次のタグが付いている話題の回答:

2

何がわからないのかオイラにわからないので一般論です 共有ライブラリが共有するのは共有できる(=書き変わらない)ところだけ、すなわち「コード」です (x86 で言えば CS に関連するところ) 「データ」は共有されません。スレッドごとにスタックが作られるのと同様、プロセスごとにデータ領域は別に作られます (そのデータが EXE 由来であろうと DLL/so 由来であろうと) 。 ----shared.c---- int global_variable; // データはプロセスごとに違うものが作られる void set_func(int val) { global_variable=val; } // コードは共有される static データもデータのうちなのでプロセスごとに別々に作られる状況に違いはありません。...


2

Windows付属のPowerShellの場合、Unicodeで動作するので文字コードを気にすることなく正規表現を使うことができます。 $files = Get-ChildItem . foreach ($f in $files) { $rename = $f.Name -replace 'のコピー', '' if ($f.Name -ne $rename) { Rename-Item $f $rename } } このサンプルではわかりづらいですが、もちろん、-replaceは正規表現置換を行います。


2

[角括弧]は正規表現で使用されるメタ文字なので、-Pathまたは省略時のパスとして使用すると通常の文字列として解釈されません。 そのため、角括弧を通常の文字列として扱いたい場合は-Pathの代わりに-LiteralPathを使います。 またはバッククォートを使うことで、エスケープすることができます。 下記のいずれかの記述で削除できるはずですのでお試しください。 Remove-Item -LiteralPath "[日本] 東京 大阪" Remove-Item -Path '`[日本`] 東京 大阪' Remove-Item -Path "``[日本``] 東京 大阪"


1

Windows環境の場合、;で区切るとのことで、PATH_SEPARATOR定数で連結したところ、パスが通りました。 下記、修正内容を記載します。 //config.inc $path = USER_PATH . '/lib/Classes;'. USER_PATH . '/lib;' . USER_PATH . '/lib/Classes/PEAR;'; set_include_path(get_include_path() . PATH_SEPARATOR . $path);


1

環境変数とダイナミックリンクライブラリの間には特別な関連はありません。 DLLとして実装されている処理の中で環境変数を扱うことは、 exeとして実装されている処理の中で環境変数を扱うことと同義です。 なので質問者さんが理解したいのはWindowsとLinuxの環境変数の違いかと思います。 環境変数は基本的にはプロセス単位にその値が決まるものですが、 Windowsの場合は、その値をマシン内、同じユーザ内で共有することも可能です。 Linuxの場合は、原則プロセス間で値を共有することはできません。


1

mput で転送元のフォルダ構造を保ったままのアップロードは難しいようなので、代わりの案を挙げてみます。 方法1 転送元のフォルダ構造が固定であるなら、各ディレクトリに移動しながら mput を複数回実行する方法が考えられます。 方法2 1つの ZIP ファイルにまとめてしまい、転送後に展開する方法です。 転送元であらかじめ基準となるフォルダを ZIP ファイルにまとめてしまう。 put で Linux に転送。 Linux 側で crontab などを仕込み、ZIP ファイルを展開する。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります