次のタグが付いている話題の回答:

6

手元でも再現出来ました。 みたところWindowsのコマンドプロンプトのバグっぽいです。 対策としては、 wsltty 等の別の(まともな)端末エミュレータを使う 標準のコンソール(コマンドプロンプト)を使うならば、以下の設定を .vimrc に追加する set t_ut= の二つが考えられます。


5

<C-\> の部分は、ご推察の通りコントロールキーを押しながらバックスラッシュを押下であっています。 ^] はコントロールキーを押しながら ] を押すと入力できます。このコントロール文字をスクリプトに直接書くには、Vim では挿入モードで <C-v><C-]> の順にキーを押せば入力できます。 実際に設定したい場合は、以下のように <> 記法で設定した方がわかりやすいでしょう。 nnoremap <C-\><C-]> :GtagsCursor<CR> ** 回答当初、<C-[> と見間違えてエスケープキーだと回答していましたが、間違っていたので修正しました。


3

「:」を押した後の入力モードでヤンクバッファの内容をペーストするのは、CTRL+r  "と順番で入力することで出来ます。 以下は質問を把握する前に書いたものですが、そのまま残しておきます。vim関係ないコピー&ペーストのやり方になります。 環境によるので、OSとか、vimなのかgvimなのか、vimならターミナルエミュレータは何を使っているかなどの情報を書くと良いと思います。 自分はguakeというターミナルエミュレータの中でtmuxを起動して作業しているので、guakeでマウスオペレーションでコピー&ペーストするか、tmuxのコピーモードを使ってコピー&ペーストすることが多いです。 vimのヤンクバッファとOSのクリップボードを共有化するようなやり方もあった気がしますが、自分は使ったことがありません。...


2

問題の発生していたバージョンは分かりませんが、該当の GitHub リポジトリ上でこの問題が Issue として登録された後、8.1.1224 のリリースで :W400 などのようにウェイトを指定できるようになりました。 この投稿は @KoRoN さんのコメント と @statiolake さんのコメント の内容を元に コミュニティwiki として投稿しました。


2

:vimgrep Ex コマンドのシグネチャは :vim[grep][!] /{pattern}/[g][j] {file} ... です。深いディレクトリ階層を再帰的に検索したい場合は {file} の部分に **/*.c のように記述します。 つまりやりたいことは以下のコマンドで実現できると思います。 vimgrep /test/ **/*.c **/*.h


2

neovimの設定ファイルを作成し、sourceで~/.vimrcを読み込めばよいと思います。 【手順】 mkdir -p ~/.config/nvim/ #初回だけ vi ~/.config/nvim/init.vim 【設定ファイルの内容】 execute 'source' expand('~/.vimrc')


2

以下の設定でできると思います。 前半の4行は矩形選択を各矢印キーで開始するために必要です。 後半の4行は選択を開始した後にも Ctrl + Alt を押したまま矢印キーで 1 文字ずつ選択するために必要です。(ただし Vim 的にはすでに選択モードに入っているので修飾キーを押さなくても矢印キーだけで選択ができます。) nnoremap <C-A-Right> <C-v><Right> nnoremap <C-A-Left> <C-v><Left> nnoremap <C-A-Up> <C-v><Up> nnoremap <C-A-Down> <C-v><Down> ...


2

まず質問に対して質問を返す事になって申し訳無いのですが、この typescript はどのような環境で取りましたか? 内容を確認しましたが、本来の script コマンドの出力では無いように見えます。 おそらく、特殊な修正が入った script コマンドの出力か、ファイルの内容が壊れていると思われます。 異常終了する(ように見える)事について scriptコマンドで操作履歴を記録中にviコマンドを使用すると、操作履歴に制御コードが含まれており、catで表示するとcatが異常終了(※)するように見えます。 誤解されているようですが、Tera Term で表示した時も途中で終了する事なく最後まで出力されています。 おそらく Alternate Screen Buffer ...


2

コメントで教えて頂いた内容を参考に Vim 起動後に以下のコマンドを実行し、日英を切り替えたらカーソルの色が変わるかを確認してみました。 :highlight CursorIM guifg=NONE guibg=Purple MacVim-Kaoriya の環境では上記コマンドでも色が変わらないため、現時点では対応していないようです。 アップデートがなかったので代わりに vim-jp からダウンロードして使ってみました。 この投稿は @todashuta さんのコメント と @T_T さんのコメント の内容を元に コミュニティwiki として投稿しました。


2

ダブルクォートにバックスラッシュをいれると特殊文字を含む文字列として認識されてしまうからですね。 正規表現の文字列をシングルクォートで括るとよいかとおもいます。 :echo substitute("WIP,HOME/Desktop/WIP", '^.\+,', "", "") もし、ダブルクォートで括りたい場合にはバックスラッシュを2回書く必要があります。 :echo substitute("WIP,HOME/Desktop/WIP", "^.\\+,", "", "")


1

:terminal は引数で実行するコマンドを指定できます。無指定の場合は $SHELL が使われるので、通常はシェルが立ち上がります。 つまり以下のようなコマンドを実行すれば、現在のバッファを bash に渡して実行できます。% は現在バッファの名前に置き換えられて実行されます。 :terminal bash %


1

以下の記述を追加することで解決しました。 set completeopt=menuone,noinsert


1

strings typescript あるいは strings -a typescript する。 scriptreplay(1) で再生する。(要タイミング情報ファイル) vim -b typescript で開く。 あたりでどうでしょうか。


1

ここにあるとおり、 let g:lsp_text_edit_enabled = 0 とすると改善されるかもしれません。 https://github.com/prabirshrestha/vim-lsp/issues/431


1

その後色々と修正が入ったようなので、最新版を試してみるとよさそうです。 参考: https://github.com/scrooloose/nerdtree/issues/912


1

泥臭い方法ですが、 シフトする先頭行まで移動して、行数<<でシフトする。 シフトする先頭行まで移動して、<<でシフトする。あとはj.でシフトを繰り返す。 :でexになって、開始行,終了行<でシフトする。 ソースコードの場合は、整形ツールをかけて:e!で読み直します。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります