次のタグが付いている話題の回答:

2

CSS3のtransformを使用するのは如何でしょう。 video#video { -moz-transform: scaleX(1.5); -ms-transform: scaleX(1.5); -webkit-transform: scaleX(1.5); transform: scaleX(1.5); } で、横に1.5倍になります。 ただし、再生ボタンなどのコントローラも横長になります。


2

URLにトークンを付与し、有効期限を設定する が一般的だとは思います。 video要素を利用してMP4を再生可能とする以上、根本的にダウンロードを不可能にすることはできませんが、パッと思いつくものとして トークン発行のseedにUser-Agentを含め、検証時に同一User-Agentのみ許可する curl/wget などによるダウンロードを制限できます などが挙げられます。が、いずれも悪足掻きレベルと言えます。


1

可能です。 HTMLにおけるリソースは原則としてリダイレクトをサポートしています。(spec) リソースにアクセスが結果がリダイレクトだった場合、ブラウザはリダイレクト先のURLにアクセスして結果を表示します。 注意点として、 リダイレクトはHTTPリクエストが2回以上送られるため、パフォーマンスが低下します。 アクセス先にリダイレクトループが検出された場合、ブラウザによってリクエストが打ち切られます。 また、リダイレクト先がクロスオリジンなURIである場合は、通常のクロスオリジンのアクセスと同じ注意が必要です。例えば、 video要素はクロスオリジンなファイルを再生することができますが、JavaScriptなどから直接データを取得することはできません。 ...


1

こんな感じでどうでしょうか。 キーが押されたら動画の一時停止・再生をトグルさせたいと理解したので、コードを少し書き換えています。 <!DOCTYPE html> <div id ="movie"> <video id="player" src="video play test.mp4" controls loop></video> </div> <script type="text/javascript"> document.onkeydown = keydown; function keydown(key){ var v = ...


1

データベースがRDBならば、ラージオブジェクトやLOBに格納するのが一般的だと思います。 ※RDBを使うことが前提の場合です、動画データのファイルをファイルシステム上に置いておいて、そのパスをテーブルで管理する方法もよくあります。


1

環境が不明ですので例示はしませんが、時間指定オプションを動的に生成するスクリプトをつくればそういった複雑な処理も可能です。 ここではffmpegだけでできる方法を述べます。時間指定-ss/-tで動画全体の範囲を制約して、segmentフォーマットで分割処理をすることで、回数指定に近いことができるとおもいます。具体的には $ ffmpeg -i input.ts -ss 0 -t 300 -f segment -segment_time 60 output_%02d.ts のように指定します。この場合、input.tsの時間にかかわらず、冒頭5分間を1分ごとに、すなわち5回分割します。残りの部分は $ ffmpeg -i input.ts -ss 300 output_remain.ts で取得できます。...


1

参考までに、勝手にダウンロードされない為のサーバー側phpでのサンプルです。  ※あらかじめcookieをloginしたときなどに、セットしておく事が動作条件で  動作確認する為のサンプルです。 制限条件などを検討、追加する必要があります。 呼び出し <video src="hoge.php?f=sample.mp4"></video> hoge.php //setcookie("test", time(), time());//loginしたときなどに、セットしておく //エラーは、手の内を明かしてしまうので、今回は出力しない。 $file = ''; $path = '/test/files/'; if(!isset($_COOKIE["test"])) exit; $...


1

動画等の自動再生に関して Cordova・Monacaではvideo要素等の自動再生が可能です。 video要素にautoplay属性を付けておけば、アプリケーションの起動時に自動で再生が始まります。 ただしアプリケーションの切り替えなどで再生が止まります。 再びアクティブになった時に再生を再開したいのなら、pauseやresumeなどのイベントを補足し適切に処理する必要があります。


1

HLS(HTTP Live Streaming)はPull型の映像ストリーミング・プロトコルですから、再生開始位置の判断・決定はクライアントサイド実装に依存します。HLSクライアントでライブ配信セッションを再生する場合、配信遅延を小さくする方が好ましいため、一般的には最も新しいメディアセグメントから再生開始します。 サーバサイドからみたHLSライブ配信セッションでは、ディスク容量の浪費を防ぐため、古いメディアセグメントファイルから自動削除していく運用が一般的です。ライブ配信中のコンテンツを、VoD(Video on Demand)的にコンテンツ先頭から再生したい場合、このようなメディアセグメント自動削除を無効化する必要があります。 所望の動作を実現するには、2つの方針が考えられます。 ...


1

net::ERR_NAME_NOT_RESOLVED 「名前が解決できなかった」なので、ファイルではなく、ドメインが見つからない時に表示されますね。 これには、"MSAdaptiveStreamingPlugin-v1.0.3-osmf2.0.swf" を Web サーバーにコピーし、次に示す手順を使用して HTTP 読み込みを行ってください。 とあるので、http://yourdomain/MSAdaptiveStreamingPlugin-v1.0.3-osmf2.0.swf はあなたの配置したサーバーに合わせて修正する必要があるのではないでしょうか。 yourdomain はよくプレースホルダとして使われます。


1

あまりきれいなコードではありませんが、cornerRadiusを利用する場合のサンプルです。 layer.cornerRadius = 10.0; layer.masksToBounds = YES; // Layerのboundsをビデオのサイズに合わせる CGSize videoSize = [[[_videoPlayer.currentItem.asset tracksWithMediaType:AVMediaTypeVideo] objectAtIndex:0] naturalSize]; CGRect bounds = layer.bounds; bounds.size = CGSizeMake(bounds.size.width, bounds.size.width * (videoSize....


1

CAShapeLayer を使うのがオススメです UIBezierPath *path = [UIBezierPath bezierPathWithRoundedRect:rect cornerRadius:20]; CAShapeLayer *layer = [CAShapeLayer layer]; layer.frame = rect; layer.path = path.CGPath; self.layer.mask = layer; と


1

質問者 silvermotto さんのコメントより。 Crosswalkで別のactivityを立ち上げinappbrowserのかわりとすることで対応できました。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります