次のタグが付いている新しい回答:

0

USB は Host と Function で行うことが全く違う非対称システムです。 PC は原則ホストにしかならないので、キーボード (=Function) の役をやらせようとすると考えなければならないことが一気に増えます。それはすなわち必要とする前提知識が一気に増える=技術的困難が増す、ってことになります。お試しで作ろうとするにはいささかハードルが高い(高すぎる)でしょう。 更に、技術的でないが障壁の高いところとしては、今の Windows 10 x64 (64bit windows) においては「デバイスドライバ」にはデジタル署名が必須(=購入しなければならない、つまり有償)であって、個人レベルで実用的なドライバ開発するのはいろいろと困難が伴います。 PS4 ...


0

昔、仮想キーボードを作ってレベル上げを自動化していた者です(笑 結果からいえばWindowsプログラミングでも努力次第で可能です。 仮想であれデバイスをPCで動作させるとなると少なくともドライバ開発が必要になります。 それをPS4にキーボードとして認識させたいならUSBTypeCを使用しての仮想キーボードの実装となります。 Windowsプログラミングの一種とも言えるような気がしますが全くの別世界であると認識するべきでしょう。 主流な方法だとKMDFもしくはUMDFというフレームワークを使用し実装します。使用する言語はC言語/C++です(最近は改善されたかも知れませんが)。 USBTypeCをどう実装するかはすみませんが私は知りません。 ドライバ開発は結構闇が深いです。教えてくれるブログも無く簡単に積みます。...


上位 50 件の最近の回答が含まれています