質問の投稿者にリワードを付与するため信用度が再計算されています。 続きを読む

次のタグが付いている話題の回答:

6

まず、テキストをどう保持してどう描画するかはアプリケーションによって様々ですから、「ウィンドウハンドルを渡せばウィンドウに表示されているテキストを取り出せる」といった汎用的なAPIは存在しません。 cmd.exe をはじめとするコンソールアプリケーションの場合、例のウィンドウはWindowsが管理しているのでコンソールに表示されている文字を読み取るAPIもあります。ただし「現在のプロセスのコンソールウィンドウから読み取る」という形になるので、 AttachConsole() で対象のプロセス(cmd.exeなど)のコンソールウィンドウにアタッチし、 GetStdHandle() でスクリーンバッファのハンドルを取得し、 GetConsoleScreenBufferInfo() ...


5

1.プロセスAのメッセージを受信後、すぐにプロセスBからメッセージが来たとします。 プロセスAのメッセージに対しての処理はまだ終わっていません。 この場合、プロセスBのメッセージはどうなるのでしょうか? メッセージキューに入っています。 2.一度、プロセスCでメッセージを受信をしたら、MessageBox.Showを出すプログラムを作成し試しました。プロセスAのメッセージを受信後、メッセージボックスが表示され、OKボタンを押さずにそのままにしておきます。プロセスBのメッセージ受信後、2つ目のメッセージボックスが表示されました。これは、各メッセージに対して、スレッドが立っているということなのでしょうか。 違います。 ...


3

結論としてはできませんし、やるべきではありません。 Windowsにはユーザー切り替えの機能がありますが、切り替わっている間、元のユーザーのデスクトップは操作を受け付けていません。 ロック画面やUACダイアログも同様のことが言えて、元のユーザーのデスクトップは操作を受け付けていません。このデスクトップのことをSecure Desktopと呼びます。 仮に質問の内容を実現する場合はSecure Desktopのマウス入力を取得した上で、その内容を元のデスクトップに対してSendMessage()することになります。しかしこれが実現できるとするとパスワードのキー入力も盗聴できることになってしまい、ウイルスそのものと言えます。


3

おそらく無理です。 Windowsではウィンドウなどを束ねて他と分離するDesktopというものがあります。Desktopは複数存在することができ、ログオン画面やスクリーンセーバーも普段のUIとは別のDesktopを使っています。 で、今回ログオン画面のセキュリティがとかUIPIがとかを疑って色々試してみましたが、ログオン画面に限らず、プロセスが属するDesktopがアクティブでない間はSendInputがうまく動かないようです。 Desktopについてはこの辺を参考に: CreateDesktopによる仮想デスクトップ - kkAyatakaのメモ帳。 また、英語版SOでは以下の回答を見かけました。 However, since the desktop is now inactive, it ...


2

Win32SDKの関数、ClipCursor()ですかね。


2

まず第一に、UpdateLayeredWindow を使うなら SetLayeredWindowAttributes を呼び出してはいけません。MSDNライブラリでは「レイヤードウィンドウ」の項目に次の記述があります。 また、 SetLayeredWindowAttributes がレイヤード ウィンドウに対して呼び出された後、レイヤリング スタイル ビットがクリアされて、再び設定されるまでは、後続の UpdateLayeredWindow コールは失敗するということを忘れないでください。 これに加えて色々試した結果、第四引数 psize を指定することで動作しました。MSDNライブラリでは「ウィンドウのサイズを変更しないときは、NULL を指定します。」とあるので、省略してもよさそうなのですが…。 ...


2

sayuriさんが書かれているように、ユーザーが起動したアプリでロック画面の入力を受け取ったり、あるいはロック画面を操作するようなことはできません。ロック画面がというより、デスクトップを超えてメッセージの送受信などを行うことができないようになっています。一方、ロック画面に切り替わった状態でも元のデスクトップで起動したアプリケーション同士はウィンドウメッセージの送受信ができます。 ですから、壁となっているのはメッセージ送信ではなくUSBリモコンからのイベント受信ではないのでしょうか?これをウィンドウメッセージに頼っているとロック画面で受信するのは難しいでしょうし、ソケット通信やシリアル通信であればデスクトップがアクティブでなくとも受信できます。


2

先日、頂いたアドバイスを元に試してみたところうまくいきました。 下記に試した擬似コードを掲載します。 static WNDPROC g_DefWndProc; INT_PTR CALLBACK HookWndProc(HWND hWnd, UINT uMsg, WPARAM wParam, LPARAM lParam) { HDC hdc; PAINTSTRUCT ps; switch (uMsg) { case WM_PAINT: { hdc = BeginPaint(hWnd, &ps); ・ ・ ・ EndPaint(...


2

SHGetFileInfo/SHGetImageList/GetIconではなくて、LoadLibraryEx/EnumResourceNames/FindResource/LoadResource/LockResourceを使う方が良さそうです。 以下は.exeファイルからアイコンを抽出して別ファイルに書き出すプログラムの解説です。 実行ファイルからアイコンを取り出す 実行ファイル内のアイコン アイコンは、リソースデータとして実行ファイル内に入っています。基本的にアイコンファイルと同じデータが入っているだけなので、リソース内の位置を特定してファイルに保存するだけで可能です。 ただし、アイコンは複数の大きさや色のデータを持つ事もあるので、それらをすべて集める必要があります。...


2

ウィンドウプロシージャの中のcase WM_CHAR:のところを見ると、スペースキーを押して初めて問題が表示されるようになっています。試しにウィンドウが開いたら、スペースキーを押してみてください。


2

WM_GETTEXTLENGTHに説明されています。 Under certain conditions, the DefWindowProc function returns a value that is larger than the actual length of the text. This occurs with certain mixtures of ANSI and Unicode, and is due to the system allowing for the possible existence of double-byte character set (DBCS) characters within the text. The return value, however, ...


1

おそらく、以下の記事が同じ話題を扱っています。 解決はされていませんが、コメント欄で好評なものをピックアップして翻訳します。 How to keep window inactive on simulated clicks? 質問 私はC ++で非アクティブウィンドウのクリックをシミュレートするプログラムを作成しました。 PostMessage (z, WM_LBUTTONDOWN, 0,MAKELONG(t.left+x,t.top+y)); しかしクリックするたびにウィンドウがアクティブになり、ウィンドウが一番上に移動します。 ウィンドウを非アクティブにしておく方法、またはクリックする方法はありますか。 私はSetWindowPos(z , HWND_BOTTOM,....)...


1

自分ならwin32apiを使いたおしやすい他の言語(c,cpp,c#とか)でDLLを作りエクセルから呼ぶ vba側はできるだけ、大まかな制御と、エクセルとのやりとりをするだけにする vbaでwin32apiを駆使するのはシンドイかな、 細かい制御のネタはc言語系なら山盛りあると思います


1

Microsoft のブログを参考に試してみましたが、結論としてアプリケーションの開発にはWindows x86-64 embeddable zip fileは必要ありません。Python の通常のインストールパッケージの中に、インクルードファイルやリンクに必要な .lib ファイルも含まれています。 では Windows x86-64 embeddable zip file は何かというと、アプリケーションを作成した後に配布する際に、一緒に配布すべき最小限の Python のファイルを集めたものです。標準のライブラリしか含まれていないので、追加のライブラリが必要な場合は、どのように追加ライブラリを配布するか、別途検討しなければなりません。


1

キー入力はWindow Messageひとつで完了するような単純なものではありません。key down / key upだけでなく、Shift / Ctrl / Altなどのキーの状態管理などいろいろな操作が必要です。ネイティブコードであればSendInputを使用しますが、.NETであればSendKeys.SendWaitが用意されているのでこちらを使うのが楽でしょう。その際、Enterキーについては{ENTER}と記述するなど、特殊キーの扱いについてはSendKeysクラスの解説を参照してください。 その上で、キー入力はアプリケーションに紐づくものではなく、アクティブなウィンドウに対して行われるものですので、事前にSetActiveWindowにて設定する必要があり、...


1

一般論としてはSetWindowsHookExでフック可能です。 しかしVisual Basic.NETでSetWindowsHookExを呼び出す場合、VBではネイティブDLLを作成することが出来ませんので、引数として指定できるのは低レベルフックのWH_KEYBOARD_LLとWH_MOUSE_LLに限られます。 なのでメッセージをすべてフックするような純.NETアプリの実装は不可能だと思います。


1

入力ロケール識別子(Input Locale Identifier)はLoadKeyboardLayout関数にキーボードレイアウト識別子を渡せば求める事が出来ます。 C#であれば以下のようなコードになります。 var keyboard = "00000409"; // USキーボード var id = LoadKeyboardLayout(keyboard, 1); // 0x04090409


1

操作できなくなる原因は、ウィンドウの背景色がSetLayeredWindowAttributesで指定しているカラーキーと同じだからのようです。 SetLayeredWindowAttributesのカラーキーとウィンドウの背景ブラシを異なる色にする。 クライアント領域のみカラーキーで塗り潰すようにする。 としたところ、おそらく期待どおりの動きになりました。 #include <windows.h> LRESULT CALLBACK WndProc(HWND hwnd, UINT msg, WPARAM wp, LPARAM lp) { switch (msg) { case WM_CREATE: SetLayeredWindowAttributes(hwnd,...


1

MSDNのSetLayeredWindowAttributesのリファレンスに 特定のレイヤードウィンドウを指定して SetLayeredWindowAttributes 関数を呼び出すと、そのウィンドウでは、多層化スタイルビットをいったんクリアしてもう一度セットするまで、UpdateLayeredWindow 関数を呼び出しても失敗します。 という記述がありますが、この辺が怪しいのではないでしょうか?


1

解決策を一つ書きます。 上記のコードにはAllocConsole()で表示する2つの方法が混じって使われています。 ですが、それがエラーの本質的な原因ではありません。 ひとまずは下記コードで問題なく動くかと思われます。 #include <io.h> #include <iostream> #include <fcntl.h> #include <Windows.h> int WINAPI WinMain(HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPrevInstance, LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow) { //int hConsole; // DEL FILE* pFile; ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります