次のタグが付いている話題の回答:

6

mavenで依存しているライブラリのソースを参照したいという話であれば、ソースを参照したいjarを右クリックして「ソースをダウンロード」を選択すればOKです。 なおNetBeansプロジェクト自体がmavenプロジェクトとなっていることが前提です。 依存するライブラリのソースをまとめてダウンロードしたい場合は「依存性」を右クリックしてから開くメニューからでも可能です。 ソースのダウンロードが完了すればclassファイルのダブルクリックでソースを参照できます。もちろんユーザが開発しているソースから「宣言へ移動」でもジャンプできます。 なおライブラリの依存関係についてはUMLとはちょっと違いますが、「アーティファクトの詳細表示」→「グラフ」タブ→「グラフの表示」という手順で図示可能です。


2

一般的にアクティビティ図は基本的にビジネスロジックの処理の流れを表現し https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/dd409465.aspx フローチャートはソフトウェアのアルゴリズムが表現されることが多いです。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%88 規格によってはフローチャートは並行処理が記述できなかったりするのですが、 とくに制約がないのであれば、ドキュメントで「何を表現したい」か「表現したいことが表現できるか」というベースで考えればいいと思います。 ...


2

標準的な仕様かどうかは分かりませんが、このあたりを読むと、2本の集約線でよさそうですね。 UML: how to show a class having 2 collections of the same class? Two (or more) aggregation relationships between two entities IDEのいくつかのUMLプラグインでJavaのソースコードからUMLを生成してみるのも、いいかもしれません。


1

Classes of same names but in different packages are represented only once - PlantUML Q&A 上記は完全に同じ質問ではないですが、上記を参考に packageではなく namespaceを使用することで解決しました。 (注意:UML図はまだ書きかけでSpring Securityの構造をまだ正確にあらわしていなかったり、ミスがあったりします) @startuml SpringSecurity namespace org.springframework.security { namespace config { class WebSecurityConfigurerAdapter ...


1

シーケンス図では呼び出し元のオブジェクトも一緒に書くのが普通だと思います。 return で呼び出し元に値を返すので、左向きの点線で表現し 終端マークの黒丸は不要です。 opt の部分はあえて表現したいのかもしれませんが、このサンプルだと、無くても違和感無く感じます。省略する場合は、return の矢印を true と false でわけず 1本だけ引いて「return : bool」などの表現で十分伝わると思います。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります