次のタグが付いている話題の回答:

6

接続中のデバイス名はlsusbを実行することで取得可能です。関連質問 製品のプロダクト名称を取得するならばlsusb -vで下記のように取得可能です。 idProduct 0x0002 Virtual USB Hub またudevという仕組みを利用して/etc/udev/rules.d/以下のデバイスファイルを作成し、idVendorとidProductを元にsymlink(シンボリックリンク)を作成することで任意のデバイス名を作成し、USB製品を繋ぎ直すたびに名称が変わることを防ぐのが一般的な管理方法です。


3

Python でどうしたいのかよくわかりませんが C# というところだけ反応してみます。とりあえず勝手に Form App を仮定してしまいます。 Windows で Plug&Play デバイスの着脱があると (USB に限りません) 、トップレベルウインドウに対してウィンドウメッセージ WM_DEVICECHANGE が送られる仕様となっています。 FormApp であれば Form1.cs 中にて WndProc をオーバーライドすればハンドルすることができます。 public partial class Form1 : Form { ... } の ... 中において enum WINDOW_MESSAGES : uint { WM_DEVICECHANGE = 0x0219, } ...


2

あなたの問題の場合、プラグアンドプレイ処理が働いてレジストリが書き換えられるタイミングと、プログラムでSerialPort.GetPortNames()を呼び出すタイミングが衝突した際に、例外が発生している可能性が考えられます。 以下にご質問とは別の現象ですが、MSDNフォーラムのQ&A記事があり、SerialPort.GetPortNames()を呼び出す処理を書いてデバッグした際に、だいたいは上手くいくけれど、ポートの変更によりレジストリが変更された場合、またはPC(質問ではラップトップ)を再起動した場合は、返される文字列が壊れて通知される、とあります。 Problem when using SerialPort.GetPortNames MicrosoftからMCC,...


2

手元で実験していないので的外れな回答かもしれませんが, bufferoff: DW 0x0820 で 0x8200 を指定していないのが気になりました. http://oswiki.osask.jp/?(AT)BIOS によれば,ここに指定するのはオフセットなので, セグメントセレクタのように勝手に 16 倍される,というようなことはないはずです. 最後に JMP 0xc200 を実行していることからも,本当にやりたいのは bufferoff: DW 0x8200 なのではないでしょうか. ※qemu monitor という機能を使うとメモリの中身をダンプすることができますので,  ディスクを読み終わった時点で永久ループさせておいてメモリダンプしてみると,  ...


2

--privilegeで解決できました。ご協力ありがとうございました。


2

Windows 10 Pro(またはそれ以上のエディション)前提で話をします。 BitLockerで鍵をパスワードでは無くファイル(または資格情報)にして、その鍵ファイルがあるPCでしか開けないと言うことはできそうです。しかし、鍵ファイルがコピーされたら終わりですし、USBからファイルを取り出せないといった制限を行うことはできません。 ファイルを取り出せないなどの制限を掛けたいのであれば、もっと総合的な暗号化ソフトを用いる必要があると思います。私が知っている製品でできそうなのは日立ソリューションズの秘文シリーズと富士通ビー・エス・シーのFENCEシリーズです。これらの製品については、ここで聞くより、日立系や富士通系の営業に相談した方が早いと思います。


2

ご教授情報を元に、Visual Studio Code(VS code) GUIからも確認と変更ができる事がわかりました 1. VS codeでワークスペースを開いた状態で、左の方で、ワークスペースのファイルリストがある所で右クリック 2. Spresense: SDKコンフィグ を選択 3. SDKコンフィグが開き、一番上の方にスクロールすると、検索蘭があるので USBMSC を入力する 4. 少し下の方にスクロールすると SYSTEM_USBMSC の項目がありチェックボックスがあります この例ではチェックボックスを有効にし USBMSC が使えるカーネルを作れる様にする 5. これを有効にしカーネルのビルドを実行 アプリケーションのビルドを実行 ビルドと書き込みを実行すると ターミナル nsh ...


1

Spresense SDK 環境 で USB MSC 機能を使って SD カードをマウントする場合、 SD カードのコンフィグは有効にした状態で、menuconfig を起動します。 $ cd spresense/sdk $ ./tools/config.py device/sdcard -m SDK Configuration 画面で、System tools > USB Mass Storage Device Commands を有効にしてビルドしてください。 SD カードを挿入して、拡張ボード側に USB ケーブルが刺さっている状態で、NuttShell プロンプトから "msconn" コマンドを打つと、USB MSC 機能が使用できます。 nsh> msconn ...


1

パーティションのデータを維持したままの操作は parted コマンドや、その GUI フロントエンドの GParted が有名です。 Mac 環境では試したことがありませんが、Windows であれば実際にリサイズ等を実施したことがあります。 ただし元のファイルシステムによっては移動やリサイズが不可な場合もありますし、この手の操作を行う場合には万一に備えて事前にバックアップを取っておくことをお勧めします。 Mac だと直接 GParted を入れるのは難しそうですが、VirtualBox や Docker 上で動かしたという方法もあるようです。コマンドでの操作でもよければ若干操作の難易度は挙がりますが、parted コマンドを試してもよさそうです。 参考: Install GParted on a mac ...


1

確かに、User Manualは情報がほぼ無いですね。 ICそのものの話だから、ソニーに直接問い合わせたほうが良いかもしれません。 以下のページで、 https://developer.sony.com/ja/develop/spresense/purchase-inquiries ビジネス連携に関するお問い合わせや、CXD5602/5247 を用いた製品の開発にご興味のあるお客様、製品に関するお困りごとについては、ソニーセミコンダクタソリューションズ(株)のお問い合わせフォームをお使いください。 と、ICのことで困ってたら、という文言があるので、こちらに問い合わせてみるしかないように思います。


1

該当の製品はかなり古いもののようで (2015年~16年頃)、対応 OS も Windows XP や Vista 止まりで 公式サイト 上では検索しても見つからず、既にラインナップやサポートから外れているようです。 そもそも想定しているような開発者向けの利用方法がサポートされているのかをまずは確認すべきではないでしょうか? (恐らくは製品のユーティリティ経由での利用しか対応していないような気がします)


1

間近に迫ったWindows10のアップデート(20H1)でネットワークカメラのサポートが行われるようです。 Windows 10 デバイスへのネットワーク カメラの接続 (ビルド 18995) Announcing Windows 10 support for Network Cameras! Connecting Network Cameras to Windows 10 Devices ONVIF Profile SとかRTSP Uniform Resource Identifierといった仕様をAndroid側で実装していると、Windows10 (20H1)以後はネットワークカメラとして使えるようです。 その場合はAndroid側での開発だけで出来るのではないでしょうか。 ONVIF / ...


1

Androidでゲームコントローラに関連する記事はこちらでしょう。 ゲーム コントローラをサポートする | Android デベロッパー>ドキュメント>ガイド プレーヤーが自分のお気に入りのゲーム コントローラを使用できるようにすることで、ゲームのユーザー エクスペリエンスを大幅に高めることができます。Android フレームワークには、ゲーム コントローラからのユーザー入力を検出して処理するための API が用意されています。 このクラスでは、各種の Android API レベル(API レベル 9 以上)においてゲーム コントローラを使ってゲームを同じように操作できるようにする方法と、アプリで複数のコントローラを同時にサポートすることによってプレーヤーのゲーミング ...


1

VID は usb.org から分け与えてもらうもの PID は各メーカーで割り振るもの VID/PID が違うということはドライバ INF ファイルの作り直しになること 今どきはドライバや CAT ファイルにデジタル署名が必要であること から、末端ユーザーが VID/PID を変更することはあり得ません。 カメラの識別方法ですが - IOCTL で製造番号を取得する - どのハブのどのポートにどのデバイスが接続されているかは順番にたどっていくことができる - キャリブレーションの際にそれぞれに違う画像を使って自動認識 ハブとポートを認識、でよければ Windows なら USBVIEW.EXE を調べてみてください。 Linux なら lsusb とか。


1

普通、USBとシリアル通信の間を仲介する専用のICが使われており、そのICに対応したドライバを使います。 例えば、Future Technology Devices International(FTDI)社製のUSBシリアル変換チップは、よく見かけます。 そうしたよく使われるチップ用のドライバは、メーカーが提供している場合があるので自作しなくて済みます。 まず、どんなICが使われているのかを調べて、その型番と「ドライバ」でWeb検索してみると良いのではないかと思います。


1

tanalab さんが共有しているリンク で、おそらくうまくいくだろうとは思っていますが、前提が必要だと思います。 上記のリンクでは、どうやっているかというと、 USB 接続のデバイスファイルをコンテナの中にマウントしてやることで解決しています。 これは、少なくとも、コンテナである linux と ホストである OS の間で、 /dev/ の取り扱い方が一致している必要があります。なので、ホスト OS が、例えば mac だったり Windows だったりすると、かなり面倒臭くなるのではないか、と思っています。原理的に、ホストがコンテナと同じ(あるいは互換性のある) linux カーネルを使っている場合は、たぶん上手くいくと思います。


1

私もそれほどAndroid MIDIに詳しい訳ではないのですが… 私が試した限りでは、以下の2製品はAndroid MIDI APIで認識されました。 Roland UM-ONEmk2 (https://www.roland.com/jp/products/um-one_mk2/) Mugig UX-16 (https://www.amazon.co.jp/Mugig-MIDI%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB-1-95m-USB-MIDI%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%82%B9-UX-16/dp/B074YYV8T5) ※...


1

lsusb コマンドでどのポートに何が接続されているか調べられます。 ただ lsusb と実行すれば一覧を表示します。 lsusb -D /dev/bus/usb/007/002 のようにデバイスを特定すると詳しい情報を表示します。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります