次のタグが付いている話題の回答:

3

2個目のリンク先にある「上のコードは、以下のように変換されます。」と言う記述には気がつかれたでしょうか。 SwiftUIでは、宣言的な記述を行うために、上記のような「変換」が必須となるわけですが、これを実現するためには、言語プロセッサとしてのSwiftに拡張を施す必要があります。本来、プログラミング言語としてのSwiftの進化には、Evolutionに定められたプロセスを経て、採択される必要があります。 ところが、SwiftUIを実現するために必要な言語拡張のうちpropertyWrapperについては、正式なEvolutionの手続きを経ているのですが、もう一つの重要な拡張である_functionBuilderについては、そのような手続きを経ないまま、「Appleの独自拡張」...


3

@Stateのようなアトリビュートは、Swift 5.1 (Xcode 11)で初めて導入されたもので、property wrapperと呼ばれます。 次の1行の宣言文は、 @State var like = true Swiftコンパイラ内部で次のような宣言に変換されてコンパイルされます。 private var _like: State<Bool> = State(wrappedValue: true) var like: Bool { get { return _like.wrappedValue } set { _like.wrappedValue = newValue ...


2

Rectangleを置いて幅や高さを調整して線に見せるといいですよ。 1ptの線を引くなら高さまたは幅を1ptに指定した矩形を置く、ということです。 struct ContentView: View { var body: some View { VStack { ForEach(1...10, id: \.self) { i in VStack(spacing: 0) { HStack { Rectangle() .foregroundColor(.blue) ...


2

結論を先に書くと、 @Stateを付けたプロパティは、イニシャライザの中で値を変更しても必ず無視されます。 残念ながら、@Stateの詳細についてきちんと解説した記事を見つけ出すことはできなかったのですが、Swift言語開発のコアメンバーでもあるJoe Groff氏が書いている記事が見つかりました。 forums.swift.orgの@State messing with initializer flowというスレより: https://forums.swift.org/t/state-messing-with-initializer-flow/25276/3 Although that will compile, @State variables in SwiftUI should not be ...


1

基本的には、こちらに説明したのと全く同じことになるのですが、 @Bindingの付いたプロパティの初期化には、_プロパティ名と言うプロパティをBinding<T>型で初期化しないといけません。 init(name: Binding<String>, gender: Binding<Int>, birthdate: Binding<Date>, mail: Binding<String>, password: Binding<String>) { let appDelegate = UIApplication.shared.delegate as! AppDelegate appSyncClient ...


1

VStackなどに渡されるクロージャ引数は@ViewBuilderと呼ばれる特殊なもので、その中には通常のfor文を書くことはできません。 単純な繰り返しを表現する場合には、ForEach構造体を使います。 例えばこんなふうに書けるでしょう。 struct Sample: View { var something : [[Author]] = [[Author(id: 1, name: "Hanako"), Author(id: 2, name: "Hiroshi")],[Author(id:3, name: "Takashi")]] var body: some View { VStack { ForEach(something.indices) ...


1

別質問の回答の中でお示ししましたが、@BindingのようなpropertyWrapperのアトリビュートがついた変数宣言は、見かけ上、普通の変数宣言のように見せていますが、コンパイラーからは以下のような宣言であると扱われます。 var _selected: Binding<Bool> var selected: Bool { get { _selected.wrappedValue } set { _selected.wrappedValue = newValue } } (@Stateの場合と同様、$...


1

こういうUIはOSが用意しているものです。(Windowsで言うところのCommonDialog。)なので呼出し手順を守ればだれでも使えるはずです。ただし、呼べるのはOSが標準で持っているものであって、必ずしもNumbersが使っているものと同じものとは限りません。そこは試してみると良いと思います。 以下のような記事が参考になるのでは。 https://qiita.com/hanamiju/items/d10524e8650ae171fa2e https://qiita.com/takecian/items/d31682899768f89a8d80


1

お使いのXcodeのバージョンは11.3ではないでしょうか? どうやらこのバージョンはシミュレーターにバグがあるようで、この現象が発生します。 おそらく実機で動かすとうまく動くかと思います。 残念ながら、最近リリースされた11.3.1でもこのバグは治っていませんでした。 仕方がないので私は未だに11.2.1を使っています。


1

結局リストではスペースを無くすことができませんでしたので、別の手段を用いることにしました。 VStack(alignment: .leading, spacing: 0) { ForEach(values, id: \.id) { data in Text("aaa").border(Color.white) } }


1

SwiftUIについては、functionBuilderなんて、かなり大掛かりな言語機能自体の拡張が関わっているのですが、あなたが引用したような「チュートリアルにあるようなbodyの中にかくVStack」に関して言うと、旧来のSwiftにもあったイニシャライザ構文 と言うことになります。 (「構造体では継承やオーバライドはできない」と言う点について、Swift言語としての変更はありません。) VStackには、 init(alignment: HorizontalAlignment, spacing: CGFloat?, content: () -> Content) と言うイニシャライザがありますが、前2つの引数alignmentとspacingは省略可なので、...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります