次のタグが付いている話題の回答:

4
Accepted

UDPで書かれたコードをTCPに書き直したい

公式ドキュメントにTCPでの送信側と受信側のコード例があります。 https://docs.python.org/ja/3/library/socket.html#example
2

ソケット通信のバッファサイズについて

短い答え バッファサイズは 2048 バイトでよいです 長い答え Ethernet 上での UDP パケットの最大サイズは MTU で決めてよいです。 MTU の最大値は 1500 byte ないし PPPoE 等が入ると小さくなって 1492 だったり 1454 だったりします。なので「1回で転送できる最大バイト数」は 1454 としておくのが無難です。 バッファサイズは 1454 ...
  • 2万
2
Accepted

PythonのUDP通信で更新周期の違うコードからラグなしのデータを受け取る方法

受信側は1.0秒間隔でデータを受信させたところ この認識が誤っていて、「1秒間隔で受信バッファに溜まっているデータを読み出す」コードが正しい動きをしています 本当にやらないといけないことは質問からはよみとれませんが、例えば 最新(もしくは必要なタイムスタンプ)のデータ以外は読み捨て n + 0.9秒でバッファを捨てて0.1秒後に読み出し などする必要があります
  • 1.2万
2

UDPで書かれたコードをTCPに書き直したい

TDPが、送りっぱなし(データが届いたかどうかの確認ができない)の簡単なプロトコルであるのに対して、TCPは送達確認や分割送信などの機能を持ったちょっと複雑なプロトコルです。 Qiitaのpythonでsocket通信を勉強しようの記事の説明が判りやすいと思います。(Pythonのプログラム例もあります)
  • 4,235
2

プログラムが意図しない終了方法をした時の、socketのclose()について

@Fumu 7 さん回答のように、ソケットやファイル等の資源についてはcloseされるとしても、何かしらの後始末はやっておきたい場合は、root.protocol("WM_DELETE_WINDOW", callback) を使ってイベントハンドラを登録しておくと、それが呼ばれるようです。 ただし.afterで周期的に(多分マルチスレッドでの処理も含んで)何かしている場合は、...
  • 1.7万
2
Accepted

プログラムが意図しない終了方法をした時の、socketのclose()について

プログラム(プロセス)が終了したら、そこで使われていたソケットなどはcloseされますから、心配いりません。 パケットが届かない可能性があるUDP通信ですから、受信側にも影響ないです。
  • 4,235
1
Accepted

android tcp socket データ送受信について

Socketを2つ作る必要はありません。 Socketは双方向に通信できるので、それぞれで socket.getOutputStream() socket.getInputStream() すれば、1つのソケットで送受信できます。
  • 1.2万
1

android端末でのudp通信につきまして

詳しい原因は分からないですが以下の結果になりました。 ・送受信失敗 -グローバルip指定 端末a-- (Wi-Fi) -- ルータa -- (インターネット) -- ルータa -- (Wi-Fi) -- 端末a ・送受信成功 -グローバルip指定 端末a-- (Wi-Fi) -- ルータa -- (インターネット) -- ルータa -- (Wi-Fi) -- 端末b -ローカルip指定 ...
  • 21

Only top scored, non community-wiki answers of a minimum length are eligible