次のタグが付いている話題の回答:

3

質問者です。 SavePath自体の文字コードがR上ではUTF-8で処理されていて、ここにshift-jisが混じるとパスが内部で文字化けを起こしてエラーを出しているようでした。 解決策としてはiconvを使ってutf-8からshift-jisに変換したパスを使う、というものになります。 DirectoryName <- "D1" SavePath <- str_c("data/ディレクトリ/", DirectoryName, sep = "", collapse = NULL) SavePath <- iconv(SavePath, from = "utf-8", to = "cp932") として、 read_xlsx( iconv( str_c(...


3

rbind()の代わりにdplyrパッケージのbind_rows()を用いることで解決できると思います 例 df1 <- data.frame(a = 1:2, b = 3:4, c = 5:6) df2 <- data.frame(a = 7, b = 8, d = 9) library(dplyr) bind_rows(df1, df2) # a b c d # 1 1 3 5 NA # 2 2 4 6 NA # 3 7 8 NA 9 [EDITED] 実際の手順としては、以下の様な感じで最初に全て結合させてからselect()するのがシンプル (&おそらく高速) です library(dplyr) library(data.table) lf <- ...


3

そちらのブログを書いている者です。読んでいただいてありがとうございます。 新しい列を作りたくないのですが、その場合 はい、それで大丈夫です。 2.先頭行のNAをその次の行の値で埋めたいのですが 列名が非常に複雑で、番地を指定してループを回す方法で行きたいのですがうまくいきません。 ちょっとデータの形がよくわからないのですが、こういう感じでしょうか? 質問文のコードでどういうエラーが出たのかも書いていただけるとありがたいです。 library(dplyr, warn.conflicts = FALSE) df <- data.frame( col1 = 1:10, col2 = 1:10, col3 = 1:10, col4 = 1:10, col5 =...


2

mutate_ifやmuatate_at関数を利用して、対象のデータ型あるいは変数を指定できます。 例のirisデータセットの数値が あらかじめ数値型としてセットされているので、一旦文字列型に変更しています str(iris) 'data.frame': 150 obs. of 5 variables: $ Sepal.Length: num 5.1 4.9 4.7 4.6 5 5.4 4.6 5 4.4 4.9 ... $ Sepal.Width : num 3.5 3 3.2 3.1 3.6 3.9 3.4 3.4 2.9 3.1 ... $ Petal.Length: num 1.4 1.4 1.3 1.5 1.4 1.7 1.4 1.5 1.4 1.5 ... $ Petal....


2

data.tableを使うことができると思います。 library(data.table) #test data DT <- data.frame(a = c("1", "2", "3"), b = 4:6, c = as.factor(7:9), stringsAsFactors = FALSE) setDT(DT) char.col <- which(sapply(DT, is.character)) DT[ , (char.col) := lapply(.SD, as.numeric), .SDcols = (char.col)] # DT # a b c # 1: 1 4 7 # 2: 2 ...


2

バックエンドとしてdata.tableを用いる場合には、異なるキーによるjoinがまだサポートされていません。 Join with different keys · Issue #20 · hadley/dtplyr https://github.com/hadley/dtplyr/issues/20 このコードは、timeとtime1という異なるキーをjoinしようとしているのでError: Data table joins must be on same keyというエラーになるようです。 by=c("time"="time1","ID"="ID") とりあえずの回避策としては、time-1のカラムをtime1ではなくtimeにすることです。こうすれば同じキーでjoinできます。(そのかわり、...


2

tidyverseでやるならこんな感じでしょうか。 library(tidyverse) iris[-5] %>% mutate(rn = row_number()) %>% pivot_longer(-rn) %>% group_by(rn) %>% mutate( max_idx = which.max(value), max_val = max(value) ) %>% ungroup() %>% pivot_wider(names_from = name, values_from = value) %>% select(-rn)


2

scale_color_manual()の引数にlabelsを追加すればできます。 iris %>% ggplot(aes(x = Sepal.Length, y = Petal.Length, color = Species)) + geom_line() + scale_color_manual(values = c('red','blue','orange'), labels = c("hoge", "fuga", "piyo"))


1

theme() 関数で legend.text を設定して modelplot(model) に追加してみてはどうでしょうか。 library(ggplot2) library(modelsummary) model <- list( `モデル1` = lm(mpg ~ ., data = mtcars), `モデル2` = lm(Sepal.Length ~ ., data = iris) ) family_serif <- "MS Mincho" p <- modelplot(model) + theme(legend.text = element_text(family=family_serif)) ggsave(file="model....


1

ヘルプの values 引数の説明に The values will be matched in order (usually alphabetical) with the limits of the scale, or with breaks if provided. とあります. 色を指定する values を設定したならば, 対応する wks 列の値がなんであるのか breaks で指定する必要があります. 設定しない場合, ソートした順などになるため対応関係がおかしくなることがあります. そして labels はあくまで凡例のラベルを上書きするためのもので, 対応関係を指定するものではありません. よって, breaks にも labels に指定したものと同じものを指定してください. shape ...


1

purrr::pmap()を使うのが良いかと思います。 # irisデータの"Sepal"から始まる最大値をmutate iris %>% mutate(max = select(., starts_with('Sepal')) %>% pmap(., ~ max(.)))


1

purrr::pmap, base::pmax でもいけます。 library(tidyverse) # example data set.seed(1) N_COL <- 17 N_ROW <- 8 df_ <- runif(N_ROW * N_COL) %>% round(2) %>% matrix(N_ROW, N_COL) %>% as.data.frame() %>% set_names(str_c("X_", seq_len(MAX_COL))) # procedure df_ %>% mutate(X_max = pmap(select(., X_1:X_15), ~ pmax(...)))


1

Pythonの場合は、次のように書けます。 df[['q1'] + ['q22_' + format(i, '02d') for i in range(1,16)] + ['q25', 'q28'] + ['q33_' + str(i) for i in range(3,22)]]


1

dplyrパッケージのmutate_if()には直で否定演算子を入れる事はできませんが、function(col)を用いることで、FALSEなカラムのみに関数を適応、を簡潔に実現できます。 test <- iris %>% mutate_if(function(col) !is.numeric(col), as.numeric) head(test, n=2) # Sepal.Length Sepal.Width Petal.Length Petal.Width Species # 1 5.1 3.5 1.4 0.2 1 # 2 4.9 3.0 1.4 ...


1

以下を試してみてください: library(dplyr) library(tidyr) df <- data.frame( v1 = 1:5, v2 = sample(11:20, 5), v3 = sample(21:30, 5), v4 = sample(31:40, 5) ) df %>% gather(key = person, value = data, -v1) gather()はwide型データをlong型データに置き換える関数です。keyには「その値(value)がwide型のときどの変数にあったものなのか」を示し,valueはその値を示します。そして残りの引数(...と表現されるもの)には,「valueに流し込む値がある変数」を指定します。 ...


1

こういう感じのコードではどうでしょうか: # パッケージ読み込み library(tidyverse) # テスト用にdata.frame作成 # 以下のコードでdata1-data3というdata.frameができます data_list <- paste("data", 1:3, sep = "") for(i in 1:length(data_list)) { assign( data_list[i], data.frame( x1 = rnorm(10), x2 = rnorm(10) ) ) } # メインの処理 # data.frameを加工してcsvへの出力 for(i in 1:length(data_list)) { ...


1

lmRes_setはロング形式ではない、処理し難いデータとなっています。まずはこれをロング形式化し、以降の処理を行っていく形となります。 temp <- population %>% group_by(setid) %>% do(model1 = tidy(lm(score ~ age, data = .)), model2 = tidy(lm(score ~ age + gender, data = .))) %>% ## ここまで質問者様コード gather(model_name, model, -setid) %>% ## ロング形式化 unnest() %>% ...


1

data.tableの構文によるこうすれば役に立つとおもいます: library(data.table) obj = rbindlist(lapply(lf, fread, select = c("ID", "hoge"))) なぜあとで除くつもり列を初めに含むか?こうしたらまず除いてから結合する。


1

一度、欲しい形のIDとPANELのセットだけを含むテーブルを作成し、 それに結合してはどうでしょうか? master <- data %>% group_by(ID) %>% dplyr::summarise(PANEL = max(PANEL)) dplyr::left_join(master, data, by = c("ID", "PANEL"))


1

そのエラーはおそらく、dplyrは関係なく文法上のミスです。$[]ではなく[]が正しいです。 fはこういう結果を返す関数ということであっていますか? f <- function(x,y,z,v) { m <- matrix(c(4.108074, 4.112013, 4.108074, 4.109363)) rownames(m) <- c("Akaike", "Bayes", "Shibata", "Hannan-Quinn") m } #> f(1,1,1,1) #> [,1] #> Akaike 4.108074 #> Bayes 4.112013 #> Shibata 4....


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります