次のタグが付いている話題の回答:

1

第2引数にtrueを指定することでデータをアプリケーションが終了してもクリップボードに残しておくことができます。(参考) Clipboard.SetDataObject(data, true);


1

回答ではありませんが、やや気になるので発言します。 もちろんマウスメッセージをフックしたり、キャプチャーすれば実装可能な処理ではありますが、そういった設計をすべきではないというお話です。 可能であれば「隠れている親ウィンドウはマウスの侵入と離脱を検知して何をしようとしているのか」を説明すると、別の簡単な解決方法が提示されるかもしれません。 さて、その様な設計や実装をしない方が良い理由はWindowsはそのように設計されていないからです。 ・Windowsは見えないウィンドウにマウスメッセージを送付しない様に設計されています(一般的な他のOSも同じです)。 というわけです。 Windowsではマウスカーソル直下の画面上の重なり順位(Zオーダー)が最も表面にあるウィンドウのみにマウスメッセージが送付されます。...


1

コードを参考にVisual C++ 2010に適用すると "System.StackOverflowException"エラーになるため回避するコードを作成しました。 FormMain(void) { toolTip1->SetToolTip(this->textBox1, L" "); toolTip1->SetToolTip(this->textBox2, L" "); } private: System::Void toolTip1_Popup(System::Object^ sender, System::Windows::Forms::PopupEventArgs^ ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります