次のタグが付いている話題の回答:

3

rbind()の代わりにdplyrパッケージのbind_rows()を用いることで解決できると思います 例 df1 <- data.frame(a = 1:2, b = 3:4, c = 5:6) df2 <- data.frame(a = 7, b = 8, d = 9) library(dplyr) bind_rows(df1, df2) # a b c d # 1 1 3 5 NA # 2 2 4 6 NA # 3 7 8 NA 9 [EDITED] 実際の手順としては、以下の様な感じで最初に全て結合させてからselect()するのがシンプル (&おそらく高速) です library(dplyr) library(data.table) lf <-...


3

そちらのブログを書いている者です。読んでいただいてありがとうございます。 新しい列を作りたくないのですが、その場合 はい、それで大丈夫です。 2.先頭行のNAをその次の行の値で埋めたいのですが 列名が非常に複雑で、番地を指定してループを回す方法で行きたいのですがうまくいきません。 ちょっとデータの形がよくわからないのですが、こういう感じでしょうか? 質問文のコードでどういうエラーが出たのかも書いていただけるとありがたいです。 library(dplyr, warn.conflicts = FALSE) df <- data.frame( col1 = 1:10, col2 = 1:10, col3 = 1:10, col4 = 1:10, col5 =...


2

mutate_ifやmuatate_at関数を利用して、対象のデータ型あるいは変数を指定できます。 例のirisデータセットの数値が あらかじめ数値型としてセットされているので、一旦文字列型に変更しています str(iris) 'data.frame': 150 obs. of 5 variables: $ Sepal.Length: num 5.1 4.9 4.7 4.6 5 5.4 4.6 5 4.4 4.9 ... $ Sepal.Width : num 3.5 3 3.2 3.1 3.6 3.9 3.4 3.4 2.9 3.1 ... $ Petal.Length: num 1.4 1.4 1.3 1.5 1.4 1.7 1.4 1.5 1.4 1.5 ... $ Petal....


2

data.tableを使うことができると思います。 library(data.table) #test data DT <- data.frame(a = c("1", "2", "3"), b = 4:6, c = as.factor(7:9), stringsAsFactors = FALSE) setDT(DT) char.col <- which(sapply(DT, is.character)) DT[ , (char.col) := lapply(.SD, as.numeric), .SDcols = (char.col)] # DT # a b c # 1: 1 4 7 # 2: 2 ...


1

Pythonの場合は、次のように書けます。 df[['q1'] + ['q22_' + format(i, '02d') for i in range(1,16)] + ['q25', 'q28'] + ['q33_' + str(i) for i in range(3,22)]]


1

バックエンドとしてdata.tableを用いる場合には、異なるキーによるjoinがまだサポートされていません。 Join with different keys · Issue #20 · hadley/dtplyr https://github.com/hadley/dtplyr/issues/20 このコードは、timeとtime1という異なるキーをjoinしようとしているのでError: Data table joins must be on same keyというエラーになるようです。 by=c("time"="time1","ID"="ID") とりあえずの回避策としては、time-1のカラムをtime1ではなくtimeにすることです。こうすれば同じキーでjoinできます。(そのかわり、...


1

dplyrパッケージのmutate_if()には直で否定演算子を入れる事はできませんが、function(col)を用いることで、FALSEなカラムのみに関数を適応、を簡潔に実現できます。 test <- iris %>% mutate_if(function(col) !is.numeric(col), as.numeric) head(test, n=2) # Sepal.Length Sepal.Width Petal.Length Petal.Width Species # 1 5.1 3.5 1.4 0.2 1 # 2 4.9 3.0 1.4 ...


1

以下を試してみてください: library(dplyr) library(tidyr) df <- data.frame( v1 = 1:5, v2 = sample(11:20, 5), v3 = sample(21:30, 5), v4 = sample(31:40, 5) ) df %>% gather(key = person, value = data, -v1) gather()はwide型データをlong型データに置き換える関数です。keyには「その値(value)がwide型のときどの変数にあったものなのか」を示し,valueはその値を示します。そして残りの引数(...と表現されるもの)には,「valueに流し込む値がある変数」を指定します。 ...


1

こういう感じのコードではどうでしょうか: # パッケージ読み込み library(tidyverse) # テスト用にdata.frame作成 # 以下のコードでdata1-data3というdata.frameができます data_list <- paste("data", 1:3, sep = "") for(i in 1:length(data_list)) { assign( data_list[i], data.frame( x1 = rnorm(10), x2 = rnorm(10) ) ) } # メインの処理 # data.frameを加工してcsvへの出力 for(i in 1:length(data_list)) { ...


1

lmRes_setはロング形式ではない、処理し難いデータとなっています。まずはこれをロング形式化し、以降の処理を行っていく形となります。 temp <- population %>% group_by(setid) %>% do(model1 = tidy(lm(score ~ age, data = .)), model2 = tidy(lm(score ~ age + gender, data = .))) %>% ## ここまで質問者様コード gather(model_name, model, -setid) %>% ## ロング形式化 unnest() %>% ...


1

data.tableの構文によるこうすれば役に立つとおもいます: library(data.table) obj = rbindlist(lapply(lf, fread, select = c("ID", "hoge"))) なぜあとで除くつもり列を初めに含むか?こうしたらまず除いてから結合する。


1

一度、欲しい形のIDとPANELのセットだけを含むテーブルを作成し、 それに結合してはどうでしょうか? master <- data %>% group_by(ID) %>% dplyr::summarise(PANEL = max(PANEL)) dplyr::left_join(master, data, by = c("ID", "PANEL"))


1

そのエラーはおそらく、dplyrは関係なく文法上のミスです。$[]ではなく[]が正しいです。 fはこういう結果を返す関数ということであっていますか? f <- function(x,y,z,v) { m <- matrix(c(4.108074, 4.112013, 4.108074, 4.109363)) rownames(m) <- c("Akaike", "Bayes", "Shibata", "Hannan-Quinn") m } #> f(1,1,1,1) #> [,1] #> Akaike 4.108074 #> Bayes 4.112013 #> Shibata 4....


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります