次のタグが付いている話題の回答:

4

公式ドキュメントにTCPでの送信側と受信側のコード例があります。 https://docs.python.org/ja/3/library/socket.html#example


2

受信側は1.0秒間隔でデータを受信させたところ この認識が誤っていて、「1秒間隔で受信バッファに溜まっているデータを読み出す」コードが正しい動きをしています 本当にやらないといけないことは質問からはよみとれませんが、例えば 最新(もしくは必要なタイムスタンプ)のデータ以外は読み捨て n + 0.9秒でバッファを捨てて0.1秒後に読み出し などする必要があります


2

TDPが、送りっぱなし(データが届いたかどうかの確認ができない)の簡単なプロトコルであるのに対して、TCPは送達確認や分割送信などの機能を持ったちょっと複雑なプロトコルです。 Qiitaのpythonでsocket通信を勉強しようの記事の説明が判りやすいと思います。(Pythonのプログラム例もあります)


2

@Fumu 7 さん回答のように、ソケットやファイル等の資源についてはcloseされるとしても、何かしらの後始末はやっておきたい場合は、root.protocol("WM_DELETE_WINDOW", callback) を使ってイベントハンドラを登録しておくと、それが呼ばれるようです。 ただし.afterで周期的に(多分マルチスレッドでの処理も含んで)何かしている場合は、処理ループの実行中でもそれが呼び出されるので、単純に終了処理destroy()を呼ぶのは不味くて、フラグを立ててループを終了するなど、後始末は工夫しましょう、という回答が以下の記事にあるようです。 How do I handle the window close event in Tkinter? Upvoteは無いですが、...


2

プログラム(プロセス)が終了したら、そこで使われていたソケットなどはcloseされますから、心配いりません。 パケットが届かない可能性があるUDP通信ですから、受信側にも影響ないです。


1

Socketを2つ作る必要はありません。 Socketは双方向に通信できるので、それぞれで socket.getOutputStream() socket.getInputStream() すれば、1つのソケットで送受信できます。


1

詳しい原因は分からないですが以下の結果になりました。 ・送受信失敗 -グローバルip指定 端末a-- (Wi-Fi) -- ルータa -- (インターネット) -- ルータa -- (Wi-Fi) -- 端末a ・送受信成功 -グローバルip指定 端末a-- (Wi-Fi) -- ルータa -- (インターネット) -- ルータa -- (Wi-Fi) -- 端末b -ローカルip指定 端末a-- (Wi-Fi) -- ルータa -- (Wi-Fi) -- 端末a 端末a-- (Wi-Fi) -- ルータa -- (Wi-Fi) -- 端末b まずはじめに、自分の端末で送受信できるかと考えていたので、どつぼにはまってました。 コメントをしてくださった、masmさん、...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります