次のタグが付いている新しい回答:

3

「オンライン」という言葉はネットワークに繋がっている状態以外に、単にデジタル化された状態を指すことがあります。 また、Unixシステムのマニュアルに関しては、マニュアルのデータが入っている /usr/share ディレクトリをマシン間で共有する運用も昔はよくありました。 Weblio 「オンラインマニュアル」


0

Linux 5.3+ 限定ですが pidfd_open(2) で開いて監視しておけば OK かと。 もしくはこれも Linux 限定だと思いますが /proc/<PID> に chdir(2) (cd) しておいて . が存在するかをポーリングで確認。該当プロセスが終了すると . には ENOENT でアクセスできなくなります。なお、inotifywatch(1) (inotify(7)) で `/proc//* 下のファイルへのイベント監視を試してみましたが、有用なイベントを補足できませんでした。 https://github.com/fumiyas/home-commands/blob/master/pwait


2

【回答】 yyyymmddhhmm形式の文字列をyyyy-mm-dd hh:mm形式に変換し、date +%s --dateを実行するコードです。 【コード】 unitime='200501010000' date_time=$( printf "%s" ${unitime} | { read -n 4 yyyy read -n 2 mm read -n 2 dd read -n 2 HH read -n 2 MM printf "%s-%s-%s %s:%s" ${yyyy} ${mm} ${dd} ${HH} ${MM} } ) date +%s --date "${date_time}" 【結果】 1104505200 POSIX ...


4

「--date」に与える引数が空白を挟んで分割されて「--date 2005-01-01」と「00:00」と別れて解釈されているのが原因です。日付文字列をダブルクォーテーションで囲んであげれば良いと思います。 unitime='2005-01-01 00:00' ; date +%s --date "$unitime" 1104505200


0

trapの-も標準入出力とは無関係です。 【BASH_BUILTINS(1) General Commands Manual】 trap [-lp] [[arg] sigspec ...] シェルがシグナル sigspec を受け取ると、コマンド arg が読み込まれて、実行されます。 arg が存在しない (かつ sigspec が一つ指定された) 場合か、 arg が - の場合、 指定されたシグナルは全てオリジナルの動作 (シェルの起動時に設定されていた値) にリセットされます。 man execで出てきました。 【実行例】 $ trap date INT $ trap -p INT trap -- 'date' SIGINT $ ^C2020年 5月 8日 金曜日 ...


3

その本で述べられている これらの再実装を通じて,(……)既存のツールのエコシステムを体感します. という部分の趣旨を取りこぼしている気がします。 プログラムでも記述する必要があるのか や 同じ処理を行うためにプログラムが必要なのは という疑念を述べておられますが、「必要(ニーズ)があるから」そのような代用品を作るための学習をするという話ではなくて、 UNIX のコマンドもその実体は C 言語やものによっては Python などの何らかの言語で記述されたプログラムです。 あなたが、ユーザー側の立場で誰かが作成した既存のプログラムである UNIX コマンドを一行で実行するのは簡単です。 そうではなくて、あなたが開発者(エンジニア)側、プログラマーとして、...


2

身近にあるもの(コマンド)を題材として、一行で済むものを実現するにはどんなプログラムを書く必要があるのか…を体験するためではないでしょうか。 一行で済むコマンドも、魔法で結果が出てくるわけではありません。中身が同じになるとは限らないけど、入力と出力を与えられた時にどんなプログラムを書けばよいかの練習材料だと私は思いました。


2

勉強のためだからではないでしょうか? うろ覚えですが、「素数夜曲―女王陛下のLISP | 吉田武著」の最後に、 「車輪の再発明」は、勉強には非常に効果があると書かれており、納得した記憶があります。


上位 50 件の最近の回答が含まれています