次のタグが付いている話題の回答:

8

文字列中に変数や式を埋め込むためのもので、「フォーマット済み文字列リテラル(f-strings)」と呼ばれるものです。 Python 3.6 から導入された機能で、str.format() を使うよりも短く記述することがきます。 # 以下は同じ出力が得られます。 # str.format() を使った場合 print('{}?{}{}'.format(base_url, qs, page_num)) # f-string を使った場合 print(f'{base_url}?{qs}{page_num}') 詳しくはリファレンスをご確認ください。 Python 言語リファレンス


5

CSS セレクターを打ち間違えています。正しくは #listBook ですが #listbook になっています。 おまけ:思考の流れ 「URL が表示される」ためには、print(url) の行が実行される必要があります。URL が表示されないということは、おそらくこの行が実行されていないのでしょう。 print(url) の行は for 文の中にあります。この行が実行されないということは、for 文の中身が 1 回も繰り返されなかったのでしょう。とりあえず html.cssselect('#listbook > li > a[itemprop="url"]') が怪しいので、これを print してみましょう。 print してみると、html.cssselect('#...


4

一般的なCSVフォーマットでは、値に"が含まれる場合、出力されるCSVテキストは aa"b"cc -> "aa""b""cc" こうなります。なので正常に処理されているように見えます。 読み込み側のソフトで"が含まれるデータが想定されているのであれば、そのまま読み込めるはずです。


4

strではなく整数かスライスでなければならないと書かれていますが、よくわかりません。原因と解決策を教えていただけると嬉しいです。 エラーメッセージ list indices must be ... にある通り、r.json()['results'] は辞書(dict)のリストになっています。なので、list comprehension か map で中身の dict を取り出す必要があります。具体的には以下の様にします。 users = pd.DataFrame.from_records(i['author'] for i in r.json()['results']) また、このサイトはランキングが一つのリンクにまとまっておらず、4つに分かれています。 ...


3

① Anacondaは、自らPython Data Science Distributionと名乗っているように、データサイエンスを中心にPythonを使う場合はいい選択肢になります。逆にWebアプリケーションを作る場合には、関連するパッケージが不足するのでpipでインストールすることが多くなり管理が難しくなります。webスクレイピングをするぐらいでアプリケーションまで作らないのであれば、Anacondaはベターな選択だと思います。質問にも書いてあるように事前にコンパイルされているのでインストールも楽です。 ② PyCharmの場合は、Anacondaに対応しているので自動で認識してくれる場合が多いです。もし、自動で認識してくれない場合は、メニューからFile->Settings->Project ...


3

ウェブ健康診断仕様 http://www.ipa.go.jp/files/000017319.pdf 上記IPAが出してる資料は、サイトを作る側のチェックリストですが、「クローラーへの耐性」というチェック項目があります。この資料に書いてある以上の過剰なアクセスは避けた方が良いでしょう。 そのほかマナー的な点についても記載します。 同一ホストへのアクセスは、最低1秒間くらい間隔をあけてアクセスする 同一ホストへのアクセスは、複数同時アクセスを行ってはいけない robots.txtの内容に従う UserAgent情報を適切に設定する。(サイト管理者があなたへコンタクトできるように) 他参考資料 https://speakerdeck.com/amacbee/...


3

metropolisさんのコメント通りユーザエージェントの問題ですね。 下記のようにFirefoxに偽装するとアクセス出来ます。 #!/usr/bin/python3 import urllib.request url = "http://www.thebestschools.org/features/richest-universities-endowments-generosity-research/" headers = { "User-Agent": "Mozilla/5.0 (X11; Ubuntu; Linux x86_64; rv:47.0) Gecko/20100101 Firefox/47.0", } request = urllib.request....


3

Pythonでやる方法 取得 標準のurllibでも可能ですが、Requestsというライブラリが非常に使いやすいです。 Requests: HTTP for Humans™ — Requests 2.21.0 documentation スクレイピング BeautifulSoup4というライブラリが一般に使われています。 Beautiful Soup Documentation — Beautiful Soup 4.4.0 documentation 画像の表示 取得したリンク、画像、テキストを全て一覧化して一つの場所表示したい というのはちょっとよくわからないのですが、それぞれファイルとして保存して一つのディレクトリにまとめておけばよいのではないでしょうか。 ちなみに、...


3

SyntaxErrorの行については、class_に入れたい箇所をシングルクォーテーション'で囲めば解消されます。 title = moviedetail.find( 'span', class_='"h2 ng-binding", ng-bind="$ctrl.product.Name"') こちらは正規表現について調べてみることをおすすめします。 しかしながら、そのまま実行しても同じエラーが発生します。このmodal-contentは「もっと見る」をクリックしてから現れるものなので、moviedetailの中にはNoneが入ることになります。 BeautifulSoupは静的な構文解析ライブラリなので、...


3

ヘルプファイルは EmEditor 自身でダウンロード出来ます。 EmEditor の [ヘルプ]->[設定]を「ローカルヘルプ」にして、 その段階でローカルに無かったら更新のチェックを行えば自動でダウンロードされると思います(確認はしていません)、 そして EmEditor上から Ctrl-F1 でローカルのヘルプファイルを開くことが出来ます。 少なくとも通常のアップデートでヘルプファイルもアップデートする設定にしていれば自動でダウンローダされます。 標準で C:\ProgramData\Emurasoft\EmEditor\Help\emeditor_ja.chm 辺りに本体があるのでこれのショートカットを作るのも良いでしょう。 更にブラウザで見たかったら、適当な場所にディレクトリを掘って > ...


2

まず。 Google の検索結果はかなり複雑な構成になっているので、例外処理を潰すのがすこし大変でした。 続いて、作成なさったスクリプトについて。 for 文があるのに別途 count があったりして、無駄が多いと思います。また count の増加位置も違和感を感じます。末尾で行うべきでしょう(それ以前に count は省けます)。 グローバル変数を多用しているのが気になります。グローバル変数を使わないのが Ruby 流だと思います。 Perl と同じように書こうとしておられるのであれば、スカラー変数でも $ は不要ですので外してください。(1/18 1:00追記: PHP も変数が $ から始まりますね。 Ruby では不要です。) 標準出力に File.open を置き換えて、また戻して、...


2

実際に似たようなサイトで検証してみたところ、同じような状況が再現できました。 var casper = require('casper').create(); casper.start("http://isotope.metafizzy.co/v1/demos/infinite-scroll.html"); casper.then(function(){ this.capture("before.png"); }); casper.then(function(){ this.scrollToBottom(); this.capture("after.png"); }); casper.run(); これは続きの読み込みや表示が終わる前に after.png ...


2

BeautifulSoup: 1つのURLで「承認」ボタンを押した後のみ表示されるHTMLをスクレイピングしたい(意訳) のように、本家SOに類似の質問が見つかります。 その回答によると、seleniumなどを併用しないとイベントの発火はできないようです。 このようなサイトをスクレイピングする場合は、BeautifulSoupだけでは限界があると認識しています。 ただし※3のサイトのソースを確認したところ、URLの末尾に/{数値}を追加すれば目的の情報は得られそうですが…。


2

そのサイトの場合、テーブルデータをブラウザー側のJavaScriptで表示するようにしています。それで、ダウンロードした直後のhtmlを読み込んだのではテーブルは存在しません。 こういう場合にスクレイピングする方法は2つあります。 chrome等の開発者ツールのネットワークを使って、Webサーバーからのレスポンスの内容を調べて、必要なデータが入っているレスポンスを探して、それをPythonでスクレーピングする。そのサイトのようにデータをjsonで送信している場合であれば、pandasでread_jsonすれば読めます。 JavaScriptの処理が行われた後のhtmlを取得するためにHeadless Chromeを使うようにする。Headless ...


2

エラーメッセージを読むと、soupが定義されていないと書いてありますので、soupを定義する必要があります。 find("h1")を使おうとしていることから想像すると、soupはBeautifulSoupのオブジェクトであるべきです。 要するに、rとBeautifulSoupを使って、soupを作る処理が抜けているということになります。 何か参考にして書かれたのであれば、記述に漏れがないか確認してみてください。 参考までに、動作するように内容を補完するとこうなります: import requests from bs4 import BeautifulSoup url = "http://www.kyodonews.jp/" r = requests.get(url) soup = ...


2

使用しているCSSセレクタに tbody が含まれていますが、対象のHTMLコードでは tbody が省略されています。 lxml がパースするのは、このソースコードが対象ですので、tbody を削って、 #ciBox > table > tr:nth-child(1) > td とする必要があります。 ブラウザなどのDOMではタグが省略された要素が補われますから、上のセレクタはブラウザなどでは動かなくってしまいます。 例えば table と tr の間の > を削除すれば、どちらの環境でも動くセレクタになります。 #ciBox > table tr:nth-child(1) > td


2

エラーメッセージから、エラーは以下のところで発生しています。 res = urllib.request.urlopen(query_img) それで、query_imageの内容に問題があると思われます。 query_img = "https://www.googleapis.com/customsearch/v1?key=" + API_KEY + "&cx=" + CUSTOM_SEARCH_ENGINE + "&num=" + str(10 if(total_num-i)>10 else (total_num-i)) + "&start=" + str(i+1) + "&q=" + quote(search_item) + "&searchType=...


2

BeautifulSoupに指定しているパーサが間違っているようです。html_parser ではなく、 html.parser を指定してみてください。 import requests from bs4 import BeautifulSoup result = requests.get('https://news.yahoo.co.jp/list/') soup = BeautifulSoup(result.text,'html.parser') midashi_all = soup.find_all('dl', class_='title') for midashi in midashi_all: print(midashi.dt.get_text())


2

新しい回答(動作確認済み) nth-childを使わず、一旦複数の近い要素をリストとして要素したあとに、それぞれの項目をよしなに扱うことで適切に取得できるようです。 import requests from bs4 import BeautifulSoup url = 'https://www.nikkei.com/nkd/company/?scode=3911' html = requests.get(url) soup = BeautifulSoup(html.text, "html.parser") detail_values = soup.select("#JSID_stockInfo > div.m-stockInfo_top > div.m-stockInfo_top_left &...


2

スクレイピング用の情報収集や試行錯誤で時間を取るより、契約してAirbnb APIの公式な資料を入手した方が早くて堅実だと思うのですが。仕様変更とか遮断に気を使わなくて済むでしょうし。 API Partner Connect to our API. Connect to millions of travelers on Airbnb. サードパーティが収集してリストしている概要情報のページ Airbnb API | ProgrammableWeb Airbnb Officially Launches an API The long awaited Airbnb API is officially here. While Airbnb has publicly announced its ...


2

クラウド環境という制約の元、簡単にまとめてみました。 仮想サーバ(VPS、EC2、GCEなど)内で定期実行する方法 cronを利用し、定期的にスクリプトを起動する cronとはジョブを定期的に実行するデーモンで、分単位で実行タイミングを指定することができます。 cron - ArchWiki アプリケーションを常時起動しつつ、定期的に取得処理を動かす Pythonだとscheduleというライブラリが便利です。しかし、この方式の場合アプリケーションが予定外の終了をした場合の対応が必要です。 schedule — schedule 0.4.0 documentation これらの方式は伝統的であり、ドキュメントも多いですが、サーバを常時起動するコストや、サーバ自体の監視・メンテナンスコストが発生します。...


2

ドキュメントに AttributeError: 'ResultSet' object has no attribute 'foo' - This usually happens because you expected find_all() to return a single tag or string. But find_all() returns a list of tags and strings–a ResultSet object. You need to iterate over the list and look at the .foo of each one. Or, if you really only want one result, you need to use find() ...


2

出力したCSVを後で読み込む時のことを考えると、基本的には suzukis さんが回答している通りクォートされたままの方が扱いやすいのだと思いますが、csv モジュールの定義を見るとパラメータで任意のクォート文字列に変更したり、クォートの挙動を変えることも可能なようです。 CSV ファイルの読み書き - Python ドキュメント import csv with open('eggs.csv', 'w', newline='') as csvfile: spamwriter = csv.writer(csvfile, delimiter=' ', quotechar='|', quoting=csv.QUOTE_MINIMAL) csv – ...


2

残念ながら、それぞれの形式に合わせて個別に処理するようなプログラムを書きたくないということであれば、プログラムへ入力する前に手作業で形式を揃える前処理をするしか無いでしょう。 アノテーションのついていないプレーンテキストを処理する場合はこのような前処理も自分で行う必要があります。この用途だとむしろある程度のアノテーションが既に付いている HTML 版を元に処理する方がラクかもしれません。 また、質問の本題とは離れますが質問文にあるような JSON では会話を上手く表せません。同じ key が頻出してしまうでしょうし、そもそも JSON の object は順番が保証されていません(array とは異なります)。


2

正規表現を利用した方法を紹介します。 記述してある node.at_css('#information p > a')[1]["href"] ではうまくnodeがとれなかったので範囲内のaタグのリンク先を見て探すようにしました base_url = "https://loconavi.jp/" features_url = "features/hananomeisho" url = "#{base_url}#{features_url}" # google mapsの正規表現、緯度経度をキャプチャする maps_regexp = /\Ahttp:\/\/maps\.google\.com\/\?q=(.+),(.+)\z/ #...


2

lxml で行けました。あと文字化けについては、response.encoding の指定で直せます。 #res = requests.get('https://himawari.5ch.net/test/read.cgi/livetx/1523962661/') res = requests.get('https://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1523982845/') res.encoding = res.apparent_encoding soup = BeautifulSoup(res.text, 'lxml') print(soup)


1

この回答では解決しません - 新しい回答をご参照ください 古い回答 以下のようなCSSセレクタで各要素の値を取得できました。比較的新しいBeautifulSoupではそのままCSSセレクタが使えるはずなので、以下そのまま利用して取得できると存じます。 #JSID_stockInfo > div.m-stockInfo_top > div.m-stockInfo_top_left > div.m-stockInfo_detail.m-stockInfo_detail_01 > div.m-stockInfo_detail_left > ul > li:nth-child(1) > span.m-stockInfo_detail_value 途中のli:nth-...


1

XPath での指定方法は、 '//a/@title' です。 lxmlでの例です。 from lxml.html import fromstring el = fromstring('<a title="1" href="https://hogehoge.co.jp/">') el.xpath('//a/@title') ['1']


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります