次のタグが付いている話題の回答:

6

手元でも再現出来ました。 みたところWindowsのコマンドプロンプトのバグっぽいです。 対策としては、 wsltty 等の別の(まともな)端末エミュレータを使う 標準のコンソール(コマンドプロンプト)を使うならば、以下の設定を .vimrc に追加する set t_ut= の二つが考えられます。


5

<C-\> の部分は、ご推察の通りコントロールキーを押しながらバックスラッシュを押下であっています。 ^] はコントロールキーを押しながら ] を押すと入力できます。このコントロール文字をスクリプトに直接書くには、Vim では挿入モードで <C-v><C-]> の順にキーを押せば入力できます。 実際に設定したい場合は、以下のように <> 記法で設定した方がわかりやすいでしょう。 nnoremap <C-\><C-]> :GtagsCursor<CR> ** 回答当初、<C-[> と見間違えてエスケープキーだと回答していましたが、間違っていたので修正しました。


2

https://github.com/tyru/caw.vim のREADMEを読むと以下の通りボックスコメントもサポートしているようです。(デフォルトのキーマップがgcwまたはgcb) Type "gcw" (uncomment: "gcuw") before: " wrap!" after: " /* wrap! */" Type "gcb" before: " box!" after: " /********/" " /* box! */" " /********/"


2

:vimgrep Ex コマンドのシグネチャは :vim[grep][!] /{pattern}/[g][j] {file} ... です。深いディレクトリ階層を再帰的に検索したい場合は {file} の部分に **/*.c のように記述します。 つまりやりたいことは以下のコマンドで実現できると思います。 vimgrep /test/ **/*.c **/*.h


2

以下の設定でできると思います。 前半の4行は矩形選択を各矢印キーで開始するために必要です。 後半の4行は選択を開始した後にも Ctrl + Alt を押したまま矢印キーで 1 文字ずつ選択するために必要です。(ただし Vim 的にはすでに選択モードに入っているので修飾キーを押さなくても矢印キーだけで選択ができます。) nnoremap <C-A-Right> <C-v><Right> nnoremap <C-A-Left> <C-v><Left> nnoremap <C-A-Up> <C-v><Up> nnoremap <C-A-Down> <C-v><Down> ...


2

neovimの設定ファイルを作成し、sourceで~/.vimrcを読み込めばよいと思います。 【手順】 mkdir -p ~/.config/nvim/ #初回だけ vi ~/.config/nvim/init.vim 【設定ファイルの内容】 execute 'source' expand('~/.vimrc')


2

まず質問に対して質問を返す事になって申し訳無いのですが、この typescript はどのような環境で取りましたか? 内容を確認しましたが、本来の script コマンドの出力では無いように見えます。 おそらく、特殊な修正が入った script コマンドの出力か、ファイルの内容が壊れていると思われます。 異常終了する(ように見える)事について scriptコマンドで操作履歴を記録中にviコマンドを使用すると、操作履歴に制御コードが含まれており、catで表示するとcatが異常終了(※)するように見えます。 誤解されているようですが、Tera Term で表示した時も途中で終了する事なく最後まで出力されています。 おそらく Alternate Screen Buffer ...


1

strings typescript あるいは strings -a typescript する。 scriptreplay(1) で再生する。(要タイミング情報ファイル) vim -b typescript で開く。 あたりでどうでしょうか。


1

新しい Vim/neovim ならば complete_info() を用いるのがよいと思います。 :help complete_info()


1

ここにあるとおり、 let g:lsp_text_edit_enabled = 0 とすると改善されるかもしれません。 https://github.com/prabirshrestha/vim-lsp/issues/431


1

いつからだったか,Lua はデフォルトで有効になっています. brew install vim または brew install macvim でインストールした後,vim --version で確認してみてください


1

どうしても日本語にしたければ、まずその日本語ドキュメントが必要になり、次にそれを閲覧するツールとの連携が必要になります 手っ取り早いのはPython 3.7.3 ドキュメントなどのWebのデータを使ってやることでしょう 例えば、ターミナルで使える Web ブラウザ w3m を使うなら、以前の queu1829 さんが書き込まれた関数をちょっと変えてやって、次のようにします function! s:pyhelp(word) abort execute 'terminal ++close w3m -o confirm_qq=0 https://docs.python.org/ja/3/library/functions.html\\#' . a:word endfunction command! -...


1

vimの設定が~/.vim配下にあるという前提で回答します。 ~/.vim/ftpluginにc.vimとpython.vimを作成し、以下のように追記するとShift+kで参照できそうです。 確かデフォルトでc++でもc.vimを読んでくれると思いますがうまくいかないようならcpp.vimを作成してc.vimと同じ内容を追記してください。 $ cat c.vim let $MANPAGER = "vim -M +MANPAGER -" if has('terminal') setlocal keywordprg=:terminal\ ++close\ ++norestore\ man\ 3 " or "let &l:keywordprg = ":vertical ...


1

その後色々と修正が入ったようなので、最新版を試してみるとよさそうです。 参考: https://github.com/scrooloose/nerdtree/issues/912


1

泥臭い方法ですが、 シフトする先頭行まで移動して、行数<<でシフトする。 シフトする先頭行まで移動して、<<でシフトする。あとはj.でシフトを繰り返す。 :でexになって、開始行,終了行<でシフトする。 ソースコードの場合は、整形ツールをかけて:e!で読み直します。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります