次のタグが付いている話題の回答:

3

そちらのページのリンクから辿れますが、JBEAP-6752はJBEAP-4128のバックーポート対応、JBEAP-4128自身はIssue Linksにある通りWFLY-6502のcloneなので、WildFlyで対応されているのは(Issue Trackerに書かれていることを信じるなら)10.1.0.CR1以降ではないでしょうか。


1

①WildFlyはTomcatを含んでいるとのことですが、既にEclipseにTomcatサーバーを立てていた場合、これらは競合したりして良くなかったりすることはありますか?実際にTomcatで動かそうと思ったらWildFlyが動き出したりその逆だったりと、慣れるまで少しややこしいです。 デフォルトのポート番号はWildFly、Tomcatとも8080なので、両者を同じサーバー上で起動すればポートの競合は発生します。その場合、後で起動した方がエラーになるので、どちらか一方だけを起動するか、ポート番号の設定を変えればいいです。「Tomcatで動かそうと思ったらWildFlyが動き出したりその逆だったり」というようなことはありません。Eclipseで開発し、...


1

方法はあります。 以下WildFly 10.0.0で検証した結果を記載します。 デフォルトのstandalone.xmlにあったH2データベースのデータソースを対象にします。 まずパスワードを暗号化します。暗号化するためのライブラリが提供されています。 それを使いパスワードを暗号化します。ここではパスワード文字列は"sa" $ java -cp /usr/local/opt/wildfly-as/libexec/modules/system/layers/base/org/picketbox/main/picketbox-4.9.4.Final.jar:/usr/local/opt/wildfly-as/libexec/modules/system/layers/base/org/jboss/...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります