次のタグが付いている話題の回答:

7

b.set(d).set(d).set(d).set(d).print(std::vector<test::Data>{d}); この式を auto s = b.set(d).set(d).set(d).set(d); s.print(std::vector<test::Data>{d}); という順で評価して4を出力すべきか、 auto v = std::vector<test::Data>{d}; b.set(d).set(d).set(d).set(d).print(v); という順で評価して0を出力すべきかはC++言語仕様では定められていないため、実装依存の結果となります。 C++17で厳密な式の評価順を定めていますが、...


3

継続して調べていて現象は判明したと思われます。 結局、IDE画面右下の Xxxxファイルのプロパティの相対パスにはマクロは使えない ということでしょう。 該当ファイルプロパティの絶対パスを全て展開して良く見るとわかりますし、プロジェクトのフォルダパスを短くすると直ぐ明確にわかるでしょう。 例えばC:\Work\TestProがプロジェクトのフォルダであった場合、相対パスを$(DevKitPath)\Support\Lib\Win\ACAP_STATD.libにすると、絶対パスはC:\Work\TestPro\$(DevKitPath)\Support\Lib\Win\ACAP_STATD.libとなります。 そうして、それは存在しないパスとファイルであり、質問の2つ目のスクリーンショットでは、...


3

実際のロジックが走ります。 Xamlの場合、DesignerProperties.IsInDesignMode添付プロパティを使うことで、デザインモードで実行されているか判定できるため、これで処理を分岐することを検討してください。 WinFormsでも同様でこちらはComponent.DesignModeプロパティで判定できるようになっています。またASP.NETの場合、Webですから実行時にはHTMLが生成されるわけですが、こちらもデザインモードではそれ用に別途UI表示できるようになっています。この際もControl.DesignModeプロパティで判定することになります。


2

コメントで紹介した.NET Compiler Platform SDKの解説記事に「すべての参照を検索」について言及されていたので引用します。 具体的に使うのが何かは書いてありませんが、「Workspaces APIs」というもので出来るようです。 .NET Compiler Platform ("Roslyn") Overview For decades, this world view has served us well, but it is no longer sufficient. Increasingly we rely on integrated development environment (IDE) features such as IntelliSense, refactoring,...


2

指定したブレークポイントが「中空」の円になる理由とは、 ・デバッガーが、指定されたブレークポイントの位置をロード済みの実行コード内に発見できなかった。 ということだと考えます。 この現象が起こる理由はいくつか考えられます。 (1)指定された行には実行できるコードが無かった(可能であれば移動されることもある)。 (2)デバッグ情報(ファイル)とデバッグで実行中のコードに矛盾があるため発見できない。 (3)対象実行コードががまだロードされていないため、有効にできない。 又は、デバッガーのバグの可能性も排除できません。対策としては (A)完全なリビルドを行ってみる。 くらいしか思い付きません。


2

端的な回答:Visual Studio のプロジェクトを作る所からやり直し、プロジェクトの種類を「空のプロジェクト」から始めてください。 詳しい回答: おそらく、Visual Studio の新規プロジェクト作成で Windows デスクトップアプリケーションを作ったときに自動生成されたプログラムに、ウェブサイトで見た Hello World のプログラムを追記されたのだと思います。 今回の場合、この追記が上手くいっていません。プログラムの意味と関係なくふたつのプログラムが融合しただけで、うまく解釈できるプログラムになっていません。 今回参考にされたプログラムは、他にソースコードが必要ない、そのままこれだけで動くプログラムです。つまり、最終的には helloworld.cpp ...


2

1. はい、初期化時にDataContextが設定されます。 <Window.DataContext> <localvm:MainViewModel/> </Window.DataContext> この部分がそれに当たります。意味は this.DataContext = new MainViewModel() と同等です。 2. DataTemplateの挙動になります。 まず、MainWindow.xamlと異なりDataContextの定義がAPageView.xamlに存在しないため、InitializeComponent()では設定されません。 DataTemplateは、...


2

「形式を選択して貼り付け」を表示するのが目的なのでしょうか? 記事対象はJSONですが、おそらくここを参照してのことだと思います。 Visual Studio 2017 × 形式を選択して貼り付け × 「編集」メニューに表示されない問題に対応してみた 形式を選択して貼り付け機能をメニューに表示するためには、「ASP.NETとWeb開発」機能が必要です。 VisualStudio コピペ JSONをClassとして貼り付けられるtips 試した環境は、VisualStudio2015 CommunityEditionです。 [編集]-[形式を選択して貼り付け(s)] から[Paste JSON As Classes]を選択します。 Microsoft Visual Studio Express ...


2

C#言語にはextern aliasという機能があり、全く同名のアセンブリ・名前空間・クラスを区別して扱うことができます。 その上でVisual Studio上で参照している当該アセンブリのプロパティを表示するとAliases: globalという項目がありますがここがextern aliasの設定個所ですので、それぞれに別名を付けてあげてください。


2

constキーワードで説明されています。 いずれかの時点で変わることが予想される情報を表すために定数を作成してはなりません。 たとえば、サービスの価格、製品バージョン番号、会社のブランド名などを格納するためには定数フィールドを使用しないでください。 これらの値は時間の経過とともに変更される場合があります。 というわけでほとんど使わなくてもいいと思います。 マイナス投票するほどとは思いませんが、速度や効率が上がるとは思いません。.NETではJITコンパイルされます。つまり実行時に変数のアクセス状況を判断してコンパイルが可能なため、const未指定であったとしても変更されないことを検出した上で最適化が行われます。


2

対象の問題/質問以前に、前提としている環境などへの誤解がありそうです。 以下は訂正版: ソリューションエクスプローラーのペインに.libファイルが列挙されていますが、これは依存関係のある(変更されたらビルド処理のトリガとする)ファイルをリストしているのであって、.cpp等と類似の扱いになり、拡張子.libが考慮されてリンカに渡されますが、プロジェクトのプロパティダイアログでリンク時のライブラリを指定する際の情報とは違いがあるようです。 2つ目のスクリーンショットの右下ACAP_STATD.lib ファイルのプロパティで相対パスにユーザーマクロを組み合わせても、完全パスにも有効なパス情報が表示されているように見えますが、マウスポインタを完全パスに当ててフルパスを読み取ると、...


2

質問文にはgetcmd(cmd; command?)とありますがgetcwd(cwd; current working directory)の誤りではありませんか? Visual Studio 2005以降、 POSIX 名が非推奨とされ、ISO C++ に準拠する名前が使われるようになりました (たとえば、getch ではなく _getch を使います)。 となっておりgetcwdではなく_getcwdを使うことになっています。しかし引き続きgetcwdも互換のために残されており、現在でも使用可能です。ただし、 warning C4996: 'getcwd': The POSIX name for this item is deprecated. Instead, use the ISO C and C++...


2

Unixとのソースコード互換を達成したいなら unistd.h 相当のものが必要かもしれませんが、そういう目的でないなら、unistd.h を用意するというのは意味の薄い解決方法です。 Visual Studio では、#include <direct.h> して、_getcwd() を使うのが最も簡単な方法です。


1

dllやlibの出力設定はvcxprojファイルで設定したパラメータに依存します。そのままでRelease/x64 フォルダーにビルドされたファイル(dll/lib)が出ているはずです。 あとはRelease/x64フォルダーにあるdll/libをcopyfilesタスクで$(Build.ArtifactStagingDirectory)へコピーしてPublishArtifactsタスクで発行すればAzure DevOps内で保持されます。 挙動がわかりづらければSystem.Debugをtrueに設定すれば、コンソールにログが出ますので、どこに出力されるのかわかりやすいです。手動ビルド時にも指定できます。


1

?[0m はおそらく ESC[0m のことで、これは vt100 端末エスケープシーケンスというものです。むかし昔によく使われていた「端末」画面上で色を変える手続きの1つなのですが、残念ながら Windows のコンソールはこの vt100 エスケープシーケンスに対応していません。そのため Windows のコンソール上は色が変わらずに文字化けして見えます。要するに今あなたのところの設定は Linux 端末 (vt100) 用になっていて Windows コンソール用の設定ではないのです。 Windows コンソール上で色をつけるには colorama をつかうとよいです。 https://stackoverflow.com/questions/21858567/


1

今のところ、@shingo.nakanishi さん回答の方法が一番作業量や性能への影響が少ないものでしょう。 __debug__ この定数は、Python が -O オプションを有効にして開始されたのでなければ真です。 assert 文も参照して下さい。 注釈: 名前 None 、 False 、 True 、 __debug__ は再代入できない (これらに対する代入は、たとえ属性名としてであっても SyntaxError が送出されます) ので、これらは「真の」定数であると考えられます。 -O __debug__の値を条件とするassertステートメントとコードを削除します。 コンパイルされた(バイトコード)ファイルのファイル名を、.pyc拡張子の前に.opt-1を追加して拡張します(PEP ...


1

https://stackoverflow.com/a/27455446/1979953 の回答が参考になると思います。 引用 Use __debug__ in your code: if __debug__: print 'Debug ON' else: print 'Debug OFF' Create a script abc.py with the above code and then Run with python -O abc.py Run with python abc.py Observe the difference. 引用の翻訳 __debug__ が使えます。 if __debug__: print 'Debug ON' else: ...


1

アプリケーションを開発する際には どのような環境で実行するのかを決定する 実行環境を踏まえてどのような環境で開発するのかを決定する 開発を行う という手順になるはずです。1.の実行環境はどのような想定なのでしょうか? それがない限り第三者が2.を指南することはできません。 なお、Connectors and APIsで示されていますが、 Connector/NETを使用するのであればC#言語が必要 C++言語を使用するのであればConnector/C++が必要 であり、質問文の組み合わせはそもそも矛盾しています。


1

おそらくインストールと設定だけで出来るようなものは「今は無い」と思われます。 参照記事の回答にも書いてある通り、元々Windows版VidualStudioに「行の複製」の機能があるからショートカットを割り当てることが出来ると考えられます。 VisualStudioで行複製をCtrl+Shift+Dでできますか? 4.CommaondにEdit.Duplicate、Scopeにテキストエディタ、ShortcutでCTRL+SHIFT+Dを入力、Add ShortcutしてCloseする Visual Studio の既定のキーボード ショートカット 編集 Edit.Duplicate Ctrl + D Visual Studio for Mac の既定のキーボード ショートカット 編集 Default ...


1

std::unique_ptr<CImage> はコピーコンストラクタを持たないので CParameter もデフォルトコピーコンストラクタを利用できません。 No1とNo3については、C++11~C++14ではコピーコンストラクタ呼び出しが省略されることもされないこともあるため、質問のプログラムは環境依存です。 https://ja.cppreference.com/w/cpp/language/copy_elision No2はデフォルトでないコピーコンストラクタは作成可能なので、コピーコンストラクタを宣言すればコンパイル時のエラーは回避出来て、(コピーコンストラクタを定義しなければ)リンク時にエラーになります。


1

大人数で開発するとき、書き換えられちゃ困る変数てのは結構ある。 constはコンパイラのためのものというよりプログラマのためのものかな。


1

自己解決しました 「Repos」->「Branches」でpushを禁止したいブランチの「Branch policies ※1」を選択して 「Require a minimum number of reviewers」の人数を1人以上にして、自分が出したPRを承認できるように「Allow requestors to approve their own changes」にチェックを入れました こうすることで期待の動作になることを確認しました また今回は試しておりませんが、kkamegawa様が提案されたブランチのロックと組み合わせることで、履歴の変更も含めて、より強固にブランチを保護できると考えております Locking is ideal for preventing new changes that ...


1

アセンブリに厳格な名前を付ける理由 厳密な名前付きのアセンブリを参照すると、バージョン管理や名前の一意性を保護できるなどの利点を期待できます。 .NET Framework では、厳密な名前付きのアセンブリは、一部のシナリオを有効にするために必要な、グローバル アセンブリ キャッシュにインストールできます。 というわけで同名のアセンブリが存在したとしても、自分が作成したアセンブリを特定できるようにするための機構です。 同ページには 警告 セキュリティに関しては、厳格な名前に依存しないでください。 厳格な名前は、一意の ID を提供するだけです。 ともあり、セキュリティ対策とは無関係です。


1

Uncle-Keiさんが説明してくれていますが、NativeMethods、SafeNativeMethods、UnsafeNativeMethodsでクラス名の使い分け、更にクラス名に応じたコードアクセスセキュリティを適用することが目的だったようです。 しかし、.NET 4からコードアクセスセキュリティが廃止(デフォルトで無効化)されているので、クラス名の使い分けは今となっては意味がないかもしれません。


1

再検討して追記 Nameプロパティの変更は、今まで下に書いてきたようにデザイナーツールを少しでも使うとリセットされてしまうので、使い勝手が良くないですね。これにこだわるのは下策だと思われます。 その代わりになって、デザイナーツール/プロパティウインドウで変更しても問題なく、情報が保持されてオブジェクトの識別に使えるものとして、Tagがあるのではないでしょうか。 質問のスクリーンショットにも出ていますが、その欄にカーソルを移動させると、「オブジェクトに関連付けられた、ユーザー定義のデータです。」と表示されます。 ここにデータを入力しておけば、ソースにも反映されますし、デザイナーツールで他のフォームやコントロールを操作してもリセットされることはありません。 既にTagを何かに使っているのなら、用途を追加・...


1

xamarin formsはiPhone等への移植を想定しているとき、xamarin androidはiPhone等への移植を想定していないときですかね。 xamarin androidは言語以外ネイティブとほぼ同じなので、デザイナーもありますし、市販のandroidの書籍も役に立ちますので、とっつきやすいと思います。 formsは画面作成時にデザイナーがなく、XAMLで書かなきゃいけないことや、ネイティブのAPIを呼ぶのに一手間かかるので、とっつきにくいかなと思います。ただなれてくれば問題無いと思います。 将来的なことを考えるとformsがいいと思いますが、ちょっとしたアプリを作るのであれば、xamarin androidの方がいいかもしれません。 あくまでも私の主観です。


1

ビルド対象となるプロジェクトが読み込まれていません。ファイルメニューからプロジェクトもしくはソリューションを開きましょう。 なお、タブではなくメニューです。


1

JDK (13.0.1) と JRE (1.8.0) が同時に別のフォルダ (C:\Java\jdk と C:\Java\jre) にインストールされた状態でしたが、Java 8 に一本化したところ、少なくともビルドができない問題は解決しました。 この投稿は @user37155 さんのコメント の内容を元に コミュニティwiki として投稿しました。


1

恐らく 無効にしたブレークポイント ではないでしょうか。削除と追加を繰り返すよりも無効にするだけなら簡単に元に戻すことができます。 参考: Visual Studio デバッガーでブレークポイントを使用する。| Microsoft Docs (リンク先は機械翻訳なので若干日本語がおかしいですが…) 削除しなくても、ブレークポイントを無効にポインターを合わせるかを右クリックして選択ブレークポイントを無効にするします。 左の余白に空の点として無効になっているブレークポイントが表示されます、またはブレークポイントウィンドウ。 ブレークポイントを再度有効にするには、ポインターを合わせるかを右クリックして選択ブレークポイントを有効にするします。


1

https://social.msdn.microsoft.com/Forums/ja-JP/39c32519-d59d-4d39-b77a-8bce04667f7c/c?forum=netfxgeneralja では再現しないとありましたが、ウチでは Ver 16.2.3 で再現しています。1回クリックしただけではなかなか再現しませんが、数回試してみたり ALT+TAB したりといろいろやっているとロック状態になり再現します。その後 Visual Studio 自体が自己クラッシュ検出したりしなかったりといろいろ厄介そうです。 次のように preview バージョンでは修正済みとのこと https://developercommunity.visualstudio.com/content/problem/...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります