次のタグが付いている話題の回答:

14

歴史的には.NET Framework 3.5の時期に 言語機能の差が一時的に大きくなった(yield、自動実装プロパティ等) Windows Phone SDKなどでVB対応が後回しにされた とVBが機能的に大きく劣っていた期間があり、VB.NETを利用していた企業もC#に流れたのもこの頃という印象です。 両言語機能は当時導入されようとしてたLINQやLINQベースのORMに欠かせないものであり、VB.NETでは最新技術を生かせないという状況がしばらく続いていました。 このギャップは.NET4.5までに徐々に解消するのですが、その間にC#側にdynamic機能が追加されたため、VBのメリットも失われてしまった格好です。 なお個人の主観的な意見としては、C#で public TItem this[...


10

Visual Studioの不具合だと思われるので、Microsoft ConnectかWindowsフィードバックに報告のうえ、修正されるまでは自分で回避するしかないと思います。 原因を説明するとフォーム上にButton1を配置すると、.designer.vbに以下のようなコードが生成されます。 Friend WithEvents Button1 As System.Windows.Forms.Button このWithEventsフィールドはVB文法上はフィールド扱いですが、値の代入時にイベントハンドラーの設定が行われるため、内部的にはプロパティとなります。このButton1プロパティに対して生成される予約メソッドset_Button1の存在を想定していないため、...


9

文法が分かりやすいかどうか、アプリケーションが開発しやすいかどうかは主観的な問題ですので置いておきます。 C#とVB.netは機能的に大きな差があるわけではありません。しかし言語の人気に大きな差がありますので、わざわざ人気がなく情報量の少ないVB.netを選ぶ理由があまりないと言えます。 ではなぜC#の方に人気が出たのかという理由はちょっと難しいですが、私の思いつく限りでは、 JavaやC++を利用している人には文法的にC#の方が馴染みやすい MonoのVB.netへの対応がC#に比べて遅いため、Windows以外の環境も考慮するとC#のほうが利用しやすい ということになると思います。


7

もうちょっと低いレベルの話題を出しておきます。 個人的には、変数スコープの違いが言語の違いを作っているのではと考えています。 従来C言語では変数をスコープの先頭に記述する制限がありました。その制限を何をどう勘違いしたのか関数の先頭と思い込み、結果、C言語や(元より制限のない)C++言語において関数の先頭にずらずらと変数を並べるスタイルのソースコードをちょくちょく見かけます。仕様をきちんと理解している人から見ると「わかってない人が書いているな」とそのソースを避けたくも思うはずです。 スコープの概念そのものはとても重要でJavaScriptのようにブロックスコープが存在しない場合、強引な手を使ってでもスコープを実現するわけですし。 さてVB言語も似たような状況で、...


6

まず、テキストをどう保持してどう描画するかはアプリケーションによって様々ですから、「ウィンドウハンドルを渡せばウィンドウに表示されているテキストを取り出せる」といった汎用的なAPIは存在しません。 cmd.exe をはじめとするコンソールアプリケーションの場合、例のウィンドウはWindowsが管理しているのでコンソールに表示されている文字を読み取るAPIもあります。ただし「現在のプロセスのコンソールウィンドウから読み取る」という形になるので、 AttachConsole() で対象のプロセス(cmd.exeなど)のコンソールウィンドウにアタッチし、 GetStdHandle() でスクリーンバッファのハンドルを取得し、 GetConsoleScreenBufferInfo() ...


6

p.StandardOutput.Read(およびReadLine)メソッドは実際に入力(外部プロセスから見れば出力)があるまで現在のスレッドをブロックしてしまうので、フォームアプリ等のメインスレッドで使用してはいけません。 非同期に読み込みを行うにはReadAsyncメソッドを使ったり、別スレッドを起こしてRead/ReadLineしたりといった方法がありますが、手軽なのはBeginOutputReadLineを使ってイベントとして入力を受け取ることかと思います。 とりあえず下記コードで入出力はできることは確認しました。 それと、VB.NETにおいて"\r\n"は改行コードを意味しません。文字通り\r\nという文字列を書き込んでいるだけになってますのでそこも修正しています。 Private Sub ...


5

以下のようにPropertyDescriptorをPropertyGridから要求されても渡さないようにすれば表示されないようにできます。 また、プロパティへのアクセスがPropertyDescriptor経由であることを利用すれば、全く異なるオブジェクトのプロパティを表示させることも可能です。 これらの方法を使うことで、元のオブジェクトに手を加えること無しに表示/非表示を変更できるようになります。 Imports System.ComponentModel Public Class Form1 Sub New() Dim pgs As PropertyGrid() = {New PropertyGrid(), New PropertyGrid(), New PropertyGrid(...


4

まず.NETで外部プロセスを起動する場合System.Diagnostics.Process型を使用します。 Dim p As new Process() p.StartInfo.FileName = "mysql.exe" p.Start() この際にプロセスにパラメーターを渡す手段としては2つの方法があります。1個はコマンドライン引数です。 p.StartInfo.Arguments = "hoge fuga" p.Start() これはコマンドプロンプトでmysql.exe hoge fugaと入力した場合と同等の動作となります。 またコマンドライン引数ではなく、起動後に入力を求められるタイプのプロセスとは標準入力で通信します。 p.StartInfo.UseShellExecute = ...


4

PictureBoxを使わずにWndProcをオーバーライドしてWM_PAINTメッセージで自前で画像を描画を行うと重ね描きが可能です。 Public Class TextBoxEx Inherits TextBox Private bmp As System.Drawing.Image = System.Drawing.Image.FromFile("test.png") Protected Overrides Sub WndProc(ByRef m As Message) MyBase.WndProc(m) Const WM_PAINT As Integer = &HF Select Case (m.Msg) ...


4

現実問題としてC#で開発されたプロジェクトや資産が多く、またC#を理解できる人間が多いというのが表向きの理由かと思います。 ではなぜC#のほうが人気なのかという部分についてですが、これは客観的な理由よりも主観的な理由の方が大きい気がします。 私の周囲でもWindows向けの開発あるいはWindows Serverを利用したWebアプリケーションの開発では、C#の採用数がVB.NETに比べるととても多いです。大抵の場合、 VB.NETは古い VB.NETは遅い(実際にはC#と違いが出るかは疑問です) VB.NETは初心者向けなので、できることが限られている(どうなんでしょう) といった理由、あるいは暗黙の了解的なものでC#が選択されています。私自身もはじめて.NETを使うことになった際、あまり考えずにC#...


4

XPathの//はXLINQのDescendants拡張メソッドに対応します。この場合はXML名前空間が設定されているのでXNameを明示的に作成する必要があります。 []にはLINQのWhereを使用し、XElement.Attributeメソッドで属性を取得します。 Dim d = XDocument.Parse(html) Dim targetTrs = d.Descendants(XName.Get("table", "http://www.w3.org/1999/xhtml")) _ .Where(Function(e) e.Attribute("class")?.Value = "o1") _ .Descendants(...


4

Visual BasicではXML対応しているため、別の記述が可能です。 まず、XML名前空間についてはImport構文で指定可能です。 Imports <xmlns:xhtml="http://www.w3.org/1999/xhtml"> 次に//xhtml:tableについてはXML子孫軸プロパティで指定可能です。 Dim htmlDoc As XDocument = XDocument.Load(sgml) Dim targetTables As IEnumerable(Of XElement) = htmlDoc...<xhtml:table> 次に[@class = 'o1']についてはWhereを使えますがその際XML属性軸プロパティが使えます。 Dim ...


3

yhataさんの指摘も踏まえて回答を改めます。 String結合を無制限に繰り返すことが原因でOutOfMemoryExceptionが発生する場合ですが、例外が表しているようにメモリ不足の可能性があります。32bitアプリケーションでは2GBのメモリを使用できますが、その全てがデータに使えるわけではないため、それよりも少ない使用量でもOutOfMemoryExceptionが発生します。 Stringの代わりにStringBuilderを使用することで処理速度は向上しますが、処理可能なデータ量はほぼほぼ改善されません。結局、処理方法を抜本的に見直す必要があります。少なくともString結合を無制限に繰り返すことはできません。 必然的にString結合はある程度、少量に抑えられることになるはずですが、...


3

「String文字列の連結にはStringBuilderを使うのがいいですよ」と回答を書こうとしてコード例を作ったところ、件数が多すぎてStringBuilderを使ってもOutofMemoryExceptionが出てしまいました。 件数が多くてメモリ上で全件を処理できない場合、行ごとに処理をするよう発想を変えるのがベターだと思います。 この方法なら数100万件を超えても、ディスク容量の許す限りエラーにはなりません。 ※分散処理でDBにでも格納するのがベストかもしれませんが、環境のセットアップなどが必要になるためここでは扱いません。 以下は C:\tmp123456789.txt というファイルを一時的に書き出して、各行ごとに処理してからファイルを消すサンプルコードです。 ...


3

文法等分かりやすいのはVB.NETだと直感的に思っていて アプリケーションを開発しやすいのもVB.NETだと勝手に思っています。 そうは思いません。VBとVB.NETは別物です。 世の中に多く存在するであろうC/C++/Javaなどの開発者にとってC#の方がとっつきやすいと思います。 (1)VB.NET登場時、旧VBとの言語的な差が大きく、どうせ覚えるなら.Netのために新しく作られてオープンな規格であるC#を勉強した方がいいよね、という流れになった。 [補足] 当時VBが流行っていたのは、プログラミングスキルの低い人でもGUIアプリケーションを簡単に作れる、Microsoft製言語というのが理由だと思います。 しかし、VB.NETになって本格的なオブジェクト指向言語になった結果、習得難易度も増し、...


3

技術的な回答は多く出ているので、人的リソースの視点で書かせて頂きます。 VB6→VB.NETの移行期に活躍したプログラマーは現在既にいいお年で、新たにC#を習得させるコストを払うより現状維持または職種変更してもらい、C#erは外から調達する企業が多いのではないでしょうか。 一部の優秀なプログラマーは除外しますが、日本の人月ビジネスが消費してきた「コーダー」については上記のことが言えると思います。


2

標準ライブラリにはコマンドラインオプションを解析するものはまだなかったと思います(一度間違ってCTPに登場したことがありましたが)。 しかし GetOptの.NET版を含め有志で作成されたライブラリがいくつか公開されています。 GetOpt 系 codeplexに Gnu GetOpt.Net があり、nuGetでも検索するといくつか出てきますね。 NDesk.options / Mono.Options NDesk options は、Monoでも使われています( source - Authorsに jpyorがいる)。 nuGetからもインストールできそうです(公開しているのは作者自身ではないみたいですが)。 background みると Perl の GetOpt ...


2

AddHandlerステートメントを使って動的に生成するタイミングでToolStripMenuItemにイベントハンドラーを追加すればよいです。 ' Dim item As ToolStripMenuItem AddHandler item.Click, AddressOf item_Click … Private Sub item_Click(sender As Object, e As EventArgs) … End Sub


2

レポートデザイナでIFieldObjectを選択し、プロパティウィンドウでRoundingTypeプロパティをcrRoundToTenth(十分の1)にします。 ついでに表示される小数点以下の桁数を変更する場合はDecimalPlacesプロパティで変更できます。 コードで変更する場合は以下のようにできます。 Private Sub CrystalReport1_InitReport(sender As Object, e As EventArgs) Handles CrystalReport1.InitReport Dim report As ReportClass = CType(sender, ReportClass) For Each sec As Section In report....


2

そちらの環境で、どこに(何に)一番時間がかかっているのかわからないので何とも言えませんが こちらで試した範囲ではブラウザでのレンダリングが一番時間がかかっていました なので、クライアントと回線を高速なものにする、が回答だと思います DataTableとListの差は誤差程度でした ViewStateを無効にすることで、出力されるHTMLはかなり削減されるので、速度アップには効果はあるとは思います ただし、転送時間は確かに変わりますが、ブラウザでのレンダリング時間はそう大差ありませんでした 提示されている範囲では、ViewStateを無効にしても影響があるとは思えません(まあ、テキストボックスがありませんが) 次画面から戻ると言うのがどういう処理を想定してるのか解りませんが、...


2

.NETであれば、PostSharpはいかがでしょうか。 商用目的でも無料(このページの「Can I use PostSharp Express for commercial products?」)で使えます。 無料版は機能制限がありますが、ログ出力であれば十分だと思います。 C#の例で申し訳ないですが、こんな感じで使います: [MyLogging] public class ClassX { public int MethodA(...) { ... } } MyLogging属性はPostSharpのライブラリにあるクラスを継承して自分で作ります。 public sealed class MyLoggingAttribute : ...


2

例えば、こんな感じ Imports System Imports System.IO Imports System.Diagnostics Module Sample Sub Main() Dim myProcess As Process = new Process() myProcess.StartInfo.CreateNoWindow = true 'ウィンドウを作らない myProcess.StartInfo.FileName = "cmd.exe" myProcess.StartInfo.UseShellExecute = false myProcess.StartInfo....


2

不可能です。 例えば DB の接続情報は、アプリケーションには必要ですが利用者には見せたくありません。 接続にはDbConnectionクラスまたはその派生クラス(例えばSQL ServerであればSqlConnectionクラスなど)を使うと思いますが、デバッガーをアタッチしブレークポイントを置いてConnectionStringプロパティを参照してしまえば、復号された接続情報を読むことができます。 DBの接続情報に限らず、いかなる暗号化もこの方法には無力です。 デバッガーのアタッチを拒否する等の特殊な対策もあるかもしれませんが、結局はイタチゴッコでしかありません。 定石という程ではありませんが、確実に秘匿したい情報・処理は別サーバーで実行し、...


2

他の方もコメントされていますが、メンバーの経験を優先した方がいいとは思います。とはいえ、200人月x5ヶ月とのことで、200人 or 40人となるとまとまらないかもしれませんね。 その上で、「言語の優位性について」答えてみたいと思います。 プログラミングでは一般的に式;expressionと文;statementとがあります。Visual Basicはご存知のように構文が冗長です。つまりC#言語であれば式でシンプルに記述できるような内容が、冗長が故に文で記述する必要が出てきたりもします。 例えばi++であれば式であり、他の式と組み合わせることもできますが、i = i + 1なら文として完結させてしまうでしょう。 またC#言語の方が開発が活発です。Visual Studio 2017とともにC# 7....


2

言語機能の差で選ぶべきではないという意見はその通りだと私も思いますが、C#を選択する(VB.Netを選択できない)理由として、unsafeがあると思います unsafe必須であるなら言語選択の余地はありません それ以外の機能差として、拡張メソッドの参照渡しとか、匿名型のkeyプロパティとか思いつきますが、新規設計/作成なら言語を決定するほどの要素ではないと思います 開発規模が、200人×5ヶ月=1000人月なのか、40人×5ヶ月=200人月なのかわかりませんが、この開発規模で単一のアセンブリしかないとは考えにくいので、アセンブリごとに違う言語で開発するということも可能であることは考慮しといて損はないと思います


1

キー入力はWindow Messageひとつで完了するような単純なものではありません。key down / key upだけでなく、Shift / Ctrl / Altなどのキーの状態管理などいろいろな操作が必要です。ネイティブコードであればSendInputを使用しますが、.NETであればSendKeys.SendWaitが用意されているのでこちらを使うのが楽でしょう。その際、Enterキーについては{ENTER}と記述するなど、特殊キーの扱いについてはSendKeysクラスの解説を参照してください。 その上で、キー入力はアプリケーションに紐づくものではなく、アクティブなウィンドウに対して行われるものですので、事前にSetActiveWindowにて設定する必要があり、...


1

一般論としてはSetWindowsHookExでフック可能です。 しかしVisual Basic.NETでSetWindowsHookExを呼び出す場合、VBではネイティブDLLを作成することが出来ませんので、引数として指定できるのは低レベルフックのWH_KEYBOARD_LLとWH_MOUSE_LLに限られます。 なのでメッセージをすべてフックするような純.NETアプリの実装は不可能だと思います。


1

背景を透過させて、行ごとに背景を描画 vb Friend Class RichTextBoxEx Inherits RichTextBox Private Const WM_PAINT As Integer = 15 Private Const WS_EX_TRANSPARENT As Integer = 32 Private Gray As Brush = New SolidBrush(Color.FromArgb(255, 240, 240, 240)) Protected Overrides ReadOnly Property CreateParams As CreateParams Get Dim parms ...


1

VSTOのリボンには読み取り専用になるプロパティがいくつか存在します。Items自体は記載されていませんが、GroupsやTabsなどの他のコレクションプロパティが指定されているので同様の仕様なのだと思われます。 なのでボタンイベントに応じて項目を増減させたい場合、ボタンの追加は諦めてリンク先に記載のあるDynamicプロパティをTrueに設定したRibbonMenuで妥協するしかないと思われます。 またボタンの追加タイミングが起動時だけでよいのであればRibbon1のコンストラクターではまだ読み取り専用となっていないので変更が可能です。 ' 以下のコードをRibbon1.designer.vbからRibbon1.vbに移動する Public Sub New() MyBase.New(...


1

既に起動しているプログラム(この場合はコマンドプロンプト)を操作しないとダメですか? 自分でコマンドプロンプトを起動して希望する動作をさせる、ほうが圧倒的に簡単ですよ。 http://dobon.net/vb/dotnet/process/processwindowstyle.html http://dobon.net/vb/dotnet/process/standardoutput.html


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります