次のタグが付いている話題の回答:

7

漠然とした質問ではありますが、私も感ずることがあるので要所要所を回答します。 上記以外で改善できそうなポイント あなたの組織のものさしは、何でしょうか。 まずはここを何でも良いので定義しましょう。それを改善する手法を考えます。 ただ私はこれまで他のソフト開発の職場で働いたことがなく「普通はこうする」や「最近はこういう風に開発する」のような勘所がわからないため、この方向で良いのか、更にもっと良い方法があるのか不安です。 不安があるということは、目的が不明確またはそれを達成できる裏付けが足りないということです。いざ説明しようにも説得力が欠けてしまいます。 「普通」や「流行り」で通用するなら、とっくに「普通」で「流行り」の開発スタイルになっているはずです。 ...


6

安価でもCPUを2個搭載した方が、1個故障した場合の対策にもなると思いますが、 なりません。2wayは冗長構成ではないので、障害点が増えるのでかえってリスクは高まります。CPUが全く認識されなくなれば起動し直せば例えば2way->1wayで動くかもしれませんが、中途半端に壊れた場合、自分でどちらが壊れているのか調べて切り離さないと、システムは不安定なままです。 CPUは高負荷環境だと割と壊れます。サーバ用プロセッサが最先端ではない半導体プロセスで作られるのはこれも理由の一つです。 一般的なサーバ選択では基本2ソケットのモデルになるはずですので、1wayにするか2wayにするかは大抵自由に選択できますし、普通最初に検討します。 以前のCPUはプロセッサの先にチップセットがつながり、...


5

本件に限らずコントロールパネルの Language for non-Unicode programs の項目を Japanese (Japan) に設定することをお勧めします。 現象から察するにWScript.Shellを利用したコードにはどこかに非Unicodeを扱っており、その個所で日本語文字が文字化けしていると思われます。上記設定を行うことで非Unicode文字を日本語と扱うことができ、日本語版Windowsと同様の結果を得ることができるようになります。 例えば、zipファイルに含まれている非ASCII文字ファイル名の解釈方法などもこの設定を参照しています。 以下は、前述のコントロールパネルの設定に依らない解決策です。具体的にはCreate shortcut with Unicode ...


5

WindowsTabsを使ったことがないので、ソースコードから読み取っただけの情報ですがまとめます。 WtSetup セットアッププロジェクトでWindowTabs.msiを生成します。 このインストーラーに取り込まれるのは..\\WtProgram\\obj\\Release\\WindowTabs.exeだけです。(なんでbinじゃなくobjなんだ…) なお、出来上がったWindowTabs.msiを手直しするスクリプトがJavaScriptおよびVBSで記述されています。今はC#で記述できます。 WtProgram F#言語バージョン2.0のプロジェクトでWindowTabs.exeを生成します。 このプロジェクトで参照されるのは配下の*.fsファイルと、この辺りの記述により以下の内容になります。...


5

自己回答になってしまいますが、 TechNetブログのPowerShell で全角文字を入力すると表示がおかしくなる問題について を発見しました。 試しに、Remove-Module PSReadline を実行したところ、問題は発生しなくなりました。 また、元々問題が起きていなかったx86版はPSReadLineがインストールされていないことを確認しました。 原因はほぼ特定できたと思っていますが、ブログポストでは、 また、問題は表示上のみであり、スクリプトの実行には影響はありません。 と記載されていますが、「文字が欠落する」という実動作に影響があること、 次期バージョンにて問題が修正されるよう障害情報には登録をしております。 とあるのに、PowerShell Core 6....


4

GitHubリポジトリの中を見ると、複数言語が使われているようです。 ざっと見た限りでは、以下のようになっていると考えられます。 WindowTabs全体 : VS2010 treeviewadv : VS2008 C# .NET 2.0? ただし結果のdllのみを使っていてソースは参考用 WtSetup : おそらくVS2010 InstallSheild Limited Edition WtProgram : おそらくVS2010 F# 2.0 WtLauncher : おそらくVS2010 F# 2.0 ただし Main.fs というファイルが無いかも WtInject : VS2010 C++ WtGroup : おそらくVS2010 F# 2.0 WtDesktop : おそらくVS2010 F# ...


4

メモリを含むほとんどのリソースはプロセス単位で管理されており、プロセスの終了方法に依らず、それらリソースは自動的に解放されます。 例外的に、Mutexなどプロセスを跨いで使われるリソースは明示的に解放する必要があります。 これら挙動はWindowsに限らず、現代のOSの基本的な機能ですので、他のOSでも同じことが言えます。


4

何サーバに使うか (Web / DB / FileSystem / AP) によって優先順位が変わります。 計算能力が必要な機械であるなら CPU を検討するでしょうが、だいたいにおいて「サーバ」に計算能力が求められることは少なく、むしろ I/O 性能と障害耐性が求められます。なので金をかけるべきは周辺装置のほうで、用途要望次第で SSD だの RAID6 だの D2D2T だのの検討が必要です。この辺の装置をまともに揃えると CPU なんぞよりよっぽど高価です。お金かけるべきところを間違っていませんか? 今回は CPU の選び方に限定してくれという依頼であると解釈して: オイラならディスク装置→バックアップ装置→主記憶容量→ の順に予算を振って、残った額でマザーボード→ CPU の順に決めます。つまり「...


3

タスクマネージャー等、プロセス一覧でsvchost.exeを見かけたことはないでしょうか? それぞれ異なるサービスとして登録すれば、同一の実行ファイルであってもサービスとして起動できます。 質問文で明示されていませんが、サービスを1つだけ登録し、それを引数を変えて複数起動することはできません。 また、プログラムが提供する内容次第ではありますが、今はサービスよりもタスクスケジューラーに登録し、必要なタイミングで適宜起動する方式が推奨されています。


3

Transmission Control Protocol - データ転送で TCP には以下のように User Datagram Protocol とは異なる重要な特徴がある。 データ転送時の順序を保証 - 受信側でシーケンス番号を使って並べ替えを行う。 喪失パケットの再送 - 確認応答のないセグメントは再送する。 誤りのないデータ転送 と説明されているように、TCPは正しく受信できない場合は再送、並べ替えを行います。アプリケーションが読み出す段階では、データ順序が入れ替わることはありません。 使用しているPC・ハードウェアの故障を疑うべきです。メモリーエラー、ドライバ不良など。


3

WindowsにはWide(常にUTF-16)とANSI(設定により変更可能、日本語ではShift-JISのみ)の2種類の世界が存在します。それぞれについて説明します。他の方の回答はいずれも不完全なので補足します。また実行手段として質問のVSCode上のTerminalの他にコマンドプロンプトについても説明します。 WideでUTF-16を扱う方法 ソースコードはUTF-8を使用します。printfでなくwprintfを使用します。更に文字列はWide文字列を使用する必要があります。これによりコンパイル時にUTF-8からWide文字に変換されます。またWindows版wprintfの仕様としてsetlocale or _wsetlocaleによるロケール設定の必要があります。...


3

文字化けの原因: ソースコードprintf("円\n")がUTF-8ですが、Windows(VSCode)ターミナルのデフォルトエンコードはShiftJISです。 対策: VSCodeでファイルのエンコードをShiftJISに変更します。 UTF-8をクリック Save with Encodingを選択 Shift JISを選択 再コンパイル


3

公式ドキュメントのThread Stack Sizeによると、動作中のスレッドのスタックサイズを取得する方法については説明されていません。目的にも依りますが、あまり知るべきではないのかもしれません。もちろんデバッグ情報等を辿れば取得できるとは思います。 なお、スタックサイズはスレッド作成時に指定しますが、未指定時のデフォルト値は.EXEファイル作成時にLINK.EXEの/STACKオプションで指定されいます。更に/STACKオプション未指定時のデフォルトは1MBとなっています。.EXEファイルに記録されているデフォルトのスタックサイズはDUMPBIN.EXEの/HEADERSオプションで確認することができます。 _beginthreadex() ...


3

XY問題のように見受けられます。 Ctrl+Alt+Delとログインは本質的に異なる行為です。Ctrl+Alt+Delを押さなくてもログインできるよう構成できることもご存知かと思います。GINAはログインUIをカスタマイズするためのDLLであり、Ctrl+Alt+Delの無効化は目的外の用途です。またWindows Vista (2006年)から既にサポートされていません。Windows 10では長らく非サポートだったモジュールが削除されたに過ぎません。 GINAに代わるCredential Providerはより一層、ログインにフォーカスしているため、Ctrl+Alt+Delの無効化を実現できなくなったのも当然の流れです。 ではどうすべきかというと、本当に実現したいことを見定めるべきかと思います。 ...


3

Windowsキー + S で検索欄がでると思うので、そこで「イベント ビューアー」と打ってみてください。 イベントビューアーを起動して、Windows ログ → システム の所にシステム的なエラーならメッセージが出てるかと思います。


2

公式ドキュメントのstrftime() と strptime() の振る舞いによると、PythonはCライブラリのstrftime()関数を呼び出しています。 この呼び出しが原因で、Windows10では下記引用のUnicodeEncodeErrorになります。 On some platforms such code points are preserved intact in the output, while on others strftime may raise UnicodeError or return an empty string instead. 本家SOの類似質問と、 @Kohei TAMURA さんのご回答にあるブログの内容を参考に対応方法を列挙します。 formatで回避する ...


2

考え方としては、「モニタや画面出力方法を切り替える」のではなくて、「ウインドウを表示する位置・サイズを各モニタの担当する領域に移動する」ということです。 以下にC++での情報の取得方法が示されています。 【高DPI】デスクトップの物理座標系を得るには?【WinAPI】 デスクトップ矩形には仮想デスクトップ矩形と普通のデスクトップ矩形があります。 モニター毎のデスクトップ矩形  モニターごとのデスクトップ矩形。  さらにモニター矩形とワーク矩形(タスクバー領域を除いた矩形)があります。 仮想デスクトップ矩形  使用中のモニターすべてを内包する、仮想的に一枚のデスクトップに見立てた時の矩形です。 上記情報を元にSetWindowPosでウインドウの位置・サイズを指定・...


2

OCX内部やアプリケーションの作りによりますが、可能性はあります。 アプリケーション内のそれぞれのイベント処理の中で DoEvents やそれに相当する処理を行っていると、あるイベント処理の中で別のイベント処理が入れ子になって始まり、同時に実行されているように見えるはずです。これは.NETではない昔のVBでも起こっていたと思います。 アプリケーションやOLEコンテナ(この場合はカスタムコントロール?)から IOleControl::FreezeEvents を TRUE で呼び出すと、イベント通知を停止するか、再開指示(FALSE設定)するまでの間に発生したイベントをバッファリングするように指示したことになりますが、OCX側がそれに対応した処理 COleControl::OnFreezeEvents ...


2

WindowsではProperty Systemが定義されています。 ですので、DWGファイルに対するProperty Handlerを実装し、レジストリに登録することができます。これが行われていればExplorerは自動的に「ファイルの概要」を表示し、編集機能を提供します。


2

本現象は「.py」ファイルがpython2と関連付けされているため発生します。 Windowsでは、ファイルを直接起動すると関連付けされたアプリケーションで実行します。 今回の場合は、python2と紐付けられていると思われます。 実際にpython2で実行してみると同じ現象が発生しますので試してみると良いと思います。 つまり、コマンドプロンプト上で実行したpythonはpython3であり、 直接ダブルクリックやコマンドプロンプト上でファイルを直接実行した場合は、 どこかにインストールされているpython2で起動されているため、挙動が異なったということになります。 ちなみに、Googleで検索した所Windows10の場合、以下で設定の確認や変更ができるようです。 https://121ware....


2

cubickさんがコメントされていますが、*.csvを展開するのは一般的には呼び出し側のシェルの役目です。そのため呼び出されたプログラム側(今回ではgawk)には既に展開済みのファイル名を受け取ります。 ただし、Windowsのみ状況が異なります。Windowsでは*.csvを展開するのは呼び出されたプログラム側の役目となります。つまりgawkが*.csvをどのように扱うかに委ねられます。 結局、gawk 3.1.5がどのような設定でコンパイルされたかに依存します。ですのでgawk 3.1.5の入手元に尋ねるほかありません。なお、gawk 3.1.5は2005/07リリースとのことであまりに古く回答が得られるか怪しいです。 軽くググったところgawk 3.1.5 for ...


2

自己解決しました。 ridk exec pacman -S mingw-w64-x86_64-dlfcn MSYS2上にdlfncパッケージをいれることで解決しました。


2

ビルドできる版をForkしました。 既にredgisさんがVS2017/.NET 4.0でコンパイルできるものをフォークしていました。 それをベースに、日本語対応できるリソースを追加してF#を3.0に上げただけです。 Windows 10 64bitで動作することを確認しましたが、質問にある機能追加は行っていません。 WtSetupはWiX Toolset build toolsを別途インストールしないとnugetだけではコンパイルが通りませんでした。 インストーラーが必要な場合はWiX Toolset build tools V3.11.1をインストールしてください。 そもそも手元の環境ではWtSetup.msiを作っても正常動作しなかったので、...


2

CRC は単純に巡回冗長検査で、いろんなところで使われています。ファイルをコピーしただけで CRC エラーが出るということなら、ハードディスクや SSD など記憶メディア上でハードウェアが自動で行っている CRC 検査に失敗したということです。 ディスク装置上、セクタは 512byte や 4096byte などのペイロード(純粋にユーザが登録したいデータ)と、付随する何らかの情報( CRC 値とかセクタ番号とか)から構成されているので、セクタ内部のどこかが誤っているということになりそうです。 ファイルの内容は壊れているの? 壊れていると考えてよいです。原因はハードディスク自体(メモリカード自体)にあるので、対策は当該ディスクやカードをお役御免にする事(新しいカードげっちゅ)になるでしょう。...


2

質問文の system("C:\\Windows\\System32\\curl.exe curl http://www.google.co.jp "); をコピペしたところ問題なく実行できました。C:\Windows\System32\curl.exeの存在は確認されているとのことなので、誤字の可能性が考えられます。その場合、生文字列リテラルが有効です。生文字列リテラル内では一切のエスケープが無効になるため、\もそのまま書けます。 加えてcurlという引数は誤りで不要と思われます。 system(R"(C:\Windows\System32\curl.exe http://www.google.co.jp)"); またWindowsではパスの区切り文字として/も使用可能なので system("C:/...


2

前提としてC++言語の整数型はサイズが既定されていません。表にあるようにlongは「少なくとも32ビット幅」であり、これで表現できるのは-2,147,483,648から2,147,483,647までです。 またlong longであれば「少なくとも64ビット幅」となるため、-9,223,372,036,854,775,808から9,223,372,036,854,775,807まで表現できるようになります。 別の方法として<cstdint>で提供される固定幅の整数型でint64_tを使用すれば明確に64ビット幅を得られます。 なお、Windows環境におけるlongは4バイト幅と定められています。(日本語ページは機械翻訳によって誤った場所にもlongが出現しているので注意) champonさん、...


2

耳慣れない言葉ですが、ヘッドレスブラウザなら可能だと思います。 Node.jsならWindows内のフォルダへファイル出力できます。 Puppeteerでヘッドレスブラウザを試してみてはいかがでしょうか。


1

とりあえず、今回は標準入出力を操作する必要はなく、起動だけできればよかったので、ctypes.windll.shell32.ShellExecuteWで実現できました。 これで解決とさせていただきます。 ありがとうございました。


1

Microsoft SQL Server 用の TLS 1.2 のサポート(英語)によると、SQL Server 2012 SP3の途中でTLS 1.2サポートが追加され、SQL Server 2012 SP4には初めから組み込まれていたようです。その上で、 Are customers who are not using SSL/TLS affected if SSL 3.0 and TLS 1.0 are disabled on the server? Yes. SQL Server encrypts the username and password during login even if a secure communication channel is not being used. ...


1

IPの場合は認証ドメインが不明となっているのではないでしょうか? WireSharkなどでパケットを確認してみてはどうでしょうか。 具体的な回答ではなく申し訳ありません。 (追記) 同様の環境が作成できず、推測で申し訳ありませんが IPの場合は利用したい資格情報を利用できていない可能性もございます。 資格情報マネージャーの接続先をHOST名ではなくIPで作成してみてはいかがでしょうか。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります