次のタグが付いている話題の回答:

4

コメントで解決しましたが、 プロジェクト内のカタログにイメージファイルをを追加していなかったということでした。 ここに補足含めてまとめておきます。 イメージ取得の API では、リソースが見つからないと nil を返すものがあります。 イメージリソースが見つからない原因には、以下のどちらかが有力です。 単純に、イメージファイルがプロジェクトに追加されていないもしくは、ファイル名が不正 実行時に、@2x, @3x 等のバージョンのリソースが読み込まれようとしたが失敗 今回は後者でしょう。環境によって、本来どのタイプのリソースが必要になるかは、 iOS Human Interface Guidelines で大まかに知ることができます。 @1x : iPhone 3GS まで @2x : iPhone 4,...


4

方法としては、いくらでもあります。 本来のanimatedをNOにして独自でアニメーションを書く方法 カスタムセグエを使う方法(iOS5〜) UIViewControllerのカスタム画面遷移を使う方法(iOS7〜) いまから実装するのであれば、3でやるのがオススメです。 ただし、いわゆるモーダルで表示する場合と、UINavigationControllerやUITabbarControllerの遷移を変更したい場合で記述が変わったり、インタラクティブ画面遷移を実装しようとするとちょっと大変かもしれません。 片道UIViewControllerTransition StoryBoardがないので解りにくいかもしれませんが(特に複雑なことはやってないです)、...


2

「Objective-Cのstoryboardで」ということは、Auto Layoutの設定を、プログラム(NSLayoutConstraint)で行いたいということでしょうか?それともStoryboard上で、マウス操作で行いたいのでしょうか? ともかくここではAuto Layoutの概要に触れるだけに留めておきたいと思います。 Auto Layoutの基本の考え方は、オブジェクトの位置と大きさが、一意で決定する制約(Constraint)を行うということです。よぶんな制約がないに越したことはありませんが、ポイントは何通りも可能性があるような制約では、エラーになるという点です。 実務的にもっとも頻繁に使われる制約は、下図です。 近接するオブジェクトの横方向(X座標)と縦方向(Y座標)の間隔を決定し、...


2

なぜUIImageをNSKeyedArchiverを利用しても保存できないのか?というと、これはリファレンスに答えがありますが、 A UIImage object is a high-level way to display image data. You can create images from files, from Quartz image objects, or from raw image data you receive. The UIImage class also offers several options for drawing images to the current graphics context using different blend modes and ...


2

UIImageをPNG形式のデータにするときにUIImagePNGRepresentation()を、JPEG形式のデータにするときにUIImageJPEGRepresentation()を使用します。元の画像フォーマットを気にする必要はありません。 具体的にはこんな感じになります。 (Xcode 7.0.1で確認) // 何らかの形でUIImageを用意 let image = UIImage(named: "pic01")! // PNG形式の画像フォーマットとしてNSDataに変換 if let data = UIImagePNGRepresentation(image) { // dataを保存する } 余談ですが、...


1

原因はよく分かりませんが、コメントに記載の条件「全角文字が含まれている場合」に(このような条件については、コメントだけでなくご質問本文に含めるようにお願いします)影の部分が描画されなくなるという現象はこちらでも確認(Xcode 8.3.3のPlayground上)できました。 (ちなみにXcode 9 GM seedでは、あなたのコードをSwift 4での修正に合わせるだけで、日本語を含む文字列にも影がつきました。) もちろん特定条件で一部の属性が無効になるという記述はドキュメントにはありませんので、単純にバグとしてAppleに報告した方が良いように思われます。 さて、 上記問題を解決するには、どのような方法があるでしょうか と言うのがご質問のお題のようなので、(原因をあれこれ考えるのは早々にあきらめて)...


1

あなたの現在のコードをできるだけ生かすようにコードを追加してみるとこんな感じになります。 ちなみにポイントはUIImageViewには書き換え可能なプロパティimageとcenterがあるんだから、それを都度、書き換えれば良いという考え方です。 class ViewController: UIViewController { var imageNum: Int = 0 var stampView:UIImageView! // let stampImage = UIImage(named: "1.png")! //不要? //省略 var imageArray:[UIImage] = [] let imageCoords = [ (150, 150)...


1

gazouiがnilになってるのが原因ではないでしょうか? これが配列を参照するようにすれば、正常に動作すると思われます。 var gazoui:[UIImage]! = Array<UIImage>(count: 2, repeatedValue: UIImage()) var gazouiii:UIImage gazouiii = UIImage(named: "m1.gif")! gazoui[1] = UIImage(named: "m1.gif")!


1

これはAuto Layoutに丸投げして処理してもらうのが賢明だと思います。たんにデバイスのディスプレイサイズの差異のことだけでなく、画面の向きを縦横変えた時の処理も、Auto Layoutなら、適切にかつ瞬時にやってくれます。 Auto Layoutの適用は、Storyboardで編集します。 UIImageViewのインスタンスsongArtworkImgを選択し、マウスドラッグでベースビューのサイズいっぱいに広げます。 Constraintを、下図のようにベースビューのエッジに揃えます。 「add 4 Constraints」ボタンを押します。 songArtworkImgのAttributeを、下図のように「Mode: Aspect Fit」にします。


1

[self addSubview:circleImageView] ↓ [self.view addSubview:circleImageView]; 注:行末のセミコロン(;)が抜けてます。 self(UIViewControllerのサブクラス)に、「addSubview:」というメソッドはありません。 UIView(のサブクラス)にはあります。 引用元には、UIViewControllerのサブクラスに実装するコードだとは、ひとことも書かれていませんね? UIViewController(のサブクラス)には、かならずベースになるUIView(のサブクラス)が装備されていることを、忘れないようにしてください。UIViewControllerのプロパティ「view」がそれです。ともかく、...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります