次のタグが付いている話題の回答:

5

CSS セレクターを打ち間違えています。正しくは #listBook ですが #listbook になっています。 おまけ:思考の流れ 「URL が表示される」ためには、print(url) の行が実行される必要があります。URL が表示されないということは、おそらくこの行が実行されていないのでしょう。 print(url) の行は for 文の中にあります。この行が実行されないということは、for 文の中身が 1 回も繰り返されなかったのでしょう。とりあえず html.cssselect('#listbook > li > a[itemprop="url"]') が怪しいので、これを print してみましょう。 print してみると、html.cssselect('#...


4

strではなく整数かスライスでなければならないと書かれていますが、よくわかりません。原因と解決策を教えていただけると嬉しいです。 エラーメッセージ list indices must be ... にある通り、r.json()['results'] は辞書(dict)のリストになっています。なので、list comprehension か map で中身の dict を取り出す必要があります。具体的には以下の様にします。 users = pd.DataFrame.from_records(i['author'] for i in r.json()['results']) また、このサイトはランキングが一つのリンクにまとまっておらず、4つに分かれています。 ...


3

ヘルプファイルは EmEditor 自身でダウンロード出来ます。 EmEditor の [ヘルプ]->[設定]を「ローカルヘルプ」にして、 その段階でローカルに無かったら更新のチェックを行えば自動でダウンロードされると思います(確認はしていません)、 そして EmEditor上から Ctrl-F1 でローカルのヘルプファイルを開くことが出来ます。 少なくとも通常のアップデートでヘルプファイルもアップデートする設定にしていれば自動でダウンローダされます。 標準で C:\ProgramData\Emurasoft\EmEditor\Help\emeditor_ja.chm 辺りに本体があるのでこれのショートカットを作るのも良いでしょう。 更にブラウザで見たかったら、適当な場所にディレクトリを掘って > ...


2

正規表現を利用した方法を紹介します。 記述してある node.at_css('#information p > a')[1]["href"] ではうまくnodeがとれなかったので範囲内のaタグのリンク先を見て探すようにしました base_url = "https://loconavi.jp/" features_url = "features/hananomeisho" url = "#{base_url}#{features_url}" # google mapsの正規表現、緯度経度をキャプチャする maps_regexp = /\Ahttp:\/\/maps\.google\.com\/\?q=(.+),(.+)\z/ #...


2

lxml で行けました。あと文字化けについては、response.encoding の指定で直せます。 #res = requests.get('https://himawari.5ch.net/test/read.cgi/livetx/1523962661/') res = requests.get('https://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1523982845/') res.encoding = res.apparent_encoding soup = BeautifulSoup(res.text, 'lxml') print(soup)


1

Beautiful Soup Documentation を眺めてみると、Installing a parser という項目があります。 Another alternative is the pure-Python html5lib parser, which parses HTML the way a web browser does. Depending on your setup, you might install html5lib with one of these commands: $ apt-get install python-html5lib $ easy_install html5lib $ pip install html5lib HTML parser を使いたい場合は、こちらの ...


1

その2 年齢認証ページは通過でき、成人向け総合の2位までは取得できるが、それ以降がなぜか取得できない。 『クッションページの「はい」ボタンのurl』も変化する様なので、最初に「目的のページのurl」にアクセスして『「はい」ボタンのurl』を取得します。次にその URL と目的のページの URL に再度アクセスしてスクレイピングを行います。 3位以降が取得できないのは、HTTP response のデコード(bytes -> str, charset(encoding) は EUC-JP)に失敗している事が原因の様です。なので、デコードできない部分は切り捨てています('ignore' を指定)。 import requests from bs4 import BeautifulSoup #...


1

Headless Chromeでにっちもさっちもいかないとき とか headless chromeをpythonで動かしてみた が参考になるのでは? 以下、前者のリンクからウィンドウサイズを調整するオプションを引用 ウインドウサイズを大きくする ウインドウサイズが小さいとHTMLが崩れたりDOM要素が重なったりして意図しない結果になることがある。 options = Selenium::WebDriver::Chrome::Options.new({ args: ['headless', 'start-maximized', 'window-size=1920,1080'], }) この投稿は @kunif さんのコメントなどを元に編集し、コミュニティWikiとして投稿しました。


1

コメントに書いた通り、url 変数の上書きが原因かと思います。 以下は本題からは離れた話になります。 データが取得できずnilになる場合があるため、nextを使用して次のループに移行するよう記述した次第です。 この部分の判定処理に関しては Ruby 2.3.0 で導入された Safe navigation operator を使うと簡潔に記述できます。 例えば以下の処理では NoMethodError(exception)が発生しますが、 nil[0] NoMethodError (undefined method `[]' for nil:NilClass) Safe navigation operator を使うと exception は発生しません。 nil&.[](0) => ...


1

余談 非エンジニアの方々に、このようなプログラムを共有して、業務を効率化しようと考えているのですが、なるべく開発環境をさせずに共有したいと考えています。もし、Google ColabのほかにそのようなOS関係なく実行できる実行環境やまたはノウハウや技術を知っていれば教えていただけると幸いです。 今回のスクレイピングに関してですが、Selenium を利用しなくても可能です。参考までに解説しておきます。 Mildom にアクセスする際にウェブブラウザで通信状況を確認してみると、ランキングとユーザープロフィールのデータを別の URL から取得しています。 ランキングデータ https://cloudac-cf-jp.mildom.com/nonolive/gappserv/rank/...


1

Google Colaboratory 環境に Google Chrome がインストールされていない事が原因でしょう。調べてみると、Chromium 用の web driver をインストールして Selenium を利用する方法が一般的な様です。 参考までに、以下では Google Colaboratory 環境に Google Chrome/ChromeDriver をインストールする場合について説明します。 Google Chrome をインストール Google Chrome の APT repository を登録して認証キーを追加します。 必要な Python パッケージをインストール TCMalloc(Google 独自の C/C++ 用 memory allocator)による ...


1

まず、Pythonではすべてがオブジェクトであることを覚えておいてください。関数もまた、これらのオブジェクトには特殊性があり、それは「呼び出し可能」オブジェクトです。例えば func() の関数を呼び出すと、関数定義に移動して、その関数定義のメソッド __call()__ を実行します。エラー 'str' object is not callable は、そのメソッドを持たない string のメソッド __call()__ を呼び出そうとしていることを意味します。


1

text()でなくtextとした結果解決しました。 詳細は次のサイトを参照ください(https://teratail.com/questions/352245#reply-482192)


1

以下は String#scan を使う方法です。 doc.css('.main-left-layout').each do |node| coord = node.css('a').each {|m| coord = m['href'].scan(/http:\/\/maps\.google\.com\/\?q=([\d.]+),([\d.]+)/) if coord.any? break {:lat => coord[0][0], :lng => coord[0][1]} end } p coord # DBに取得したデータを保存 : end ## p coord の出力結果 {:lat=>"34....


1

事前にnilかどうかチェックして、nilならnextする・・・という対応はいかがでしょうか? doc.css('.main-left-layout').each do | node | sleep 1 # データが取得できなかった場合は次のループに行く if node.at_css('.block') == nil \ || node.css('.spot-info > .t-cell')[1] == nil \ || node.css('.spot-info > .t-row > .t-cell')[1] == nil \ || node.at_css('.text') == nil then next end # ...


1

冗長というのは、次の行の href = doc.css('.flower-spot')[0]["href"] [0] の部分が 0, 1, 2 と異なるだけで、他はまったく同じ処理が3回繰り返されているということだと思います。 times を使うと、 3.times do |i| # i の値が 0, 1, 2 と変化して繰り返す end のように書けるので、次のようにループにすることができます。 3.times do |i| html = URI.open(url).read doc = Nokogiri::HTML.parse(html) href = doc.css('.flower-spot')[i]["href"] #...


1

どんなことでもそうですが、単純なあるいは絶対的な優劣というものはそうそう無いでしょう。 あるソフトウェアを統合開発環境(IDE)やデバッガから動作させるか、単独で動作させるか程度の違いと思われます。 ちょっとした性能差や動作環境の違いを考慮する必要があるかもしれませんが、それらが特に気にならない場合はどちらの方法でもたいして変わりはありません。 書籍として書かれたものには少ないのかもしれませんが、Web上で検索すれば以下のように割と直ぐに見つかります。 python + JupyterLab で Web スクレイピング Pythonでスクレイピングして遊んでみる 【Win10】Python で スクレイピング【Jupyter Notebook 第4回】 プログラミング Pythonを始める! ...


1

https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/data/ のページソースを表示(Google Chromeでは Ctrl+U)してみるとわかりますが、取得したコードはそのような形式になっていません。 (Webブラウザに表示されているのは、ページ内のJavaScriptによって加工された結果です。) 従って、jsoupでは意図した加工を行えません。 ただし、取得したい情報自体は、そのページのJavaScriptが利用している下記エンドポイントのどちらかから取得できます https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/data/47newpatients-data.json https://www3.nhk.or....


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります