次のタグが付いている新しい回答:

4

最近のLinuxであればdateコマンドの--dateオプションにて未来、または過去の日時を (文字列で)指定して結果を取得できます。 manマニュアルのオプションから抜粋 -d, --date=STRING 「現在」ではなく、STRING で指定された時刻を表示する 例: > date --date '1 day' # 1日後 > date --date 'tomorrow' # 1日後(単語で指定) > date --date '2 days ago' # 2日前 2 days agoじゃなく2 day agoでも動きます。また、@metropolis さんがコメントしたようにマイナス指定でもいけるようです。表示形式は通常通り、...


上位 50 件の最近の回答が含まれています