Windows Subsystem for Linux(または Bash on Windows 等)はWindows10上でLinuxバイナリを直接動かすための互換レイヤーです。

Windows10 で搭載された Bash on Windows では

  • Linux相当のAPIを提供する互換レイヤー
  • bash をはじめとする各種コマンドラインツール
  • apt経由で取得するUbuntu向けのアプリケーション

が利用できるようになりました。

これまでHyper-VやVMwareといった仮想マシン上で動かしたり、CygwinやMinGWなどを使いWindows向けにコンパイルしていたのとは異なり、Linux向けのELFバイナリがそのまま動作します。

リンク集

履歴 | 抜粋履歴