次のタグが付いている話題の回答:

2

ユーザーコントロールの this.DataContext = this; を削除してみて下さい。 DataContext が意図しないものになっているだけの様に思えます。


1

WindowsにはCredential Managerという資格情報を保存する機能が提供されています。Internet ExplorerやEdge、Google ChromeなどがWebのパスワードなどを保存するだけでなく、Skypeなど対応しているアプリケーションも資格情報を保存する際に使用しています。これらはコントロールパネルの「資格情報マネージャー」から確認することができますが、一部表示されないものもあります。 Password​Vaultもこれらを扱うためにクラスかと。資格情報保管ボックスも参照ください。


1

すでに他の方の回答にある通りですが、以下の2つの制約から提示されているコードを実行するのは難しいように思います。 UWPのコードから直接Process.Startメソッドを使うことはできない アプリパッケージ外の実行ファイルの起動は許可されていない 1の制約を回避するためには、まずFullTrustProcessLauncherで.NETアプリを起動させて、そこからProcess.Startを使う必要があります。 2の制約を回避するためには、PythonスクリプトをPyInstallerなどでexeファイル化しておく必要があります。 この辺の詳しい手順や注意事項、実際にMicrosoft Storeに提出したリファレンスアプリなどを記事にまとめましたので、もしよければご覧ください。 ...


1

コメントで紹介した記事と、さらにその前段記事の組み合わせで動作させられるようです。 確認したわけでは無いのと2年前の記事なので変わっているかもしれないので、これらを参考に試してみてください。 ポイントになりそうなところを抜粋しておきます。詳細は記事を参照してください。 Desktop Bridge のアプリで UWP から同じパッケージ内の exe を起動する方法 プロジェクトの設定 LaunchApp プロジェクトのアプリケーションの右クリックメニューから参照の追加で、LaunchApp.UWP と LaunchApp.WPF を追加します。 マニフェストへの exe の登録 LaunchApp プロジェクトの Package.appxmanifest ...


1

Windows10向けにビルドしてWindows10で動作させる限り、ご質問の動作は仕様と考えられます。 WebViewクラス説明に以下の記述があり、Windows10ではEdgeのエンジンで動作するとあります。 WebView Class | Remarks In apps compiled for Windows 10, WebView uses the Microsoft Edge rendering engine to display HTML content. In apps compiled for Windows 8 or Windows 8.1, WebView uses Internet Explorer 11 in document mode. ここで、...


1

CreationCollisionOption パラメータに GenerateUniqueName の代りに FailIfExists を指定してみてはどうでしょう。 例外が発生したら、警告で選択肢表示し、選ばれた対処を行うとか。 CreationCollisionOption Enum Fields FailIfExists 2  ファイルまたはフォルダがすでに存在する場合はSystem.Exception型の例外を発生させます。  CreationCollisionOption列挙から明示的に値を渡さないメソッドは、ファイルまたはフォルダを  作成、名前変更、コピー、または移動しようとするときに、FailIfExists値をデフォルトとして  使用します。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります