次のタグが付いている話題の回答:

5

server_name でIP AddressとFQDN両方指定してください。 server_name 52.69.43.128 www.triplor.co;


2

SIGKILL(-9)ではなくUSR2シグナルを送れば良いです。 kill -USR2 masterのPID そうすれば、旧プロセスを残しつつ新しいプロセスを起動できます。 http://tachesimazzoca.github.io/wiki/rails3/unicorn.html http://techracho.bpsinc.jp/piichan1031/2010_07_09/2075


2

biola/turnout を使うと、簡単にメンテナンス中の画面を表示することができます。 Gemfile gem 'turnout' bundle install $ bundle intall メンテナンスモードスタート $ rake maintenance:start メンテナンスモード終了 $ rake maintenance:end 参考サイト http://morizyun.github.io/blog/turnout-maintenance-rails/ ※ Capistranoと連携してデプロイ処理の一環としてメンテ画面を出すことも可能です。


1

start 時に /var/lock/subsys/unicorn ファイルを作成しないと、OS シャットダウン時のサービス停止処理で service unicorn stop が実行されず、pid ファイルが残ります。 OS 起動時の service unicorn start で pid ファイルが既に存在するので、起動しないのだと思います。 (2016/02/29 01:27 追記) /etc/init.d/unicorn トレースログ取得方法 スクリプトの最初の方に追記: exec 3>>/tmp/unicorn-trace.log BASH_XTRACEFD=3 set -x スクリプトの最後の方(exit する前)に追記: set +x unset BASH_XTRACEFD ...


1

uincorn側で環境変数を正常に認識できていない模様ですが、過去に自分が同様のケースでハマった時は以下の様なケースでした。 環境変数を定義しているlinux userとunicornを起動しているlinux userが異なっていた railsで使う環境変数がログイン時にロードされない場所で定義されていた 直接環境変数を定義すると上記のようにlinuxの設定に依存してしまうので、私は環境変数を使うときはdotenvを使って、.envファイルにrailsで使う環境変数を定義しておき、capistranoでデプロイする度にロードさせるようにしています。ご参考まで。


1

確認できる環境がないので推測ですが・・正しくunicornが起動してないような気がします。 たぶん、RAILS_ENVの値がセットできてないんじゃないかと。 原因はunicorn_railsコマンドだと思います。 これはいわばRails 1, 2用のコマンドです。 Rails3からはRackアプリケーションになっているので、unicornコマンドを使用するように変更してみてください。 https://stackoverflow.com/questions/12325923/what-is-the-difference-between-unicorn-and-unicorn-rails/12326124#12326124 http://unicorn.bogomips.org/unicorn_rails_1....


1

AssetSyncを使ってリソースをS3に持っていくのはどうでしょう? バケットポリシーを適切に設定すれば、問題の切り分けに役立つと思います。


1

当たり前すぎて確認済みかと思いますが、 config.assets.css_compressor = :sass config.assets.enabled = true config.assets.compile = true このあたりの設定が <アプリケーションのルートディテクトリ>/config/enironments/production.rb にて設定された上で $touch <アプリケーションのルートディテクトリ>/tmp/restart.txt と実行した後、tmp/cache の中身を削除してから webサーバーを再起動してみたらどうでしょうか。これでも動かないときに rake assets:precompile なども試していると大体うまく動いている気がします。 ...


1

サイトB用のUnicornを別途起動する必要があります。その際、設定ファイルにサイトAとは異なるsockファイルを指定する必要があります。 (下の例では/tmp/unicorn_server_b.sockを指定しています。) listen "/tmp/unicorn_server_b.sock", backlog: 1024 また、nginxの設定変更も必要です。設定ファイルにもサイトB用の設定を追記します。 (サイトAはsite-a.com、サイトBはsite-b.comというドメインを持っていると仮定) # サイトA用設定 upstream unicorn_server { server unix:/tmp/unicorn_server.sock; } server { listen ...


1

まず英語版の同内容の質問からの引用ですが、unixドメインソケットはVagrantの共有ディレクトリには置けません。もしかして該当のディレクトリは共有ディレクトリではないですか? また、unicornの場合はどうか知りませんがNodejsではUnixドメインソケットでlistenした場合sockが自動では消えてくれない問題がありました。もちろんゴミが残ってたらlistenできないのでもし同名のソケットが残っている場合はunlinkしてみてください。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります