次のタグが付いている話題の回答:

4

ローカルに本番環境と同じ環境を作って、そこで動かして問題なければ本番用サーバーと同期をとるという形でしょうか?それとも、ファイルなどを編集したら一度本番環境に持っていって動作確認をするのでしょうか? どちらかというと、前者です。本番環境(エンドユーザーが利用する環境)で動作確認することは基本的に無いと思います。ローカル環境は本番環境と完全に同じ構成ではないことが多いので、最終的な動作確認をするとすれば本番環境同等のテスト環境(開発者共用の環境)になると思います。 「数人でリモートなどでWebアプリケーションの開発」ということであれば、一般的に以下を使うことが多いと思います(※ソフトウェアがJavaの開発に関するものになっています。Rubyは詳しくないです。すいません)。 IDE(IntelliJ、...


2

まずはそれぞれの役割を正しく理解することでは?極端な話、httpリクエストに対してdjangoで直接受けて直接実行することも可能ですよね?なにを学習し、身に着けたいかによって「どこから」手を付けるかはまったく変わってくると思いますが。。。インフラ要員になりたいのでなければ、以下の進め方でいかがでしょうか? まずはpythonで簡単な処理をかけるようになる。(pythonの習得) Webアプリケーションを作れるようになる。(djangoの習得) Webアプリケーションを作って安全に公開できるようになる。(Apacheをフロントに用いた場合の設定を理解する。) 1と2は同時に実施することは可能ですが、例えば、JavaでJSP等のWeb三層を作った経験があるなどの事情がない限り、諸学者にはお勧めできません。...


2

一般的な rails では: ローカルで問題なく動く テストを通す staging 環境(production として動作させるが、実際の production ではない環境) にデプロイして様子みる production 環境にデプロイする。 なんじゃないかな、と思っています。


1

<状況> エラーメッセージ: ” because it set 'X-Frame-Options' to 'sameorigin' ” [訳] だって、'X-Frame-Options'(FrameやiFrameで表示するかどうかのオプション) が 'sameorigin'(同一サイト限定)になってんだもん。 [解説] http://www.アドレス名.jp/ は、質問のページのサイトとは別のサイトのページですよね。 でも、'X-Frame-Options'で同一サイトじゃないとで表示しないと設定されているので、表示されないのです。 <解決策> http://www.アドレス名.jp/ を表示できるように設定を変えましょう! X-Frame-Options: sameorigin を X-...


1

node-red用の自作 node-red-contrib を npm に公開せずにプライベートリポジトリからインストールする方法を見つけてソース変更を簡単にターゲット端末に反映することができるようになり快適でした。 そこで HTML の src 指定でのダウンロードもプライベートリポジトリからできるかも、と軽い気持ちで調べ始めた次第です。 様々な方からアドバイスを頂きながら調べましたが重要事項でもない実際の問題ではなく、自分で考えた解決法を求めようとする(XY問題!?)のご指摘を受け、まさにその通りとうなずいてしまいました(開発中に直面した疑問や不思議を目にするといつの間にか本題とは関係ない方向へ進む癖があります orz) 自身への回答は package.json を変更して node_modules に ...


1

パフォーマンスよりもユーザビリティ視点での実装じゃないかなと個人的には思います。 入力必須の項目が未入力だったとして、エラー画面を表示して「前のページに戻ってください」とするより、未入力があることを伝えつつ実際の入力画面を表示してくれた方が親切です。 そして入力画面は既にあるわけですから、エラーチェックのスクリプトとして別個に用意して同じフォームを二重管理するより、単一ページで呼び出してしまった方がコーディングも楽です。


1

webシステムでも同じなのでしょうか? 同じですね。 同じであれば、それをDjango で実現するにはどうすれば良いのでしょうか? Ajaxを使う 画面を表示する際に、予めコードとそれに紐付く名称を取得しておいて、JavaScriptで表示させる とかですかね。


1

Web Audio APIを使って出力された音を録音したいということでしたら、MediaStreamAudioDestinationNodeが利用可能です。 このノードを音声の出力先として用いることで、Web Audio APIが生成した音声をMediaStreamとして取り出すことができます。このMediaStreamは、getUserMediaによって得たものと同様に利用可能です。 実際、MDNのMediaStreamAudioDestinationNodeのページには、We Audio APIで出力した音を録音して音声ファイル化するサンプルが記載されています。


1

ドメインが分かれているのであれば、htaccessでアクセスしたドメイン名を元にアクセスを切り分けるのではなくて、VirtualHostの設定でルートディレクトリを分けてしまうのがいいと思います。 どうしてもhtaccessで切り分けなければならない場合、以下の設定を追加したhtaccessを配置すればいいと思います。 <IfModule mod_rewrite.c> RewriteEngine On RewriteCond %{HTTP_HOST} !www.■■■■.jp RewriteRule ^.*$ - [R=404,L] </IfModule> 環境がなく、試せてはいないですが、参考になれば。 ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります