次のタグが付いている新しい回答:

8

結論としてはVisual Studioに対応した参考書を参照されることをお勧めします。 kunifさんの回答と被りますが、時系列に整理します。 C4996(英語)は コンパイラの警告 (レベル 3) とあるようにあくまで警告です。今回の場合、Visual Studio 2005で導入されたCRTのセキュリティ機能及びCRT関数のセキュリティが強化されたバージョンによって警告が出力されています。具体的には たとえば、strcpy関数には、コピーする文字列が大きすぎてコピー先のバッファーに入らない場合、これを通知する方法がありません。ただし、セキュリティで保護されたバージョンのstrcpy_sでは、バッファーのサイズをパラメーターとして取り、...


6

それは、使用している参考書が古くて、今では使わない方が良い関数が使われているからです。 strcpy()をstrcpy_s()に置き換えるか(ただしパラメータや戻り値が違うので、参考書の記述からは外れます)、コンパイラの警告レベルを下げて、かつ_CRT_SECURE_NO_WARNINGSを#defineしてエラーや警告が出ないようにするか(ただしそれに慣れるとエラーや警告を見落としたり無視することになります)、などの対策が考えられます。 参考書は、なるべく初版が最近のものか、VisualStudioXXXXの新しい版に対応しているというものを選びましょう。 初心者ということで、これからも色々エラーに遭遇するでしょうが、分からないならば、この辺をやってみれば良いでしょう。 ...


1

あまりに迷走しているようなので、cpprestsdkだけを使ってTwitter Timelineを取得するサンプルを書いてみました。参考にしてください。 Visual Studioを使用している場合は、プロジェクトにNugetパッケージcpprestsdkを追加するだけです。(OpenSSLやboostは必要ありません。) #include <locale> #include <cpprest/http_client.h> #include <cpprest/oauth1.h> static constexpr auto apikey = U(""), apisecretkey = U(""), accesstoken = U(""), ...


2

HMAC-SHA1署名する対象のデータは、 POST&https%3A%2F%2Fapi.twitter.com%2F1.1%2Fstatuses%2Fupdate.json&oauth_consumer_key=XXXXXX(略) のような文字列になりますが、ここが少し違います。 「oauth_consumer_key=XXXXXX」この部分はURLエンコードされている必要があります。正しくは、「oauth_consumer_key%3DXXXXXX」とします。 そのため、CreateSignature関数でdataを組み立てる処理を修正します。 【修正前】 data = methods + "&" + CAIOS::REST::URL_encode(OAuth[0]) + ...


上位 50 件の最近の回答が含まれています