次のタグが付いている話題の回答:

3

Visual Studio 2019ではコードのクリーンアップが強化されています。 コードのスタイル設定にまとめられていますが、[オプション] ダイアログで詳細な書式設定が可能です。この機能自体はインテリセンスで変更が提案されるまでとなります。 その上で、コード スタイルの適用を実行すると、選択した書式設定について一括して適用されます。 両機能を組み合わせることでif文の書式も統一することができます。


2

ちなみに「AStyle Extension」は今 2種類あります。 まあ使っているVisualStudioの版数に合わせて検索されるでしょうから、迷わないと思いますが。 AStyle Extension : VS2010-VS2015,AVR Studio5,Atmel Studio6-7 AStyle Extension 2017 : VS2017 VS2019用の拡張機能にはまだ掲載されていないようです。VS2017用をダウンロードして入れてみるか、単独で動作するコマンドを外部ツールとして自分で組み込むかすれば出来るでしょう。 で、ご要望の使い方に相当するオプションは以下の2つの組み合わせになるでしょう。 ただし、2つ目の--add-bracesは、上記Extensionの中では --add-...


2

ウィンドウプロシージャの中のcase WM_CHAR:のところを見ると、スペースキーを押して初めて問題が表示されるようになっています。試しにウィンドウが開いたら、スペースキーを押してみてください。


2

C++言語ではコンパイル時にヘッダーファイルを参照し、リンク時にライブラリと結合します。ところが.NETアセンブリはDLLファイルで完結しておりヘッダーファイルが存在しません。 そこでVisual C++では、#usingディレクティブが用意されています。 #using "MWSProducts_2011-10-01_v2017-03-22.dll" と記述すると、C++コンパイラーは.NETアセンブリを読み込み、相当するヘッダーファイルへ変換し#includeされたかのように扱います。コンパイルオプション/FUでも同等の結果を得ることができます。 Visual Studioの対象プロジェクトのプロパティから、 上記DLLの参照を追加しました 上記の通りですので、...


2

正攻法としてはWindows Installerです。ファイルが使用中の場合、Restart Managerを用いて再起動後の置き換えを試みます。再起動を好まないということでしたら選択肢から外れます。 774RRさんの提案されたClickOnceには自動更新機能があります。しかし、ClickOnceはデスクトップ画面での対話操作を前提としているので、タスクスケジューラーからの起動では正しく動作しない可能性があります。少なくともサービスとしての起動はサポートされていません。 これ以外となると起動に関するフレームワークは用意されていないと思います。 順当にローダープログラムと本体を分離することでしょうか。 インストーラーは本体プログラムを連番など一定のファイル名で配置する ...


2

当該コンポーネントが必要な場合に、開発者を雇って自作するか、有料コンポーネントを購入するか、の経営判断でしょう。絶対的な金額のみでは何の判断もできません。


2

コメントで紹介した.NET Compiler Platform SDKの解説記事に「すべての参照を検索」について言及されていたので引用します。 具体的に使うのが何かは書いてありませんが、「Workspaces APIs」というもので出来るようです。 .NET Compiler Platform ("Roslyn") Overview For decades, this world view has served us well, but it is no longer sufficient. Increasingly we rely on integrated development environment (IDE) features such as IntelliSense, refactoring,...


1

指定したブレークポイントが「中空」の円になる理由とは、 ・デバッガーが、指定されたブレークポイントの位置をロード済みの実行コード内に発見できなかった。 ということだと考えます。 この現象が起こる理由はいくつか考えられます。 (1)指定された行には実行できるコードが無かった(可能であれば移動されることもある)。 (2)デバッグ情報(ファイル)とデバッグで実行中のコードに矛盾があるため発見できない。 (3)対象実行コードががまだロードされていないため、有効にできない。 又は、デバッガーのバグの可能性も排除できません。対策としては (A)完全なリビルドを行ってみる。 くらいしか思い付きません。


1

恐らく 無効にしたブレークポイント ではないでしょうか。削除と追加を繰り返すよりも無効にするだけなら簡単に元に戻すことができます。 参考: Visual Studio デバッガーでブレークポイントを使用する。| Microsoft Docs (リンク先は機械翻訳なので若干日本語がおかしいですが…) 削除しなくても、ブレークポイントを無効にポインターを合わせるかを右クリックして選択ブレークポイントを無効にするします。 左の余白に空の点として無効になっているブレークポイントが表示されます、またはブレークポイントウィンドウ。 ブレークポイントを再度有効にするには、ポインターを合わせるかを右クリックして選択ブレークポイントを有効にするします。


1

https://social.msdn.microsoft.com/Forums/ja-JP/39c32519-d59d-4d39-b77a-8bce04667f7c/c?forum=netfxgeneralja では再現しないとありましたが、ウチでは Ver 16.2.3 で再現しています。1回クリックしただけではなかなか再現しませんが、数回試してみたり ALT+TAB したりといろいろやっているとロック状態になり再現します。その後 Visual Studio 自体が自己クラッシュ検出したりしなかったりといろいろ厄介そうです。 次のように preview バージョンでは修正済みとのこと https://developercommunity.visualstudio.com/content/problem/...


1

正しい操作ではありません。COM - Type Librariesの一覧からMicrosoft HTML Object Libraryを選択するべきです。 .NETではタイプライブラリを直接扱うことはできません。そのため、Visual Studioは内部でTlbimp.exe (タイプ ライブラリ インポーター)を実行し、タイプライブラリと同等なアセンブリを生成した後に、生成されたアセンブリをプロジェクトに追加します。 しかし、このような操作でアセンブリが乱立するのは危険です。そこで.NETではプライマリ相互運用機能アセンブリという機能を提供しています。その上でMicrosoft HTML Object LibraryにはMicrosoft....


1

公式の手順Compiling Apache for Microsoft Windowsは参照されていますでしょうか? perlやawkが必要と言及されていますが。


1

おそらく、以下の記事の情報が当てはまると思われます。 関連しそうなものを抜粋して引用しましたが、同記事内の他の回答にも目を通してみてください。 ただし質問時のVisualStudioが古いため、拡張子は変わっていますし、XMLの項目名も変わっている可能性がありますので注意してください。 あと基本的に、namespace、class名・属性定義、コピーしたコードで使用しているコントロールがきちんと変数宣言されているか、{と}・(と)のバランスなどが合っているかにも注意してください。 Form and designer files not linking in Solution Explorer この記事で解決マークの付いた回答はこれてすが、 私はVisual Studio ...


1

サイズ変更でコントロールの相対位置が変わり、サイズの丸め処理で1ピクセルの隙間ができることが原因と思われます。 本家SOの類似質問 その場合、LayoutRoot(一番外側のGrid)のUseLayoutRoundingをtrueにすると問題解決するでしょう。 <Grid UseLayoutRounding="True"> .Net 4よりも前のバージョンにはUseLayoutRoundingがないので、SnapsToDevicePixelsで代用します。 どちらも描画をボケないように描画や配置するプロパティです。 使用例や違いは上記のリンクや@ITの記事を参考にしてみてください。


1

コンボボックスのSelectedItemで選択中のComboBoxItemが取得できます。 そこからContentを取り出してstring型にすることでアイテムに表示されている値を取り出せます。 ComboBox.SelectedItemPropertyは静的なプロパティなので、実際にxaml上に記述したコンボボックスのインスタンスから選択中のアイテムを取ることはできません。 下記のコードでコンボボックスの値をリストボックスに表示できます。(住所や氏名などのテキストボックスは割愛) コンボボックスのItemsSourceに独自のクラスを設定している場合はSelectedItemをキャストしてください。 MainWindow.xaml <Window x:Class="WpfApp1....


1

C#にはT4 テキストテンプレートが用意されています。これを使うとC#コードを用いてC#コードが生成できます。更にビルドプロセスでのコード生成を実行する方法が提供されています。 後はXMLファイルから読み込みAssemblyInfo.cs相当のコードを生成すればいいかと思います。


1

Visual Studio のバージョンによっては、ifに点線で下線が引かれます。カーソルを合わせると、右端に電球アイコンが出るので、クリックして「波かっこを追加します」。 あるいは、拡張機能の「AStyle Extension」を追加。


1

コマンドプロンプトでサードパーティライブラリをリンクしたい IDE は使わない であるものと解釈しました。 Makefile なり msbuild なりで、リンクを行う段階に link.exe に対するオプションを追加します。ないしは #pragma comment(lib, "...lib") をソース中に記述します。 ライブラリの追加リンク指定:ライブラリ名を直接指定します。 link <いろいろ指定1> onigmo_s.lib <いろいろ指定2> ライブラリのディレクトリ指定:コマンドライン /LIBPATH:<dir> を追加します。 link /LIBPATH:"C:\projects\onigmo" あるいは cl <いろいろ> /...


1

Ctrl + ]です。 Microsoft Visual Studio Community 2019 Version 16.0.1のC#のエディター上で確認しました。 参考 以下のURLのEdit.GotoBraceの欄 https://docs.microsoft.com/ja-jp/visualstudio/ide/default-keyboard-shortcuts-in-visual-studio?view=vs-2019


1

個人的にWix Toolset Visual Studio Extensionはあまり期待していません…。 とりあえず、HeatProject Taskはheat.exeを呼び出すラッパーでしかないので、まずはheat.exeを使って行いたい処理と引数を調べる必要があります。 その上で、Visual Studio上でMSBuild プロジェクト ビルドの出力の詳細を設定して、HeatProject Taskがどこからどのようなパラメーターで呼び出されているかを確認し、意図する引数になるようにwixprojファイルを編集することになると思います。


1

Resources.Designers.csは.NET Framework 2.0で追加された厳密に型指定されたリソースクラスを格納するソースコードファイルです。このコードを生成する方法はいくつかあります。 StronglyTypedResourceBuilder Class 以下の方法はいずれも最終的にはこのクラスを用いてコード生成しています。.NETクラスライブラリの一部ですので「外部の自作ツール」に埋め込むことも可能です。 ResGen.exe; リソース ファイル ジェネレーター /strオプションでコード生成することができます。 GenerateResource タスク ビルド時に.resxファイルから.resourcesファイルを生成するタスクですが、パラメーターを指定することで、...


1

GUI上のボタンをクリック →pythonのスクリプト(グラフを描画するスクリプト)が実行される .netアプリケーションから別のプログラムを起動するには、System.Diagnostics.Process.Startが使えます。これでpythonを起動し、適当なディレクトリに画像を出力してください。 →グラフ画像を取得 →GUIに画像を表示 .netアプリケーションで画像を表示するには、PictureBoxコントロールを使うのが簡単です。ImageLocationプロパティに先ほど出力した画像のパスを指定してください。 それぞれの使い方は.Netのリファレンスを確認してください。わからないことがあればそれぞれれ具体的な内容にしてまた別に質問を立ててください。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります