次のタグが付いている話題の回答:

3

gn を使うといいかと思います(:h gn) /\/dev<Enter> '/dev'を検索 dgn 次のマッチを削除する . 繰り返し(必要な回数押す)


3

vi ファイルA ファイルB(複数ファイルを同時に指定する) yyもしくはyw(コピー) :n(次のファイルに移動) :rew(前のファイルに移動) 追加したい場所で、 p 以上で、別ファイルにコピーできます。


3

まず1つ勘違いされているのは、環境変数PATHに設定するのは(実行ファイル=コマンドの保存されている)ディレクトリ名です。もしviが/usr/bin/viに存在するなら、PATHに設定するときは export PATH="$PATH:/usr/bin"のように記述します。 ただし、/usr/binは標準パスとして設定されているはずなので、Vimをインストールしたからといってユーザが改めて設定を追加する必要はありません。今回記述したexport PATH ...はいったん削除したうえで、whichコマンドで指定したコマンドにパスが通っているかを確認してみてください。 $ which vim /usr/bin/vim 参考: which コマンド - 実行コマンドのフルパスを表示する:...


3

df/ 次の / まで削除 4x 4文字削除 vwd ヴィジュアルモードで単語一つとカーソル位置の文字を選択状態にして削除 などでしょうか。 レコーディング(マクロ)を使うならば、 qa dwx j q で 下の行への移動までレジスタ a に記録されますから、後は @a(あるいは @@)の連打で繰り返せます。


1

既にvi fileA.txtとvi fileB.txtという感じで別々に開いていて、fileA.txtからfileb.txtへコピーしたい場合です。 fileA.txtを開いているviで"*yyという感じでyankして、fileB.txtを開いているviで"*pとすると実現できます。


1

繰り返しを意識するなら、 vwd dgn のどちらかでしょうが、実際にこの削除をするなら <C-v>f/4jd 等の矩形選択を使った削除をしますね もちろんこの方法では、f/を4jはどちらが先でも構いませんし、最後のdはxでもOKです


1

vimのマクロ機能を使っては如何でしょうか。 1.devの前にカーソルを移動してqaでマクロの記録を開始。 2. dw, x,jでdevの文字列を削除、次の行まで移動します。 3.行に対する一連の操作を終えたら、qでマクロの操作を終了します。 4.@aで記録したマクロを実行します。あらかじめ実行回数が分かっていれば3@aの様な繰り返し指定も可能です。 qaの1文字目qがマクロで、2文字目は[a-z]から任意の文字を指定可能。 @aが記録したマクロの再生です。2文字目には記録した時の文字を指定します。 マクロで記録した一連の操作はまとめて1つの操作とみなされるので、.で繰り返すことも出来ます。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります