次のタグが付いている新しい回答:

1

すべてのsubとfunctionの中にdebug.printを入れる以外にないと思います。 VBAのプログラム(Module)は、"ファイルのエクスポート"でテキストファイル(拡張子は".bas")に保存できますから、テキストファイルの中にdebug.printを挿入してゆけばいいでしょう。 だいたいの手順は、 ・修正したいVBAプログラムのファイルを開く。(ファイルA) ・修正したVBAプログラムを入れるファイルを生成する。 (ファイルB) そして、以下の操作をファイルAのすべてのデータを読み終わるまで繰り返す。   ・ファイルAから1行読み出して、そこに"Sub"か"Function")が含まれていれば、     ・...


0

その程度ならVBAやVBSを使わなくても、エクセルの関数でも十分に対応可能です。 参考URL貼っておきますね。 Excelの条件付き書式でIF/COUNTIF関数と組み合わせる方法


0

VBSからエクセルを開いて、ご質問のコードを実行する場合は下記サンプルコードのような記述になります。 VBSではxlUpが使えないなど、VBAと方言の違いがあるので注意が必要です。 Sub test1(oSheet, colNo) oSheet.Cells.Font.ColorIndex = xlNone For i = 2 To oSheet.Cells(oSheet.Rows.Count, colNo).End(-4162).Row If oSheet.Cells(i, colNo).value <> "A" Then oSheet.Rows(i).Font.ColorIndex = 3 '行全体の文字を赤くする ...


1

Excel本体で提供される条件付き書式を使用することをお勧めします。条件付き書式では自身のセルだけでなく別のセルの値に応じて書式を付けることができます。 Excel本体の機能のため、いちいちVBA / VBS / Python等で変更毎に書式を再設定する必要がなくなります。


0

マイクロソフト製品からデータベースに接続するには 一般的にODBC Driverと呼ばれるものを利用します。 これを用いることで共通のインターフェースからいろいろなデータベースにアクセスすることかできます。 SQLite向けのODBCドライバは下記のURLからダウンロードできるようです。 http://www.ch-werner.de/sqliteodbc/ ただその組み合わせについてはSQLiteForExcelというソフトウェアも有名なようです。 https://github.com/govert/SQLiteForExcel 英語が読めるならダウンロードしてチュートリアルやサンプルを追ってみるのがいいですし、製品名で検索すれば国内で利用されている方が見つかると思いますので調べてみてください。 https:/...


0

とっかかりということですので、システムの設計だけを考えましょう。 煩雑になるので処理の内容を細かく記述することはしません。 まず、仮定を置かせていただきます。現実と齟齬があるかもしれませんがご容赦ください 設定がパラメーターシートに入る これは頻繁に変更されるが最新のものと比較すればよい コンフィグは複数ありバージョンアップが頻繁にある ここでは単純にするために名前と、IPとサブネットの組を比較するシステムを検討します テーブルは以下のものをパラメーターシート(テーブルA)とコンフィグ用(テーブルB)に準備するものとします。 パラメーターシートの管理方針は、'name'は同じ設定間で統一し'create_date'で世代を管理するものとします。 コンフィグの管理方針は'name'で機器を管理し、'...


上位 50 件の最近の回答が含まれています