次のタグが付いている新しい回答:

1

自分でチェックせずに、サーバーサイドにインストールしたウイルス対策ソフトに任せてしまうとか。有名な 45.1.zip であれば今どきのアンチウィルスソフトはみな検出してくれるようです。 より新しい非再帰構造 zipbomb であっても https://security.srad.jp/story/19/07/16/1351248/ によれば unzip 自体も対応済みとか。記事が書かれた当時に対策ソフトの対応まだでも、今頃はきっと対応済み(であろうことを強く期待する)


3

unzipコマンドの-lや-Zオプションを使えば、アーカイブを展開せずに中身のファイル一覧や展開後のファイルサイズを確認することができます。 身構えてチェックする必要はありますが、不必要にファイルサイズが大きかったり、ZIPの中にZIPが入れ子になっているようなケースは確認できるのかなと。


1

容量の小さいループバックデバイスを作って、その中に解凍するようにしたらいいのでは。 正常なら解凍ファイルを所定の位置に移せばいいし、爆弾なら解凍プロセスがエラーになるので分かるはずです。


上位 50 件の最近の回答が含まれています