次のタグが付いている話題の回答:

8

デーモンを 2つ起動するのではなく、Match で設定を変えるといいと思います。 Match LocalPort 5022 PermitRootLogin no PasswordAuthentication no AllowUsers someuser


3

Apache のデバッグレベルを上げて出力されたメッセージ "AH00130: File does not exist: ..." を頼りに調べたところ、以下の投稿で紹介されていた回答が参考になりました。 Apache and git-http-backend - Stack Overflow 自分の環境では単に CGI モジュールが有効になっていなかったのが原因のようです。 以下のコマンドを実行して CGI モジュールを有効にし、プロセスを再起動後に Git リポジトリから正常に clone することができるようになりました。 $ sudo a2enmod cgi $ sudo systemctl restart apache2


2

ssh __Hoge echo "hello" これでは、sshが終了してからechoを実行することになります。 sshのmanpageには ssh [-46AaCfGgKkMNnqsTtVvXxYy] [-B bind_interface] [-b bind_address] [-c cipher_spec] [-D [bind_address:]port] [-E log_file] [-e escape_char] [-F configfile] [-I pkcs11] [-i identity_file] [-J destination] [-L address] [-l login_name] [-m mac_spec] [-O ctl_cmd] [-o option] [-...


2

目的が「ClamAV のインストール」なのか「自力で ClamAV をソースコードからコンパイルする」なのかが分かりづらいですが、コメントでのやり取りを踏まえて別解を投稿しておきます。 Ubuntu を含めてメジャーなディストリビューションであれば ClamAV は パッケージとして提供されている ので、システム管理の面でもパッケージマネージャを通してインストールする方が手軽でおすすめです。 Ubuntu の場合: $ sudo apt install clamav なお、ソースコードからのコンパイルはパッケージでリリースされたものより最新のコードを利用したい場合などに限られます。


2

dpkg -l check の出力を見る限り、check パッケージがインストールされていません。 sudo apt install check などのコマンドで check パッケージのインストールを試みてください。既に試されたとのことですが、おそらく失敗しているので出力に成功ログが出ているかを確認してください。 典型的なのは「パッケージ ほにゃらら が見つかりません」というエラーで終わっている場合です。インストール前に sudo apt update でパッケージ情報を更新するのを忘れていた場合などに出ます。


2

apt.conf を任意のパスに保存して、apt コマンドの実行時に -c オプションで指定する方法があります。 ホームディレクトリの ~/apt.conf を指定する場合: $ sudo apt -c=~/apt.conf update また、毎回オプションで指定するのが面倒であれば、環境変数 APT_CONFIG に設定ファイルのパスを指定しておけば自動で認識するようになります。 $ export APT_CONFIG=~/apt.conf $ sudo apt update ログインシェルの設定ファイル (~/.bashrc) などに記載しておくとよいかもしれません。


1

質問者自己回答です。 いただいたコメントをきっかけに真相に到達しましたが、もとの問題は完全に私の失敗でした。 (質問ごと消したほうがいいか、バカ事例として残すのも意味があるのか思案中です。ご教示賜れば幸いです) まとめ 結論としては、/home/user_name/bin/google-chromeという名前で、以下のようなシェルスクリプトを作っていました。 #! /bin/sh exec /mnt/c/Program\ Files\ \(x86\)/Google/Chrome/Application/chrome.exe "$@" こちらは、WSL1を使っていた頃に、Windows版のChromeを起動するために、わざわざ置いていたものでした。 質問の中で書いたapt ...


1

パーティションのデータを維持したままの操作は parted コマンドや、その GUI フロントエンドの GParted が有名です。 Mac 環境では試したことがありませんが、Windows であれば実際にリサイズ等を実施したことがあります。 ただし元のファイルシステムによっては移動やリサイズが不可な場合もありますし、この手の操作を行う場合には万一に備えて事前にバックアップを取っておくことをお勧めします。 Mac だと直接 GParted を入れるのは難しそうですが、VirtualBox や Docker 上で動かしたという方法もあるようです。コマンドでの操作でもよければ若干操作の難易度は挙がりますが、parted コマンドを試してもよさそうです。 参考: Install GParted on a mac ...


1

参照している インストールガイド の冒頭で、Unix (Linux) の場合には以下のような注意書きがあります。 Warning If you installed Python from a package manager on Linux, you should always install pip for that Python installation using the same source. 利用している Python が OS のパッケージマネージャーを通してインストールしたものであれば、pip も同じ提供元 (=パッケージマネージャー、今回の例なら apt) を通じてインストールしてください。 "get-pip.py" でのインストールは、...


1

Ubuntu+Python+Selenium ご質問の前提条件から外れてしまいますが、 Selenium ではなく Puppeteer であれば、直接ダウンロードするパスとファイル名を指定する方法があります。 → puppeteer でファイルをダウンロードするときに、任意のパスと名前で保存する | Aqua Ware つぶやきブログ 上記の記事は、 node.js + Puppeteer の例ですが、 pyppeteer を使うことで、以下のように Python でも同様の結果が得られます。 import os import asyncio # Fetch.enable に対応している Chromeimum リビジョンを指定 os.environ['PYPPETEER_CHROMIUM_REVISION']...


1

お騒がせしました。以下のとおり自己解決しました。 $ lspci | grep VGA  17:00.0 VGA compatible controller: NVIDIA Corporation GP102 [GeForce GTX 1080 Ti] (rev a1)  65:00.0 VGA compatible controller: NVIDIA Corporation GP102 [GeForce GTX 1080 Ti] (rev a1)  b3:00.0 VGA compatible controller: NVIDIA Corporation GP108 [GeForce GT 1030] (rev a1) $ sudo nvidia-xconfig --> /etc/X11/xorg....


1

スクリプトの中で何箇所か sed コマンドを実行していますが、sed は フィルタ結果を標準出力に表示するため、あなたの書いたスクリプトでは /etc/logrotate.d/clamav-freshclam, /etc/clamav/clamd.conf のフィルタ (置換) 結果が画面に出力されているのだと思います。 結果が画面 (標準出力) に表示されているだけで、元のファイルは書き換わりません。 元のファイルを直接書き換えたい場合には、sed の -i オプションを使います。 $ sed -i -e "s/User clamav/#User clamav/g" /etc/clamav/clamd.conf バックアップを残したい場合には、-i オプションに (空白を開けずに) ...


1

vagrant は仮想環境を構築する際のツールなので、基本はホストOS側で実行するコマンドです。 しかし画面ではプロンプトに vagrant と表示されているので、仮想環境の中 (ゲストOS) でコマンドを実行しているためにうまくいかないのだと思います。


1

同じ症状になったことが無いので適当な回答になりますが、まずはもう一度再起動してみてください。それで駄目なら、HDDやSSDが正常かどうかチェックされてはどうでしょう? 正常かどうかには、物理的に正常に動くかどうか(HDD等の寿命関係の調査)と、ケーブル類がきちんと接続されているか、電源は問題無いかなども含みます。 文字は出ているのにアイコンや壁紙等のアセットが全く表示されていないので、アセット等が物理的に読み込めなくなっている可能性があるかもしれません。(ただ、それだと設定メニュー自体は開きそうな気もするんですよね) HDD等に問題無い場合は私ならOSを再インストールしますが、もしそれでも同じ症状が出るなら、Ubuntuのイメージファイルに問題がある可能性があるので、最新(もしくは、少し前の安定板)...


1

メッセージは、 「PointCloud has: 1042 data points. PointCloud after filtering has: 0 data points.」 [直訳] 1042個のデータポイントがありました。 フィルタリング後、0個のデータポイントになりました。 というものですから、円柱検出をすべきデータが無い状況になっています(データが無いので、円柱抽出が出来ない)。 フィルタリングの過程で、データがどのように推移しているのかを追跡していっては如何でしょう?


1

scp (および sftp) では SSH を介してファイルの転送を行うので、ログインに関する情報が欲しいのであれば /var/log/auth.log を確認してみてください。 参考: Where would you find SCP logs? - Ask Ubuntu


1

rename 's/\.sh$/.txt/' *.sh で変換できると思います。


1

自己解決しました. 以下に必要な手順をまとめておきます. まず,私の場合は設定時にはtype-cでUSB接続する必要がありました. 設定が完了すればBT接続でも全く問題ありません. 普通に使用できます. さらに,私はMacのキーボードレイアウトと同じようにHHKBが認識されるのを期待して「HHKB for Mac」のレイアウトにしていました. これでは全くうまく行きません. 「HHKB」に修正する必要があります. これで一度ログアウトすれば無事にHHKBのレイアウトになりました. そして最後に今までcapslockをctrlに置き換えて使用していたので,そこを修正する必要がありました. これをしないとCtrlが消滅します... 以上でubuntuでもHHKBが問題なく使用できるようになりました! ...


1

数値シミュレーション(流体力学とか)かなにかやってらっしゃるのでしょうか? 数値シミュレーションの場合、計算の途中結果を保存して、後で再開するようなプログラムの作り方はよく行われるようです。 シミュレーションプログラムは、シミュレーション対象を表現した変数(流体ならメッシュの節点の流速を保持する配列とか)を持っているはずです。 それらの変数はシミュレーション開始時に初期化され、シミュレーションの繰り返しと共に、更新されていきます。 プログラムの流れはだいたい次のような感じです 変数を初期化; 以下を必要な回数繰り返し:   1ステップシミュレーションする(普通は時刻の増分⊿t だけ進めるための計算をする)   途中結果を必要に応じてファイルに出力する 最終結果をファイルに出力する このようなプログラムを中断/...


1

2020-08-03 に再度 apt install を実行しましたが、同様に失敗しました。 代わりに、予め wget で入手したファイルを以下の手順でインストールすることに成功し、ヘッドレスモードで起動したり、Python の Selenium から操作することが出来ました。 よって一応の目的は達成しました。 $ sudo apt install ./firefox_79.0+build1-0ubuntu0.20.04.1_amd64.deb


1

リンク先には以下のように書かれていますが、こちらを試してみてはどうでしょうか。 How to enable logging - The Chromium Projects If the environment variable CHROME_LOG_FILE is set, Chrome will write its debug log to its specified location. この投稿は @metropolis さんのコメント の内容を元に コミュニティwiki として投稿しました。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります