次のタグが付いている話題の回答:

4

質問文にはgetcmd(cmd; command?)とありますがgetcwd(cwd; current working directory)の誤りではありませんか? Visual Studio 2005以降、 POSIX 名が非推奨とされ、ISO C++ に準拠する名前が使われるようになりました (たとえば、getch ではなく _getch を使います)。 となっておりgetcwdではなく_getcwdを使うことになっています。しかし引き続きgetcwdも互換のために残されており、現在でも使用可能です。ただし、 warning C4996: 'getcwd': The POSIX name for this item is deprecated. Instead, use the ISO C and C++...


3

1>control.obj : error LNK2001: 外部シンボル "int g_count" (?g_count@@3HA) は未解決です 要は、g_count を宣言して使用しているにも関わらず、どこでも定義してないってことです。 まずエラーメッセージを調べ、内容を理解してください。 エラーコードをGoogle検索すればすぐに情報は出てくる筈です。 Linker Tools Error LNK2001 英語でよく判らん、という場合はChromeの翻訳機能等や翻訳サイトを使ってください。そこそこ読める日本語になります。翻訳して説明を読んで、それでも判らんという場合は、単純に開発言語に対する理解不足です。もっと勉強してください。せめて、宣言と定義くらいは理解しましょう。 宣言 ...


3

継続して調べていて現象は判明したと思われます。 結局、IDE画面右下の Xxxxファイルのプロパティの相対パスにはマクロは使えない ということでしょう。 該当ファイルプロパティの絶対パスを全て展開して良く見るとわかりますし、プロジェクトのフォルダパスを短くすると直ぐ明確にわかるでしょう。 例えばC:\Work\TestProがプロジェクトのフォルダであった場合、相対パスを$(DevKitPath)\Support\Lib\Win\ACAP_STATD.libにすると、絶対パスはC:\Work\TestPro\$(DevKitPath)\Support\Lib\Win\ACAP_STATD.libとなります。 そうして、それは存在しないパスとファイルであり、質問の2つ目のスクリーンショットでは、...


2

対象の問題/質問以前に、前提としている環境などへの誤解がありそうです。 以下は訂正版: ソリューションエクスプローラーのペインに.libファイルが列挙されていますが、これは依存関係のある(変更されたらビルド処理のトリガとする)ファイルをリストしているのであって、.cpp等と類似の扱いになり、拡張子.libが考慮されてリンカに渡されますが、プロジェクトのプロパティダイアログでリンク時のライブラリを指定する際の情報とは違いがあるようです。 2つ目のスクリーンショットの右下ACAP_STATD.lib ファイルのプロパティで相対パスにユーザーマクロを組み合わせても、完全パスにも有効なパス情報が表示されているように見えますが、マウスポインタを完全パスに当ててフルパスを読み取ると、...


2

?[0m はおそらく ESC[0m のことで、これは vt100 端末エスケープシーケンスというものです。むかし昔によく使われていた「端末」画面上で色を変える手続きの1つなのですが、残念ながら Windows のコンソールはこの vt100 エスケープシーケンスに対応していません。そのため Windows のコンソール上は色が変わらずに文字化けして見えます。要するに今あなたのところの設定は Linux 端末 (vt100) 用になっていて Windows コンソール用の設定ではないのです。 Windows コンソール上で色をつけるには colorama をつかうとよいです。 https://stackoverflow.com/questions/21858567/


2

C#言語にはextern aliasという機能があり、全く同名のアセンブリ・名前空間・クラスを区別して扱うことができます。 その上でVisual Studio上で参照している当該アセンブリのプロパティを表示するとAliases: globalという項目がありますがここがextern aliasの設定個所ですので、それぞれに別名を付けてあげてください。


2

Unixとのソースコード互換を達成したいなら unistd.h 相当のものが必要かもしれませんが、そういう目的でないなら、unistd.h を用意するというのは意味の薄い解決方法です。 Visual Studio では、#include <direct.h> して、_getcwd() を使うのが最も簡単な方法です。


1

Visual Studio for Mac 2019 だと思いますが、こちらに上がっていておそらくまだ未解決です。 さっきインストールした私の環境でもおきました。 https://developercommunity.visualstudio.com/content/problem/1142413/the-regions-are-not-shown-correctly-on-the-documen.html あまり投票されていないので、ログインして投票すれば修正される可能性は上がるかもしれません。 余談ですが、古いMacに残っていたVisual Studio for Mac 2017でもさっき試してみましたがそちらでは正しく表示されました。 ちなみにこちらも類似の報告ですが、なぜか閉じられていますね。 ...


1

画像表示方法についてはこちらが参考になるかと思います。 埋め込みリソースをXAMLから参照するにはコンバータを用意する必要があるようです。 下記に該当コードを転載します [ContentProperty (nameof(Source))] public class ImageResourceExtension : IMarkupExtension { public string Source { get; set; } public object ProvideValue (IServiceProvider serviceProvider) { if (Source == null) { return null; } // Do your translation ...


1

C++17にはインライン変数という機能があります。ヘッダーファイルに inline int g_count = 0; と(宣言ではなく)定義を書くことができます。 Visual C++は互換のためデフォルトでC++14までしか有効化されていないため、コンパイルオプション/std:c++17の指定が必要です。


1

Console Runnerが用意されているので、適切なコマンドラインで起動すればいいと思います。


1

TFSからDevOpsへアップグレードしていたため、下記リンクにある通り手動で機能追加を行う必要があります。 Add updates to projects manually / プロジェクトに更新を手動追加する


1

Visual Studioは昔からクリップボード履歴機能が独自に搭載されています。 ctrl+shift押しながらvを押すたびに張り付ける内容を切り替えられます。 操作ミスで上記を行った可能性などはありませんでしょうか?


1

コメント頂けたので、Visual Studio、Unity共に新しい版に変えてみたところ修正されました。Unityのバージョンも関係があるのかもしれません。 追記 Unityは2017.4.40f1を使っていたのを2019.4.8f1にアップグレードしました。


1

dllやlibの出力設定はvcxprojファイルで設定したパラメータに依存します。そのままでRelease/x64 フォルダーにビルドされたファイル(dll/lib)が出ているはずです。 あとはRelease/x64フォルダーにあるdll/libをcopyfilesタスクで$(Build.ArtifactStagingDirectory)へコピーしてPublishArtifactsタスクで発行すればAzure DevOps内で保持されます。 挙動がわかりづらければSystem.Debugをtrueに設定すれば、コンソールにログが出ますので、どこに出力されるのかわかりやすいです。手動ビルド時にも指定できます。


1

マルチポスト先で解決されたようなので転載します。 python3.Xをインストールし、それに則ってプログラムを記載していたのですが、 その前にインストールして使っていたpyothon2.7がVSCに認識されていて、2.7で動いてたために3.Xのプログラムがエラーになっていました。 pyothon2.7をアンインストールしたら解決しました。 ※VSC = Visual Studio Code


1

今のところ、@shingo.nakanishi さん回答の方法が一番作業量や性能への影響が少ないものでしょう。 __debug__ この定数は、Python が -O オプションを有効にして開始されたのでなければ真です。 assert 文も参照して下さい。 注釈: 名前 None 、 False 、 True 、 __debug__ は再代入できない (これらに対する代入は、たとえ属性名としてであっても SyntaxError が送出されます) ので、これらは「真の」定数であると考えられます。 -O __debug__の値を条件とするassertステートメントとコードを削除します。 コンパイルされた(バイトコード)ファイルのファイル名を、.pyc拡張子の前に.opt-1を追加して拡張します(PEP ...


1

https://stackoverflow.com/a/27455446/1979953 の回答が参考になると思います。 引用 Use __debug__ in your code: if __debug__: print 'Debug ON' else: print 'Debug OFF' Create a script abc.py with the above code and then Run with python -O abc.py Run with python abc.py Observe the difference. 引用の翻訳 __debug__ が使えます。 if __debug__: print 'Debug ON' else: ...


1

アプリケーションを開発する際には どのような環境で実行するのかを決定する 実行環境を踏まえてどのような環境で開発するのかを決定する 開発を行う という手順になるはずです。1.の実行環境はどのような想定なのでしょうか? それがない限り第三者が2.を指南することはできません。 なお、Connectors and APIsで示されていますが、 Connector/NETを使用するのであればC#言語が必要 C++言語を使用するのであればConnector/C++が必要 であり、質問文の組み合わせはそもそも矛盾しています。


1

おそらくインストールと設定だけで出来るようなものは「今は無い」と思われます。 参照記事の回答にも書いてある通り、元々Windows版VidualStudioに「行の複製」の機能があるからショートカットを割り当てることが出来ると考えられます。 VisualStudioで行複製をCtrl+Shift+Dでできますか? 4.CommaondにEdit.Duplicate、Scopeにテキストエディタ、ShortcutでCTRL+SHIFT+Dを入力、Add ShortcutしてCloseする Visual Studio の既定のキーボード ショートカット 編集 Edit.Duplicate Ctrl + D Visual Studio for Mac の既定のキーボード ショートカット 編集 Default ...


1

std::unique_ptr<CImage> はコピーコンストラクタを持たないので CParameter もデフォルトコピーコンストラクタを利用できません。 No1とNo3については、C++11~C++14ではコピーコンストラクタ呼び出しが省略されることもされないこともあるため、質問のプログラムは環境依存です。 https://ja.cppreference.com/w/cpp/language/copy_elision No2はデフォルトでないコピーコンストラクタは作成可能なので、コピーコンストラクタを宣言すればコンパイル時のエラーは回避出来て、(コピーコンストラクタを定義しなければ)リンク時にエラーになります。


1

自己解決しました 「Repos」->「Branches」でpushを禁止したいブランチの「Branch policies ※1」を選択して 「Require a minimum number of reviewers」の人数を1人以上にして、自分が出したPRを承認できるように「Allow requestors to approve their own changes」にチェックを入れました こうすることで期待の動作になることを確認しました また今回は試しておりませんが、kkamegawa様が提案されたブランチのロックと組み合わせることで、履歴の変更も含めて、より強固にブランチを保護できると考えております Locking is ideal for preventing new changes that ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります