次のタグが付いている新しい回答:

0

requestsから戻ってきたcontentがfor文で使っているselectにヒットしていないようです。 Googleのhtmlの様式が変わったことが原因かと思いますが、単純に下記の構文ならばそれっぽいURLを取得できたのでこれを改修して目的を達成できるかもしれません。 ただしまた様式が変わるとコードが使い物にならなくなりますので、コメントに寄せられた方法を使うことをお勧めします。 import requests import bs4 import re # 検索したいキーワードを入力する listKeyword = ['犬', '猫'] # 取得したい件数に合わせて数値を変更する searchNum = str(2) response = requests.get('https://www....


1

kunif さんから頂いたコメントを参考にしたところ、問題を解消できたので回答に記載します。 以下のサイトを参考にuser-agentを調べたところheadlessモードでも実行できました! 起動オプション - Google Chrome まとめWiki --user-agent="<ユーザーエージェント文字列>" ユーザーエージェントを偽装して他のブラウザに見せかけます。 私の方で追加で調べて参考にさせていただいた記事 pythonでUA偽装してseleniumでブラウジング - Qiita ここで入力するバージョンが気になったので、記事内のリンクに遷移 一番新しいchromeのバージョンが83だったのですが、ChromeDriverのバージョンを84.0.4147....


0

当該のページには幾つかの hidden parameter が埋め込まれています(例えば __EVENTVALIDATION など)。最初のアクセスでこれらのパラメータの値を取得して、フォームデータの送信(submit)を行います。 以下はその処理を行なう python スクリプトですが、レスポンス(HTMLファイル)には検索結果の最初の50件のみが含まれています。全ての検索結果を取得するためには、各ページへのリンクを辿ってHTMLファイルを取得する処理を追加する必要があります。 import urllib from bs4 import BeautifulSoup # first access: get hidden parameters url = r'https://nintei.nurse.or.jp/...


0

ウェブサイト上での情報の持ち方/見せ方は千差万別であり、同じような目的で同じ業者が作成しているとかならともかく、別々のサイトに適用できる テンプレート と言えるようなものは存在しないでしょう。 何らかの テンプレート が存在する(適用できる)という考えは捨てて、対象サイトの内容/構成を調べる所から始めてください。 該当のページでは、特に指定しない限り初期値では「全て」の情報を取得出来るようです。 「認定看護師」「認定看護管理者」「専門看護師」の分類を指定して「検索」することで全てを取得出来るでしょう。 ただしそれぞれ1回の表示では50件だけですので、「次」ボタンをクリックして表示を進める必要があります。 提示されたソースではaタグのリストを取得してループし、その中で「検索」ボタンをクリックしていますが、...


上位 50 件の最近の回答が含まれています