次のタグが付いている新しい回答:

0

mailコマンド+postfixを導入してGmailにメールを送る方法について記載します。 以下、Centos7.9+postfix+mailコマンドでメールを送るやり方 // postfixを入れる # yum install postfix cyrus-sasl-plain // 以下の設定をまるまる追記(+部分が追記) # vim /etc/postfix/main.cf + relayhost = smtp.gmail.com:587 + + # SASL Authentication + smtp_sasl_auth_enable = yes + smtp_sasl_password_maps = hash:/etc/postfix/gmail_passwd + ...


0

最後に表示したい環境にしてから、VirtualBoxマネージャーを再起動したら、治りますよ。


1

VirtualBox を起動した後、「ファイル」→「ホストネットワークマネージャー」を起動することでホストオンリーアダプターの管理ができます。 こちらで作成・削除を行うことで、Windows ホスト側の「ネットワーク接続」設定でもアダプタが追加・削除されます。 以前のアダプタが何らかの原因で削除された後も、仮想マシンの設定で (削除された) アダプタを指定したままの状態になっており起動に失敗しているのかもしれません。 前述のホストネットワークマネージャーからアダプターを作成し直して、仮想マシンの個別の設定も確認してみてください。 仮想マシンの設定画面: 参考までに、デフォルトで作成されるホストオンリーアダプターの設定画面も載せておきます。 ホストネットワークアダプター 設定画面: アダプター タブ ...


0

仮想マシンの除去を行う際、「一覧からの削除のみ」か「設定ファイルを含めて削除」かを選ぶはずですが、今回は恐らく前者を選んで実行したため、仮想マシンの設定ファイルが残った状態なのだと思われます。 仮想マシンの削除方法 まずは VirtualBox の「環境設定」から、デフォルトの仮想マシンの保存先を確認しておいてください。 確認後、念の為 VirtualBox はいったん終了しておきます。 確認したフォルダをエクスプローラで開くと仮想マシンごとのフォルダが存在するはずなので、その中から不要なフォルダを (フォルダごと) 削除してみてください。


上位 50 件の最近の回答が含まれています