次のタグが付いている話題の回答:

3

これは何故でしょうか? TestModelが参照型であるためです。 SwiftUIでは、@Publishedなプロパティの値(またはその一部)が参照型である場合、参照されているオブジェクト内のプロパティが変更されても「値の変化」とはみなしません。 (これはSwift言語の「値の変化」に基づいて決定されている仕様です。) 内側の参照型をObservableObjectに適合させて@Publishedを付けても全く効果はありません。 特に理由がなければ、プロパティの値が変化した時にUIを更新させたい、と言う場合にはstructを使うべきです。 import SwiftUI struct TestView: View { @StateObject var testViewModel = ...


2

なにかSwiftのバージョンによる違いでしょうか? 参考記事はタイムスタンプから見て、WWDC 2019で最初のSwiftUIが発表された直後の記事、つまりβ版のSwiftUIを元に書かれたもののようです。おそらくβ版ではTextFieldのイニシャライザの引数のデータ型や順番が正式版とは異なっていたのでしょう。 現在のSwiftUIに基づいて書くと次のようになります。 struct ContentView: View { @State var text: String = "" var body: some View { HStack { //# Placeholder文字列が先、textへのBindingが後 ...


1

deleteDisabled(_:Bool)と言うview modifierがちょうどご記載の機能を実現するためのもののようです。 struct Person: Identifiable, Hashable { var id: UUID = UUID() var name: String var age: Int var deletable: Bool } struct ContentView: View { @State var persons: [Person] = [ Person(name: "taro", age: 10, deletable: true), Person(name: "hoge&...


1

ContentViewModelとModalViewModelどちらもにisConfirmedがあるのは仕方ないのでしょうか? そもそも ContentViewModelのisConfirmedは print でしか使われていません。 (そして値も変わることがなさそうです。つまり使われていないと言えます) よって、根本的にこの質問は成り立たないように感じます(ContentViewModelのisConfirmedは削除しまってよいと考えます)。 下記はContentViewModelのisConfirmedに関する部分をコメントアウトして実際に試したコードです(全コードを1ファイルに載せるのは、お作法的にはよろしくないですが...)。意図通りの動きをすると思います。...


1

案1の問題点 NavigationLink内のlabelとして働くViewに対して、onTapGestureを設定しているため、タップイベントの処理が横取りされる形になって、NavigationLinkとしての動作が出来ないのだろうと思われます。 案1の解決方法 1の案についてこのようなmodal→NavigationLinkの遷移は可能でしょうか?NavigationLinkのisActiveを利用しようかと思ったのですが、NavigationLinkが複数ありそれぞれにフラグが必要かと思うので、他にもっとわかりやすい方法があればと思いそちらがいいなと思っています。それしかなかったら実装します。 NavigationLinkには、isActive:の他に、tag:selection:...


1

ViewBuilderは、Appleの独自実装の扱いだった_functionBuilderから、Swift 5.4以降は名称の変更されたresultBuilderとして実装されています。 SE-0289 Result builders その中にこんな記載があります。 Imperative control-flow statements  return statements are ill-formed when they appear within a transformed function. However, note that the transformation is suppressed in closures that contain a return statement, so this ...


1

サイズを取得して与えることは下記を参考にすることでできました。 SwiftUI - Get size of child? 全体のコード: import SwiftUI struct ContentView: View { @State private var isShow = false var body: some View { ZStack { Button( "Show Sheet", action: { withAnimation { self.isShow.toggle() } } ) .zIndex(0) ...


1

animationモディファイアの説明は、次のようになっています。 Summary Applies the given animation to all animatable values within this view. to all animatable values within this view とありますから、このモディファイヤが付加されたViewに内在する全てのanimatableな値(@Stateや@Bindingのことではありません)に対するアニメーションを指定する、と言う感じですね。 あなたの、「withAnimationの場合のみアニメーションする例」では、animationモディファイヤが付加されたFirstViewやSecondViewには、(flagで変化するような)...


1

下記のようなグローバル変数 i を参照できる関数を用意します。 var i = 0 func addIAndShowI() { i = i + 1 print(i) } 全体のコードは下記です。 import SwiftUI var i = 0 func addIAndShowI() { i = i + 1 print(i) } class Student: ObservableObject { var name: String init(name: String) { self.name = name } } struct ContentView: View { @State private var student: Student? @...


1

まず、エラー文は以下の画像の通りで、"Nested Arrays are not supported" とあります。 Firebaseの公式ドキュメントに明記されているようです。 データ型 配列の要素として他の配列値を格納することはできません。 ネストされた配列と言うのは、あなたがおっしゃるところの「二次元配列」になりますが、そのようなものを格納することはできない、と言うことですね。 仕様上は許されていても、「何番目はどんな意味を持つ」と言うことが決まっているデータを配列にしてしまうのは、データ設計上も好ましいものではありません。マップ(いわゆる辞書型)の配列は許されているようなので、そちらを使用すると言うのが一つの手でしょう。 新規保存: db.collection(...


1

アドバイス頂いた内容から、SwiftUIでカスタムオブジェクトをFirebaseに保存することができるようになりましたので、簡潔に手順をまとめておきます。 1. XcodeでSwiftUIにチェックを入れて新規プロジェクト作成 ファイル名App.swift と ContentView.swift の2つがデフォルトで作成されているはずです。 2. X-codeで、 →File →Swift Packages →Add Package Dependency... → URLに https://github.com/firebase/firebase-ios-sdk.git と入力 →firebase、firebasefirestore、firebasefirestore-swiftの3つをインストール(...


1

あなたは、dataDescriptionをString型で宣言しているんで、その状態から一部の要素を取り出すには、文字列操作が必要になります。 FireStoreのdata()の結果は、SwiftではOptionalの辞書型([String: Any]?)になります。map(String.init(describing:))なんてことはやらずに、辞書型の状態から値を取り出してください。 let db = Firestore.firestore() let docRef = db.collection("collectionnameX").document("docmentnameX") docRef....


1

手元で全く同じ事象が再現できない(別の事象が発生してクラッシュする)ので、確実なことが言える状態ではないんですが、ForEach(0..<post.tags.count)の代わりにForEach(post.tags.indices, id: .self)として見るとどうなりますか? 指摘いただいた部分を以下のように修正することで解決できました。 ForEach(post.tags.indices, id: \.self) { i in if let tag = post.tags[i].name { Text(tag) .font(.caption) } } List内でForEach処理をする場合はarrayでもインデックスを利用した方が良いみたいです。


1

警告には via operators like receive(on:) といってるので receive(on:) を使う書き方があるのでしょうか? 警告の文言は、「バックグラウンドスレッドからの@Published変数の更新」一般について出されるものなので、特にNWPathMonitorのようなクラスを意識したものではなく、「URLSession.dataTaskのようにPublisherが得られる代替APIが存在する場合」を念頭に置いたものだろうと思われます。 特に「Publisherが得られる代替API」が存在しない場合に、無理にreceive(on:)を使う必要はないのではないでしょうか。 class ContentViewModel: ObservableObject { @...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります