があるようですが) 対処としてウィンドウのタイトルバーとボーダーを除去してあたかもタイトルバーのようなものを自分で描画するというやり方が考えられますが,その場合はウィンドウのムーブやリサイズの処理も自分で書く必要があります. 参考 http://www.qtcentre.org/threads/4778-Title-Bar-Color http://www.qtcentre.org/threads/8596-Color-of-Titlebar-and-Menubar https://stackoverflow.com/questions/28481109/...


1

ibusデーモンを起動すると日本語入力できるようになると思います。 ご参考) http://slavartemp.blogspot.jp/2013/06/xming-teraterm-ssh-lubuntu-x.html


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります