次のタグが付いている新しい回答:

4

cronolog はどうでしょうか。Debian, Ubuntu なら標準パッケージ。 foobar |cronolog /var/log/%Y/%m/%d/access.log のようにして使えます。


4

どうしてもeclipse上でstrcpy_sを実装したい場合無理やりコードを通す、関数を追加する方法など ありませんでしょうか?? 774RRさんも回答されていますが、strcpy_sはC言語仕様に載ってはいるもののオプショナルであり、現状ではMicrosoftのVisual Studioぐらいでしか提供されていません。 質問者さん以外の第三者としては「課題にてstrcpy_sを使用して文字列をコピーしなくてはならない」が実際にどのような記述で出題されているのかはわかりませんが、課題の内容をもう一度深く深く読み返すことをお勧めします。(strcpy_sを使用しなくてもよい、もしくはVisual Studioの利用が必須、等の条件が課されているのではと推測しています。) といいますのも、...


6

strcpy_s() はもともと Microsoft Visual C / C++ にて採用された新しい関数です。そのため MSVC 以外の処理系には strcpy_s() は実装されていないのが多いようです。 c11 つまり C の言語仕様書 ISO/IEC 9899:2011 では確かオプショナルで採用されたのですが gcc 開発グループはこの関数を gcc に(今は)実装しないことを決定している様子。 https://stackoverflow.com/questions/40045973/ https://stackoverflow.com/questions/36723946/ そのため gcc 開発グループが提供している libc では strcpy_s() は使えないです。つまり Ubuntu の ...


1

:terminal は引数で実行するコマンドを指定できます。無指定の場合は $SHELL が使われるので、通常はシェルが立ち上がります。 つまり以下のようなコマンドを実行すれば、現在のバッファを bash に渡して実行できます。% は現在バッファの名前に置き換えられて実行されます。 :terminal bash %


1

同様の事象がこちらで報告されています: "Can't find a suitable configuration file" on Ubuntu 18.04.1 - docker/compose issues #6361 対処法としては、snapでインストールされているdocker-composeを利用せず、別途マニュアルインストールしてそれを使うことが挙げられています。


2

pv プロセスの stdin と stdout に対して、read(2) も write(2) も呼び出されていません。 $ lsb_release -ir Distributor ID: Ubuntu Release: 20.04 $ uname -srm Linux 5.4.0-37-generic x86_64 $ pv --version pv 1.6.6 - Copyright 2015 Andrew Wood <andrew.wood@ivarch.com> $ cat /dev/urandom | pv -rf -t -i 2 >/dev/null 2>output & strace -p $! -e read,write : ...


1

">" と ">>" でシステムコールに違いがあるのは不可解です。 "cat hoge | pv > /dev/null" は、シェルが /dev/null を open する時に O_APPEND を付けるかどうかの違いしかなく、pv の処理には影響しないはずです。 実際手元の CentOS6.9 で試してみた限りでは、その違いしか見られませんでした。


7

pvは> /dev/nullのときにnullデバイスにwriteしていません。 > /dev/nullと>> /dev/nullの差はこれが理由です。 調査に使用したpvのバージョンは以下です。 pv 1.6.6 - Copyright 2015 Andrew Wood andrew.wood@ivarch.com この現象の差は> /dev/nullと>> /dev/nullの性能差ではなさそうです。 pvの代わりにcatにを使ってtimeとstraceを実行してみましたが、有意な差は見受けられませんでした。 > /dev/nullと>> /dev/nullのわずかな差がpvで拡大しているように見えます。 Q....


2

nginxの設定ファイルはどうなっていますか?たとえばserverディレクトリにlistenが listen 443; のみが存在していれば、 listen [::]:443; のようなv6待受の設定が必要です。


0

自己解決しましたので、一応自己回答を残しておきます。 root以外のユーザーでsudoしてもできなかったのですが、下記のように rootユーザーでコンテナに入りなおしてから実行すれば、apt-getを更新することが出来ました。 $ docker exec -it -u root <container ID> bash root@<container name>:/$ apt-get update


0

Snappyでインストールするというのはどうでしょうか。 (日本語でよりわかりやすく解説しているサイトもあるかと思いますが)公式サイトが言うところの Each snap is a compressed SquashFS package (bearing a .snap extension), containing all the assets required by an application to run independently, including binaries, libraries, icons, etc. 辺りが希望にかなっていると思います。 インストール方法: sudo snap install ffmpeg ちなみに、Ubuntu18....


1

"環境を汚す" というのは標準以外のディレクトリへ独自にインストールすることだと思うので、パッケージ管理に従った方が "汚れない" と個人的には思います。 あくまでパッケージを利用したくないということであれば、以下の手順でインストールする形になると思います。 ダウンロード & インストール手順 公式サイトの " Get packages & executable files" で Linux を選択し、"Linux Static Builds" の下の リンク先 に移動。 注意書きでは "git master builds" がお勧めされてますが、ひとまず右側の "release&...


上位 50 件の最近の回答が含まれています