次のタグが付いている話題の回答:

5

法律(電波法)で定められたルールによる制限です。 5GHz帯を使用する場合、5.2GHz、5.3GHz帯域の電波の屋外での使用は電波法により禁じられています。 5GHz帯にもいくつか種類があり、屋外向けの帯域もあるようですが、屋内の定義は以下になるようです。 屋内とは四方が壁に囲われた建造物の内部の空間をいい、駅のホームや自動車や電車など乗り物の中は屋外の扱いとなります 参考: 5GHz帯で利用する | Aterm ユーザーズマニュアル 無線LANの5.2GHz帯(W52)、屋外利用を可能に、電波法施行規則を改正へ


3

Transmission Control Protocol - データ転送で TCP には以下のように User Datagram Protocol とは異なる重要な特徴がある。 データ転送時の順序を保証 - 受信側でシーケンス番号を使って並べ替えを行う。 喪失パケットの再送 - 確認応答のないセグメントは再送する。 誤りのないデータ転送 と説明されているように、TCPは正しく受信できない場合は再送、並べ替えを行います。アプリケーションが読み出す段階では、データ順序が入れ替わることはありません。 使用しているPC・ハードウェアの故障を疑うべきです。メモリーエラー、ドライバ不良など。


3

Raspbianのセキュリティのため、キーボードやモニターが接続されていないとWiFiが使えないことがわかりました。 下記の手順にてキーボード、モニタの接続なしでもWiFi接続ができるようにサービスを登録しました。 # cp /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant-wlan0.conf # systemctl disable wpa_supplicant.service # systemctl enable wpa_supplicant@wlan0.service # systemctl list-unit-files | grep wpa_supplicant ...


2

リンク先の右上にある検索窓から「仮想インターフェイス」で検索するといくつかページがヒットしますが、こちらは違いますか? 実際の設定例までは見当たりませんが、GUIとCLIでの設定方法が記述されているようです。 Cisco Wireless LAN Controller コンフィギュレーション ガイド リリース 8.0 - 仮想インターフェイスの設定


1

ご質問のようなケースでは、パスワードではどうしても限界があるので、以下の記事で3回に渡って連載されている内容を読むとわかりますが、WPA2エンタープライズ認証をおすすめします。IDとパスワードによるユーザ別認証と、電子証明書を使った認証方式が使えます。 https://news.mynavi.jp/kikaku/wlan-auth-1/ https://news.mynavi.jp/kikaku/wlan-auth-2/


1

面白かったので、ググってみました。どうやら、法律で規制されているんですね。 へーと http://kaden-r-han.blog.jp/archives/5GHz.html 法解釈の問題はいくらでもあるのですが、お使いのwifi中継器が5Ghz帯で屋外に設置されていればNGなのではないでしょうか?また、5Ghz帯は2.4Ghz帯に遮蔽物に弱く お使いの用途にはあわないのでは?と考えます。いずれにしても、厳密な法解釈は弁護士など専門のかたに相談されるのがよいかと思います。ここはエンジニアは多いですが、法律関係が専門の方はすくないと思うので。。。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります