次のタグが付いている話題の回答:

5

@sayuri さんが書かれているように、Microsoftのこのページに解説されている相互運用性の一環でしょう。 Linux との Windows の相互運用性 Windows Subsystem for Linux (WSL) は、Windows と Linux 間の統合を継続的に向上させています。 次の操作を行います。 Windows ツール (つまり、notepad.exe) を Linux コマンド ライン (つまり、Ubuntu) から実行する。 まさにnotepad.exeを起動できることが書かれています。 Linux からの Windows ツールの実行 WSL では、[tool-name].exe を使用して、WSL コマンド ラインから Windows ...


2

hogeを作成時点でデフォルトパーミッションでhogeディレクトリ作成されます。※親の権限は引き継ぎません。 そのデフォルトパーミッション的にhogeの下に子ディレクトリ作成できなくなっていないでしょうか? shの実行者がusernameなのかも気になります。 1度hogeまで作成するshに変えて実行してみて、作成された/home/username/hogeの権限を確認してみてはいかがでしょう。


2

slack-ruby-botがactive_supportを使っているのにその設定を消してしまったのが原因のようです。 ↓すでにプルリクエストも出ているので少し待てば解決するとは思います。 https://github.com/slack-ruby/slack-ruby-bot/pull/271 一時的には以下のようにactivesupportの記述をGemfileに追記すれば解決するかと。 gem 'slack-ruby-bot' gem 'async-websocket', '~>0.8.0' gem 'activesupport' # <= この行を追加 なおirbではactivesupportが読み込めたのにslack-ruby-botの起動ではエラーになっていた件ですが、bundle ...


2

なんか限りなく XY 問題な気がしますが cat -e /bin/sh コマンドを使って、改行コードを確認したい あなたが確認したいのは /mnt/c/Program Files/nodejs/npm の改行コードであって /bin/sh の改行コードではないはず。 文字化け そりゃバイナリファイルである /bin/sh をコンソールに表示すれば化けているに決まっています。 /bin/sh^M: bad interpreter のメッセージはシェルスクリプトファイルの1行目 shebang (シバンともシェバンとも) の改行コードが CR LF かつ、そのシバンを解釈する何か ( execve カーネル関数と /bin/sh の合わせ技なんだけど) が LF 改行のみ対応の場合に #!/bin/sh&...


1

自己解決しました。 WindowsUpdateを実行したらwsl2が動作するようになりました。 参考に、WindowsUpdate後のバージョンを載せておきます OS:21H1 OSビルド:19043.1052


1

Linux からの Windows ツールの実行 で説明されているようにWSL側からWindowsツールを実行できるように改善されたからでは?


1

Docker イメージに載せるところまでは詳しくわからないので部分回答になります。 JupyterLab のドキュメント を見ると、ダークモードを有効にしたい場合は以下の内容を overrides.json というファイルに記述し、<sys-prefix>/share/jupyter/lab/settings/ ディレクトリの下に置けばよいとあります。 { "@jupyterlab/apputils-extension:themes": { "theme": "JupyterLab Dark" } } なお、<sys-prefix> についてはコマンドで jupyter lab path ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります