次のタグが付いている話題の回答:

5

CSS セレクターを打ち間違えています。正しくは #listBook ですが #listbook になっています。 おまけ:思考の流れ 「URL が表示される」ためには、print(url) の行が実行される必要があります。URL が表示されないということは、おそらくこの行が実行されていないのでしょう。 print(url) の行は for 文の中にあります。この行が実行されないということは、for 文の中身が 1 回も繰り返されなかったのでしょう。とりあえず html.cssselect('#listbook > li > a[itemprop="url"]') が怪しいので、これを print してみましょう。 print してみると、html.cssselect('#...


3

ヘルプファイルは EmEditor 自身でダウンロード出来ます。 EmEditor の [ヘルプ]->[設定]を「ローカルヘルプ」にして、 その段階でローカルに無かったら更新のチェックを行えば自動でダウンロードされると思います(確認はしていません)、 そして EmEditor上から Ctrl-F1 でローカルのヘルプファイルを開くことが出来ます。 少なくとも通常のアップデートでヘルプファイルもアップデートする設定にしていれば自動でダウンローダされます。 標準で C:\ProgramData\Emurasoft\EmEditor\Help\emeditor_ja.chm 辺りに本体があるのでこれのショートカットを作るのも良いでしょう。 更にブラウザで見たかったら、適当な場所にディレクトリを掘って > ...


3

SyntaxErrorの行については、class_に入れたい箇所をシングルクォーテーション'で囲めば解消されます。 title = moviedetail.find( 'span', class_='"h2 ng-binding", ng-bind="$ctrl.product.Name"') こちらは正規表現について調べてみることをおすすめします。 しかしながら、そのまま実行しても同じエラーが発生します。このmodal-contentは「もっと見る」をクリックしてから現れるものなので、moviedetailの中にはNoneが入ることになります。 BeautifulSoupは静的な構文解析ライブラリなので、...


1

以下は String#scan を使う方法です。 doc.css('.main-left-layout').each do |node| coord = node.css('a').each {|m| coord = m['href'].scan(/http:\/\/maps\.google\.com\/\?q=([\d.]+),([\d.]+)/) if coord.any? break {:lat => coord[0][0], :lng => coord[0][1]} end } p coord # DBに取得したデータを保存 : end ## p coord の出力結果 {:lat=>"34....


1

正規表現を利用した方法を紹介します。 記述してある node.at_css('#information p > a')[1]["href"] ではうまくnodeがとれなかったので範囲内のaタグのリンク先を見て探すようにしました base_url = "https://loconavi.jp/" features_url = "features/hananomeisho" url = "#{base_url}#{features_url}" # google mapsの正規表現、緯度経度をキャプチャする maps_regexp = /\Ahttp:\/\/maps\.google\.com\/\?q=(.+),(.+)\z/ #...


1

事前にnilかどうかチェックして、nilならnextする・・・という対応はいかがでしょうか? doc.css('.main-left-layout').each do | node | sleep 1 # データが取得できなかった場合は次のループに行く if node.at_css('.block') == nil \ || node.css('.spot-info > .t-cell')[1] == nil \ || node.css('.spot-info > .t-row > .t-cell')[1] == nil \ || node.at_css('.text') == nil then next end # ...


1

冗長というのは、次の行の href = doc.css('.flower-spot')[0]["href"] [0] の部分が 0, 1, 2 と異なるだけで、他はまったく同じ処理が3回繰り返されているということだと思います。 times を使うと、 3.times do |i| # i の値が 0, 1, 2 と変化して繰り返す end のように書けるので、次のようにループにすることができます。 3.times do |i| html = URI.open(url).read doc = Nokogiri::HTML.parse(html) href = doc.css('.flower-spot')[i]["href"] #...


1

どんなことでもそうですが、単純なあるいは絶対的な優劣というものはそうそう無いでしょう。 あるソフトウェアを統合開発環境(IDE)やデバッガから動作させるか、単独で動作させるか程度の違いと思われます。 ちょっとした性能差や動作環境の違いを考慮する必要があるかもしれませんが、それらが特に気にならない場合はどちらの方法でもたいして変わりはありません。 書籍として書かれたものには少ないのかもしれませんが、Web上で検索すれば以下のように割と直ぐに見つかります。 python + JupyterLab で Web スクレイピング Pythonでスクレイピングして遊んでみる 【Win10】Python で スクレイピング【Jupyter Notebook 第4回】 プログラミング Pythonを始める! ...


1

https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/data/ のページソースを表示(Google Chromeでは Ctrl+U)してみるとわかりますが、取得したコードはそのような形式になっていません。 (Webブラウザに表示されているのは、ページ内のJavaScriptによって加工された結果です。) 従って、jsoupでは意図した加工を行えません。 ただし、取得したい情報自体は、そのページのJavaScriptが利用している下記エンドポイントのどちらかから取得できます https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/data/47newpatients-data.json https://www3.nhk.or....


1

第一に、listというビルトインキーワードに何かを代入するべきではありません。 さて、list[i]がlist index out of rangeになったということは、指定したiの要素が存在せず、従ってリストの中身が空であるか、またはrange(3)なので、少なくともiが2の時の要素が存在しません。 存在しない理由としての可能性はいくつかあります。 変数名listのサイズが3より小さい。 クラス名は一定ではない: BNeawe vvjwJb AP7Wnd というクラス名が動的に生成されているなら、これを指定してもその都度存在するとは限りません。 スクレイピングをブロックされた: Googleは不振な挙動を検出してIPをブロックします。 変数名listのサイズの問題を解決するには、range(3)...


1

この問題は 403 のアクセス拒否が原因でした。 この投稿は @wataru さんのコメント の内容を元に コミュニティwiki として投稿しました。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります