次のタグが付いている話題の回答:

4

エラーメッセージに出ている通り、ファイルがgz形式でないのが原因です。何らかの理由でダウンロード(保存)に失敗していると思われるので、再ダウンロードしてみてください。 エラーメッセージ tar xvzf geckodriver-v0.24.0-linux64.tar.gz gzip: stdin: not in gzip format → "ファイルがgzip形式では無い" file geckodriver-v0.24.0-linux64.tar.gz geckodriver-v0.24.0-linux64.tar.gz: HTML document, ASCII text, with very long lines, with no line terminators → "ファイルは(...


4

(質問コメントによれば自己解決済みとのことですが、情報提供まで) ffmpegを用いて、h264形式の動画を分割することは可能でしょうか? 可能です。FFmpegの基本的なデータ処理は、「入力動画をデコード(復号; 伸張)してから指定フォーマットでエンコード(符号化; 圧縮)」という流れをとります。入出力ファイルフォーマットに関わらず、内部的には動画・音声データを(ある程度)統一的に取り扱います。 もし可能であれば、どのようなコマンドを記入すればよいのでしょうか? 自己解決コメントにあるコマンドでは、読み込んだ入力ファイルをH.264動画デコードし、コンテンツ位置00:03:05から45秒長を抽出した後に、H.264動画エンコードしたものが出力ファイルへ書き出されます。 ...


4

nohupと&を組み合わせてコマンドをバックグラウンドで実行してください。 $ nohup python sample.py &


3

自己解決しました。フリーズしたのではなく、単に時間(10秒から30秒程度)がかかっていただけです。 あくまで推測ですが、64bit環境で32bit用のフォントキャッシュを作るのに時間がかかっていたのではないかと思います。 実際に試して回答くださった方に感謝いたします。


2

以下は何か問題が起きた時に通常見るものだと思います。 systemd が使われている OS なら journalctl /var/log/ 以下のファイルを(ディレクトリもあるならその中も含めて)一通り これらに加えて、今回はキーやマウスの問題ということで、以下も有効かもしれません。いずれも「別端末から ssh」が必要ですが。 libinput を使っているなら、症状が発生している状態で別端末から ssh し、sudo libinput debug-events を実行してキーやマウスの操作をして、出力を確認する (症状が発生していない時の出力と比較する) 症状が発生している状態で別端末から ssh し、xev を起動し、xev のウィンドウを focus してマウスやキーの操作をして、出力を確認する (...


2

残念ながら、h264ファイル(正確にはH.264 Bitstreamフォーマット)はフレームレート情報を正しく保持できません(※)。FFmpegが表示する "25fps" は、単に入力ファイルにはフレームレート情報がないためにデフォルト値を表示しているだけです。 raspivid公式ドキュメントにも記載あるように、MP4ファイルフォーマットではフレームレートが保持されます。フレームレートを知っているのはあなた自身ですから、「raspividへのキャプチャFPS指定」と「h264→mp4変換へのFPS指定」を組み合わせることで、正しいフレームレート情報が含まれた動画ファイルを生成できます。 ※: 厳密にはH.264 BitstreamでもFPSを格納するオプション的なフィールドは存在しますが、...


2

質問にあるエラーは、numpyが使用する数値演算ライブラリーがインストールされていないため発生しているように思われます。numpyをpipでインストールしたのであれば、libblas3, liblapack3, libc6をインストールしてみてください。 sudo apt-get install libblas3 liblapack3 libc6 もし、それでも同じエラーが出るのであれば、仮想環境を作成してインストールしてみてください。 sudo apt-get install python3.4-venv python3 -m venv env source env/bin/activate pip install numpy opencv-python


2

仮想ゲスト上で仮想化支援機能を有効にし、さらに仮想化することNested Virtualization(入れ子仮想化、Nested VMsとも)といいます。この機能を有効にするには、基本的に仮想ゲスト自体の設定を仮想化ソフト上で行う必要があります。VMware Workstation Playerについては下記の公式、およびその翻訳に設定方法が載っていますので、参考にしてください。 Running Nested VMs |VMware Communities Running Nested VMs - Qiita (上記の翻訳) 上記に書かれていない古いバージョンではNested Virtualizationがサポートされていません。その他、有効にするための条件も書かれていますので、確認してください。なお、...


2

こちらのページに書かれているように、systemctl のデフォルトのランレベルを graphical.target (5) から multi-user.target (3) に変更するのはいかがでしょう。 Ubuntu 16.04 LTS のランレベルを変更して CUI で動かす


2

具体的な内容がちょっと分からないので補完しつつ一般的な例を書きます。 /tmp/spam/がカレントディレクトリで、そこに例示したテキストファイル(test.txtとします)とaaa.JPG、bbb.JPG、……があり、/tmp/eggs/に移動したいものとします。このとき、 $ pwd /tmp/spam/ $ cat test.txt | xargs -n 1 -I % mv % /tmp/eggs と実行することで、テキストファイルの各行のファイルを移動先に移動させることが可能です。


2

(minish さんの回答、コメントでのやり取りに対する補足です) サンプルのMakefileでは以下のような記述になっていますが TCLSH = /usr/local/bin/tclsh8.4 TCL2C = /usr/local/bin/tcl2c++ ご質問の環境にてdpkgコマンドで確認した結果、インストールされているファイルは/usr/bin/tclsh8.4にあるのが分かったわけですから、その環境に合わせてMakefileの記述を修正する必要があります。 (tcl2c++は適当に記載しましたが、こちらも実際の環境を確認のうえ修正してください) TCLSH = /usr/bin/tclsh8.4 TCL2C = /usr/bin/tcl2c++ ...


2

Open social_mapper.py and enter social media credentials into global variables at the top of the file とは、各種SNSの認証情報を social_mapper.py 上部の変数に入力する、という意味です。 このため、ユーザー名やパスワードをこの部分に入力してください。


2

MeCabをUbuntuのパッケージマネージャ(aptコマンド)経由でインストールした場合には、libmecab-devパッケージを追加でインストールしてみてください。 表示されているコンパイル時のエラー、mecab.h: No such file or directoryは「必要なヘッダファイルが見つからない」という内容ですが、このファイルはMeCab本体とは別のパッケージに含まれています。 $ sudo apt search mecab p libmecab-dev - Header files of Mecab p mecab - Japanese morphological analysis system bionic の amd64 アーキテクチャ用 ...


2

当てずっぽうですが… Windows sybsystem for LinuxのSSL/TLSがKasperskyに拒まれるといった話もあります。 ウィルス対策ソフトを無効化することで改善する可能性があります。


2

単にRailsアプリのフロントアセットのコンパイルと言ってもどのような構成になっているか(ビルド環境、使用技術)によって様々な場合が存在するかと思います。 Rails標準のアセットパイプラインの sprockets-rails や webpacker などを利用しているアプリケーションであれば一般的に rails assets:precompile でプリコンパイルが行えるでしょう。


2

お使いの機器では Ubuntu の USB 起動メディア(sdc)が、USB 3.0 のポートを使用して起動すると、起動の途中で I/O エラーが発生しておりシステムが起動できない状態のようです。 blk_update_request: I/O error, dev sdc, sector 30218839 Buffer I/O error on dev sdc1, logical block 15108392, async page read Buffer I/O error on dev sdc1, logical block 15108393, async page read Buffer I/O error on dev sdc1, logical block 15108394, async page ...


2

Ubuntu18.04を使うのは諦めてください。ruby1.8を扱うには新しすぎます。 古いアプリケーションが前提なので、rubyは1.8.2を用意しなければならないでしょうが、ruby自体素直に正しくビルドできるか怪しいです。 アプリケーションが依存するライブラリも、pure rubyで書かれているものならともかく、外部のライブラリ(例えばDBとか)に依存するものは現在のOSが提供するものでは互換性がなくビルドすらままならないものが多数出てきます。古いバージョンを持ってきたとしても、それをビルドするのにまたそちらの互換性問題を解決しなければなりませんし、バイナリパッケージシステムが前提になっている現代の環境との齟齬に起因するトラブルも背負い込むことになります。 ...


2

公式の資料を見つけられませんが、下記issueにある開発メンバーのコメントを読む限り、どうやら、WSL1はWindows側の物理メモリとページングファイルをそのまま使用するらしく、freeでもそれらのサイズをそのまま表示しているだけのようです。 https://github.com/Microsoft/WSL/issues/92#issuecomment-222318797 注意して欲しいのは、Windowsのシステムのプロパティにある仮想メモリのページングファイルサイズ、タスクマネージャーのコミット済みのサイズ(仮想メモリのサイズ)、systeminfoで表示される仮想メモリのサイズ等は、現在割り当てられているページングファイルのサイズから算出されていることです。対して、...


1

サポートされていない=何かあったら自分で責任取るってことですよね 選択肢1 バージョンアップ ruby (に限らず)開発環境一式新しいバージョンを用意して自作プログラムを新しいプラットフォーム上で動かしてみる。まっとうだけど面倒な道です。過去互換性を切り捨ててバージョンアップを行う傾向のある php などでは結局作り直しなのかも。一通り動作検証が済んだころには主要ライブラリの次のバージョンがリリースされていたりして賽の河原かもしれません。でもサポートも得られそうですし情報収集が楽なのはこっちでしょう。 選択肢2 野良ビルド 外部ライブラリの当時のバージョンのソースを入手し野良ビルドします。っていうか商用 UNIX の世界ではこれが当たり前でした。どうせサポート外バージョンであるわけで、...


1

OSError: [Errno 2] No such file or directory: '/lan/social_mapper/myhome/' これは、 '/lan/social_mapper/myhome/' というディレクトリが存在しないというエラーです。 myhomeに写真が入っています。 とのことですが、これまでの質問を確認するにWindows Subsystems for Linuxをお使いのようなので、おそらくWindowsではそのようなディレクトリがあるものの、Linux内部の環境では存在ないか、認識出来ていないではないでしょうか。


1

エラーを発生させている原因箇所がこちらで、sequential.pyのLinearクラスにおけるbiasを、biasというパラメータを受け取らないchainer.links.Linearに渡しているのが原因です。 そもそもの原因として、https://github.com/musyoku/improved-gan/ 自体のメンテナンスが2年近く前で停止しているので、当時は動いていたものの最新版のChainerでは動かない、のではないでしょうか。 修正方法として以下の2種類が考えられます。 https://github.com/musyoku/improved-gan/ 全体を最新版のChainerで動くように作り変える。 古いバージョンのChainerをインストールして、動くか確認する。


1

おそらく文字コードです。読み込みに利用しているファイルの文字コードと、実行時のLocaleのつじつまあっているか、確認してください。 Windowsコマンド環境では・・・・といいう話なので、ja_JP.UTF8でSJISのテキストを処理しようとしたりしてませんか?<読み込み時に指定していないと大抵、ご提示の雰囲気の文字列に化けます。


1

外しているかもしれませんが、「Spresense SDK チュートリアル」の ”1.3. Spresense メインボードへのブートローダーのインストール” を行いましたか? NuttX が正しくインストールされているならば、 NuttShell (NSH) nsh> のコマンドプロンプトが出るはずです。おぼろげな記憶で不確かですが、ブートローダをインストールしていないと、"updater#" のコマンドプロンプトが出ていたように思います。


1

tcl 8.4 のスクリプトを使用して gen/ns_tcl.cc をリダイレクトにより作成しようとしているところでエラーとなっています。 参考にした ns-2.34 の Makefile の抜粋です。 TCLSH = /usr/local/bin/tclsh8.4 TCL2C = /usr/local/bin/tcl2c++ $(GEN_DIR)ns_tcl.cc: $(NS_TCL_LIB) $(TCLSH) bin/tcl-expand.tcl tcl/lib/ns-lib.tcl $(NS_TCL_LIB_STL) | $(TCL2C) et_ns_lib > $@ コンパイルするには tcl8.4(/usr/bin/tclsh や /usr/local/bin/tclsh8.4 など) ...


1

lsofコマンドの-iオプションで:ポート番号を指定して実行すると、該当のポートを使用しているプロセスがもしあればコマンド名やプロセスIDが表示されます。 $ lsof -i :3306


1

Bashやzshでは、$(<ファイル名)により、テキストファイルの内容をコマンドラインに展開できます。 $ mv $(<filelist.txt) /path/to/dest_dir


1

こんな感じでしょうか。 for x in *; do mv "$x" $(sed -ne '\|^snapshot_prefix: "/home/.../\(.*\)_solver"$|{s//\1/;p;q}' "$x").拡張子 done


1

text オプションは効かないので、次のようにしてください。 GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="systemd.unit=multi-user.target nosplash" または GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="systemd.unit=multi-user.target quiet nosplash"


1

「それぞれのファイルに対してほぼ同じコマンドを実行したい」というときにまず検討するのはシェルスクリプトの利用だと思います。 たとえば、ファイル名のところだけ「穴」にしたテンプレートを用意して、ファイルごとに「穴」を sed コマンドや awk コマンドで埋め、実行するという方法が考えられます。「すべてのファイルに対して実行する」ためには find コマンドの -exec オプションやシェルスクリプトの for が便利です。 今回はシェルスクリプトで作ってみます。まずテンプレートを作ります。「穴」を %%NAME%% という文字列にしておいて、ここを後から置き換えます。ファイル名はここでは plot_log.gnuplot.template にしました。中身はあくまで例なので適当に書き換えてください。 ...


1

原因は他のアプリケーションが80番ポートを使用していたということです。 (コメント欄より)


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります