次のタグが付いている話題の回答:

8

デーモンを 2つ起動するのではなく、Match で設定を変えるといいと思います。 Match LocalPort 5022 PermitRootLogin no PasswordAuthentication no AllowUsers someuser


7

pvは> /dev/nullのときにnullデバイスにwriteしていません。 > /dev/nullと>> /dev/nullの差はこれが理由です。 調査に使用したpvのバージョンは以下です。 pv 1.6.6 - Copyright 2015 Andrew Wood andrew.wood@ivarch.com この現象の差は> /dev/nullと>> /dev/nullの性能差ではなさそうです。 pvの代わりにcatにを使ってtimeとstraceを実行してみましたが、有意な差は見受けられませんでした。 > /dev/nullと>> /dev/nullのわずかな差がpvで拡大しているように見えます。 Q....


6

strcpy_s() はもともと Microsoft Visual C / C++ にて採用された新しい関数です。そのため MSVC 以外の処理系には strcpy_s() は実装されていないのが多いようです。 c11 つまり C の言語仕様書 ISO/IEC 9899:2011 では確かオプショナルで採用されたのですが gcc 開発グループはこの関数を gcc に(今は)実装しないことを決定している様子。 https://stackoverflow.com/questions/40045973/ https://stackoverflow.com/questions/36723946/ そのため gcc 開発グループが提供している libc では strcpy_s() は使えないです。つまり Ubuntu の ...


5

どうしてもeclipse上でstrcpy_sを実装したい場合無理やりコードを通す、関数を追加する方法など ありませんでしょうか?? 774RRさんも回答されていますが、strcpy_sはC言語仕様に載ってはいるもののオプショナルであり、現状ではMicrosoftのVisual Studioぐらいでしか提供されていません。 質問者さん以外の第三者としては「課題にてstrcpy_sを使用して文字列をコピーしなくてはならない」が実際にどのような記述で出題されているのかはわかりませんが、課題の内容をもう一度深く深く読み返すことをお勧めします。(strcpy_sを使用しなくてもよい、もしくはVisual Studioの利用が必須、等の条件が課されているのではと推測しています。) といいますのも、...


4

cronolog はどうでしょうか。Debian, Ubuntu なら標準パッケージ。 foobar |cronolog /var/log/%Y/%m/%d/access.log のようにして使えます。


3

cookie を生成する時に、xauth generate localhost:0.0 . timeout 0 のように、timeout 0を指定してみて下さい。利用するアプリケーションによっては、xauth generate localhost:0.0 . trusted timeout 0 のようにtrustedも指定する必要があるかもしれません。 timeoutのデフォルト値は60(秒)であり、cookieを生成してから利用するまでに60秒以上かかっている事からエラーになっていると思われます。 ドキュメントには 0 で無期限になるという記述が見当たりませんが、手元で試した感じでは大丈夫そうです。 もし駄目ならば、86400 等の十分に大きい値を指定してみて下さい。


3

自己回答です。 探していたものずばりそのものの回答ではありませんが、コメントで教えていただいたページの情報から、xhostによるリクエスト元ホスト単位のアクセス制御で wsl2 からの要求を許可する方法が分かりました。 Xサーバに接続できているマシンから、 xhost + クライアントのIPアドレス とすると、IPアドレス単位での制御ができます。WSL2の側のIPアドレスは、WSL2 で例えば $ ip a show dev eth0 で調べることができます。このアドレスを指定してwindows側でxhostに渡します。 xhostも$DISPLAY経由でサーバと通信をするプログラムですが、ローカルホストからのアクセスでないと、許可ホストの増減操作ができません。その際、...


2

PNG は可逆圧縮の画像フォーマットです。質問者さんがおっしゃるように、表現している画像データを変えないのであれば一般の画像に対しては圧縮アルゴリズムの部分で頑張る他ありません。JPEG のような非可逆圧縮の画像フォーマットではロスを増やすという犠牲を払ってサイズを小さくすることができますが、PNG ではそのようなやり方は少なくともファイルフォーマット上は使えません。 圧縮の可逆性を失ってしまいますが、画像の縦横サイズや色数を弄っても良いのであればそこを小さくすることでファイルサイズも小さくすることは可能です。色数を小さくするための手段としては pngquant などのツールが知られています。 また、もはや PNG の話ではなくなってしまいますが、もしウェブ用にファイルサイズを小さくしたいという意図であれば ...


2

nginxの設定ファイルはどうなっていますか?たとえばserverディレクトリにlistenが listen 443; のみが存在していれば、 listen [::]:443; のようなv6待受の設定が必要です。


2

こちらのコメ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​ントで解決しました。ありがとうございました。 この辺が参考になるかも。Linux Input Subsystemの使い方, The Linux input driver subsystem, Linux /dev/input からマウスイベントを取得する, Linux の入力デバイスをカスタマイズ, ...


2

目的が「ClamAV のインストール」なのか「自力で ClamAV をソースコードからコンパイルする」なのかが分かりづらいですが、コメントでのやり取りを踏まえて別解を投稿しておきます。 Ubuntu を含めてメジャーなディストリビューションであれば ClamAV は パッケージとして提供されている ので、システム管理の面でもパッケージマネージャを通してインストールする方が手軽でおすすめです。 Ubuntu の場合: $ sudo apt install clamav なお、ソースコードからのコンパイルはパッケージでリリースされたものより最新のコードを利用したい場合などに限られます。


2

dpkg -l check の出力を見る限り、check パッケージがインストールされていません。 sudo apt install check などのコマンドで check パッケージのインストールを試みてください。既に試されたとのことですが、おそらく失敗しているので出力に成功ログが出ているかを確認してください。 典型的なのは「パッケージ ほにゃらら が見つかりません」というエラーで終わっている場合です。インストール前に sudo apt update でパッケージ情報を更新するのを忘れていた場合などに出ます。


2

Livepatch > その他のソフトウェア から http://downloads.metasploit.com/data/releases/metasploit-framework/apt の項目を削除することでエラーを解消することができました。


2

ssh __Hoge echo "hello" これでは、sshが終了してからechoを実行することになります。 sshのmanpageには ssh [-46AaCfGgKkMNnqsTtVvXxYy] [-B bind_interface] [-b bind_address] [-c cipher_spec] [-D [bind_address:]port] [-E log_file] [-e escape_char] [-F configfile] [-I pkcs11] [-i identity_file] [-J destination] [-L address] [-l login_name] [-m mac_spec] [-O ctl_cmd] [-o option] [-...


2

アサーションに失敗しているのは以下の CHECK_DIE(cid->left_size() == ... の部分です。 dictionary.cpp if (!cid.get()) { cid.reset(new ContextID); cid->open(left_id_file.c_str(), right_id_file.c_str(), &config_iconv); CHECK_DIE(cid->left_size() == matrix.left_size() && cid->right_size() == matrix.right_size()) << "...


2

お騒がせしました。以下のとおり自己解決しました。 $ lspci | grep VGA  17:00.0 VGA compatible controller: NVIDIA Corporation GP102 [GeForce GTX 1080 Ti] (rev a1)  65:00.0 VGA compatible controller: NVIDIA Corporation GP102 [GeForce GTX 1080 Ti] (rev a1)  b3:00.0 VGA compatible controller: NVIDIA Corporation GP108 [GeForce GT 1030] (rev a1) $ sudo nvidia-xconfig --> /etc/X11/xorg....


2

apt.conf を任意のパスに保存して、apt コマンドの実行時に -c オプションで指定する方法があります。 ホームディレクトリの ~/apt.conf を指定する場合: $ sudo apt -c=~/apt.conf update また、毎回オプションで指定するのが面倒であれば、環境変数 APT_CONFIG に設定ファイルのパスを指定しておけば自動で認識するようになります。 $ export APT_CONFIG=~/apt.conf $ sudo apt update ログインシェルの設定ファイル (~/.bashrc) などに記載しておくとよいかもしれません。


1

vagrant は仮想環境を構築する際のツールなので、基本はホストOS側で実行するコマンドです。 しかし画面ではプロンプトに vagrant と表示されているので、仮想環境の中 (ゲストOS) でコマンドを実行しているためにうまくいかないのだと思います。


1

数値シミュレーション(流体力学とか)かなにかやってらっしゃるのでしょうか? 数値シミュレーションの場合、計算の途中結果を保存して、後で再開するようなプログラムの作り方はよく行われるようです。 シミュレーションプログラムは、シミュレーション対象を表現した変数(流体ならメッシュの節点の流速を保持する配列とか)を持っているはずです。 それらの変数はシミュレーション開始時に初期化され、シミュレーションの繰り返しと共に、更新されていきます。 プログラムの流れはだいたい次のような感じです 変数を初期化; 以下を必要な回数繰り返し:   1ステップシミュレーションする(普通は時刻の増分⊿t だけ進めるための計算をする)   途中結果を必要に応じてファイルに出力する 最終結果をファイルに出力する このようなプログラムを中断/...


1

2020-08-03 に再度 apt install を実行しましたが、同様に失敗しました。 代わりに、予め wget で入手したファイルを以下の手順でインストールすることに成功し、ヘッドレスモードで起動したり、Python の Selenium から操作することが出来ました。 よって一応の目的は達成しました。 $ sudo apt install ./firefox_79.0+build1-0ubuntu0.20.04.1_amd64.deb


1

同じ症状になったことが無いので適当な回答になりますが、まずはもう一度再起動してみてください。それで駄目なら、HDDやSSDが正常かどうかチェックされてはどうでしょう? 正常かどうかには、物理的に正常に動くかどうか(HDD等の寿命関係の調査)と、ケーブル類がきちんと接続されているか、電源は問題無いかなども含みます。 文字は出ているのにアイコンや壁紙等のアセットが全く表示されていないので、アセット等が物理的に読み込めなくなっている可能性があるかもしれません。(ただ、それだと設定メニュー自体は開きそうな気もするんですよね) HDD等に問題無い場合は私ならOSを再インストールしますが、もしそれでも同じ症状が出るなら、Ubuntuのイメージファイルに問題がある可能性があるので、最新(もしくは、少し前の安定板)...


1

GitHub のリポジトリから直接インストールしてみてはどうでしょうか。 $ lsb_release -a Distributor ID: Ubuntu Description: Ubuntu 20.04.1 LTS Release: 20.04 Codename: focal $ sudo pip3 install git+https://github.com/waveform80/picamera Collecting git+https://github.com/waveform80/picamera Cloning https://github.com/waveform80/picamera to /tmp/pip-req-build-g87qbbfe Building ...


1

メッセージは、 「PointCloud has: 1042 data points. PointCloud after filtering has: 0 data points.」 [直訳] 1042個のデータポイントがありました。 フィルタリング後、0個のデータポイントになりました。 というものですから、円柱検出をすべきデータが無い状況になっています(データが無いので、円柱抽出が出来ない)。 フィルタリングの過程で、データがどのように推移しているのかを追跡していっては如何でしょう?


1

scp (および sftp) では SSH を介してファイルの転送を行うので、ログインに関する情報が欲しいのであれば /var/log/auth.log を確認してみてください。 参考: Where would you find SCP logs? - Ask Ubuntu


1

rename 's/\.sh$/.txt/' *.sh で変換できると思います。


1

自己解決しました. 以下に必要な手順をまとめておきます. まず,私の場合は設定時にはtype-cでUSB接続する必要がありました. 設定が完了すればBT接続でも全く問題ありません. 普通に使用できます. さらに,私はMacのキーボードレイアウトと同じようにHHKBが認識されるのを期待して「HHKB for Mac」のレイアウトにしていました. これでは全くうまく行きません. 「HHKB」に修正する必要があります. これで一度ログアウトすれば無事にHHKBのレイアウトになりました. そして最後に今までcapslockをctrlに置き換えて使用していたので,そこを修正する必要がありました. これをしないとCtrlが消滅します... 以上でubuntuでもHHKBが問題なく使用できるようになりました! ...


1

以下のブログ記事を参考に、まず ruby-dev パッケージをインストールしてから 質問に記載した gem コマンドを実行することで無事にインストールできました。 参考: mkmfが無い場合はruby-devをインストール $ sudo apt-get install ruby-dev この投稿は @takashin10 さんのコメント の内容を元に コミュニティwiki として投稿しました。


1

:terminal は引数で実行するコマンドを指定できます。無指定の場合は $SHELL が使われるので、通常はシェルが立ち上がります。 つまり以下のようなコマンドを実行すれば、現在のバッファを bash に渡して実行できます。% は現在バッファの名前に置き換えられて実行されます。 :terminal bash %


1

pv プロセスの stdin と stdout に対して、read(2) も write(2) も呼び出されていません。 $ lsb_release -ir Distributor ID: Ubuntu Release: 20.04 $ uname -srm Linux 5.4.0-37-generic x86_64 $ pv --version pv 1.6.6 - Copyright 2015 Andrew Wood <andrew.wood@ivarch.com> $ cat /dev/urandom | pv -rf -t -i 2 >/dev/null 2>output & strace -p $! -e read,write : ...


1

">" と ">>" でシステムコールに違いがあるのは不可解です。 "cat hoge | pv > /dev/null" は、シェルが /dev/null を open する時に O_APPEND を付けるかどうかの違いしかなく、pv の処理には影響しないはずです。 実際手元の CentOS6.9 で試してみた限りでは、その違いしか見られませんでした。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります