次のタグが付いている話題の回答:

1

以下は String#scan を使う方法です。 doc.css('.main-left-layout').each do |node| coord = node.css('a').each {|m| coord = m['href'].scan(/http:\/\/maps\.google\.com\/\?q=([\d.]+),([\d.]+)/) if coord.any? break {:lat => coord[0][0], :lng => coord[0][1]} end } p coord # DBに取得したデータを保存 : end ## p coord の出力結果 {:lat=>"34....


1

正規表現を利用した方法を紹介します。 記述してある node.at_css('#information p > a')[1]["href"] ではうまくnodeがとれなかったので範囲内のaタグのリンク先を見て探すようにしました base_url = "https://loconavi.jp/" features_url = "features/hananomeisho" url = "#{base_url}#{features_url}" # google mapsの正規表現、緯度経度をキャプチャする maps_regexp = /\Ahttp:\/\/maps\.google\.com\/\?q=(.+),(.+)\z/ #...


1

事前にnilかどうかチェックして、nilならnextする・・・という対応はいかがでしょうか? doc.css('.main-left-layout').each do | node | sleep 1 # データが取得できなかった場合は次のループに行く if node.at_css('.block') == nil \ || node.css('.spot-info > .t-cell')[1] == nil \ || node.css('.spot-info > .t-row > .t-cell')[1] == nil \ || node.at_css('.text') == nil then next end # ...


1

冗長というのは、次の行の href = doc.css('.flower-spot')[0]["href"] [0] の部分が 0, 1, 2 と異なるだけで、他はまったく同じ処理が3回繰り返されているということだと思います。 times を使うと、 3.times do |i| # i の値が 0, 1, 2 と変化して繰り返す end のように書けるので、次のようにループにすることができます。 3.times do |i| html = URI.open(url).read doc = Nokogiri::HTML.parse(html) href = doc.css('.flower-spot')[i]["href"] #...


1

どんなことでもそうですが、単純なあるいは絶対的な優劣というものはそうそう無いでしょう。 あるソフトウェアを統合開発環境(IDE)やデバッガから動作させるか、単独で動作させるか程度の違いと思われます。 ちょっとした性能差や動作環境の違いを考慮する必要があるかもしれませんが、それらが特に気にならない場合はどちらの方法でもたいして変わりはありません。 書籍として書かれたものには少ないのかもしれませんが、Web上で検索すれば以下のように割と直ぐに見つかります。 python + JupyterLab で Web スクレイピング Pythonでスクレイピングして遊んでみる 【Win10】Python で スクレイピング【Jupyter Notebook 第4回】 プログラミング Pythonを始める! ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります