質問の投稿者にリワードを付与するため信用度が再計算されています。 続きを読む

次のタグが付いている話題の回答:

7

SequenceプロトコルのmakeIterator()メソッドは、 「Instance Methods」で記述されていて、「Default Implementations」側には記述されていません。つまり、Sequenceプロトコルを採用したクラスで、makeIterator()を使用する場合、実装が必要 ここまでは合っています。なのでSwiftのリファレンスがどういう構造になっているかは理解されていると思いますよ。全般に英語の解説を読むのを苦手とされているだけではないかと思います。 Sequenceプロトコルを採用したクラスで、makeIterator()を使用する場合、実装が必要だと判断してしまいますが、実際は必要ありませんでした。 では、まず疑問の部分を説明します。 ...


6

UPDATE(正しいとは言えない記述を…なんて始めておきながら不完全で「正しいとは言えない記述」になってしまっていたので修正しました。少し長くなってしまいましたが、一般のstructとBoolでは動作が異なるあたりをご参照ください。) 本題の「言語仕様として決まっているのか」からは離れたままになってしまいますが、説明を加えておきます。 descriptionプロパティが定義されていない型でも文字列補間は働きます。 struct Test { var a: Int } let val = Test(a: 1234) let str = "\(val)" // => "Test(a: 1234)" descriptionプロパティが定義されていても、それだけでは文字列補間には使われません。 ...


5

クロージャ内部で生成したものをクロージャ外部で使いたい場合、どういったコーディングをすべきなのでしょうか。 クロージャー内部で生成したものはクロージャー内部で使う、と言うのが(とりわけそのクロージャーが非同期処理の完了ハンドラであるなら)コーディングの基本です。 let myAVConnection = myImageOutPut.connectionWithMediaType(AVMediaTypeVideo) myImageOutPut.captureStillImageAsynchronouslyFromConnection(myAVConnection, completionHandler: {(imageDataBuffer, error) -> Void in //省略... ...


5

補足的事項なのでコメント欄に書こうと思ったのですが、コメントにするには長すぎるようなのでこちらに。 Stringクラスの(Foundation拡張にある)rangeOfString(_:)メソッドを使う場合の注意点ですが、結果はRange<Int>型ではなくOptional<Range<String.CharacterView.Index>>型なんてものになります。Optionalを適切にはがすのはSwiftプログラマーなら常識として割愛するにしても、Rangeの要素型であるString.CharacterView.Index型は取り扱い要注意なので少し書き添えておきます。 let str: String = "あいうえおかきくけこさしすせそ" if let range =...


4

Swift Standard Library - structure Bool このリファレンスにあるように、Boolは、構造体(Structure)です。descriptionというプロパティを持ち、"true"/"false"の文字列(String)を返します。文字列中の\()という記号は、挿入したインスタンスのdescriptionを代入する仕様となっています。 "\(valueTrue)" このコードは、 valueTrue.description と書くのと同値です。 「Bool の文字列表現」は、プロパティdescriptionの事です。 なお、この点は、Swiftのバージョンに関係なく、Swift 1.0から変わりないことを、最後に述べておきます。


3

リンク先のコード例は、Swift1.2時代のものなので、根本的にいろいろ変わってしまいました。 CollectionTypeに準拠したクラスを作るというだけであれば以下の記述でいけると思います。(もっとスマートな書き方があるのかもしれません) class BookShelf: CollectionType { private var books:[Book] = [] var startIndex: Int = 0 var endIndex: Int { get{ return self.books.count } } subscript (index: Int) -> Book { ...


3

同じファイル名のRealmファイルを上書きして、実行中に切り替えるには、ファイルを上書きする前に、全てのスレッドで、そのファイルを参照するRealmインスタンスが全て解放されている必要があります。 そうでなければ、以前のRealmファイルのデータがメモリやキャッシュに残っているので、書かれたような現象、アプリを再起動するとファイルが切り替わる(ように見える)が起こります。 やりたいことを実現する簡単な方法は別のファイル名にして切り替えることです。 (全てのスレッドでRealmの参照が解放されていることを保証するのは難しいので) 例えば、未ログイン時のデータを「local.realm」、サーバ(DropBox)からダウンロードしたデータを「server.realm」とし、2つをマージしたデータを「merged....


3

リンク先にあるビデオはJun 8, 2014の表記がありますから、Swift1.0よりさらに前のbeta版時代のものですね。これからSwiftを学習される方が使われる限り、まだまだ多数の困難が予想されるので、早めに別のチュートリアルを探された方がいいでしょう。英語を苦にしないのであれば、電卓アプリをネタにして最新のSwiftに合わせて更新されているチュートリアルはいくつか見つかります。 ただし、「この部分でエラーが出ます。」と書かれているコード: if !num1 || !num2 { showError() return } は、その時のbeta版でも(あなたが書かれているようにnum1, num2をIntで宣言していたのなら)エラーになったはずです。...


3

Selectorインスタンスの作り方が間違っています。 Selector(ratingChanged(stepRatingView))と言うのは、Selectorのコンストラクターに、引数としてratingChanged(stepRatingView)と言う メソッドを呼び出した結果 を渡しています。(従ってこの行が実行された時にratingChanged(_:)が実行されているはずです。)ratingChanged(_:)の戻り値はVoidですので、結局Selector()と同じ結果になります。 Selectorインスタンスをコンストラクターで作成する場合には、Selector("Objective-C形式のメソッド名")の形を使います。あなたのコードだとこんな感じです。 ...


3

func sample() { let begin: String = "-----BEGIN PUBLIC KEY-----\r\n" let finish: String = "\r\n-----END PUBLIC KEY-----" heimdall = Heimdall(publicTag: "publicKey", privateTag: "privateKey", keySize: 1024) let publicKeyData = heimdall?.publicKeyDataX509() let base64 = publicKeyData!.base64EncodedStringWithOptions(....


2

SwiftからC++のコードは使用できません Swiftから見えなくなるように隠蔽してください 例えば ObjectClass.h #import <Foundation/Foundation.h> @interface ObjectClass : NSObject - (void)testPrint; @end ObjectClass-CppAddtion.h #import "ObjectClass.h" class CppClass; @interface ObjectClass (CppAddition) - (void)classPrint:(CppClass*)cc; @end のようにC++コードを分離しObjectClass.hをブリッジヘッダに追加します あるいは、...


2

本家のstackoverflowから"multiple uicollectionview in one controller"と言ったキーワードで引っかかってきたものから2つほど紹介しておきます。 こちらで正解とされているのは、UICollectionViewの複数セクション機能を使った方が良いのではないかという提案とその際のコード例です。 How can I have multiple Collection Views in one View Controller? こちらは単にUICollectionViewDelegate, UICollectionViewDataSourceを実装する全メソッドにif文を入れて、どっちのUICollectionView用に働けば良いのか判定すれば良いよというもの。(...


2

配列のすべての要素に同じ操作を適用した結果を新しい配列として取得する場合、mapが有効です。 let aaa = [("あ",1210),("い",1215),("う",1220),("い",1228),("あ",1230)] let bbb = aaa.map{$0.1} //->[1210, 1215, 1220, 1228, 1230] これはSwift1.0(およびそれ以前のβ版)から存在する機能です。Swift2.xに特有の問題だという場合以外は、言語に関する質問にはバージョン番号のないタグを付けた方が多くの皆さんに見ていただけますよ。


2

わかりやすい公式ドキュメントは見つけられなかったのですが、本家のこちらのQAと同じ原因だと思われます。 UIImageWriteToSavedPhotosAlbum() doesn't save cropped image 「CIImageは画像じゃない、CIImageから作ったUIImageも画像じゃない」なんて意味の事が承認された回答に書いてあるんですが、要はCIImageってのは「画像を処理するためのレシピ」をパッケージ化したもので、レンダリングしてやるまでは画像は無いってことのようです。 Core Image Programming Guide - Getting the Output Image (だとしても、...


2

いろいろやり方はありますが、おっしゃられていることはTaskの順番を記憶したいということですので、大きく2つの方法があります。 まずはオーソドックスに順番を表すプロパティをTaskに持つことです。 この方法はRealmに限らず他のデータベースでもよく使われる基本的なモデリングの考え方になります。 もう一つは、Realmの場合は順番を保持する方法としてListが使えるので、「タスク名」ではなくタスクそのものをListで管理してしまうという方法です。 この方法のメリットは扱いが簡単になることと、先の方法と違って、ソートしなくても良いという点です。 例えば次のようなTaskListというクラスをもう一つ作ります。 class TaskList: Object { let list = List<...


2

あなたのコード中のこの行は、 let fetchResult = PHAsset.fetchAssetsWithMediaType(PHAssetMediaType.Image, options: nil) 「メディアタイプがImageであるassetをすべて取得する」ということを意味しています。そのため、「選択した写真だけでなく」Photosフレームワークが管理する画像全ての情報が取得されてしまっています。 imagePickerController(_:didFinishPickingMediaWithInfo:)とPHAssetを組み合わせるなら、例えば上の行を次のように置き換えてみてください。 let url = info[UIImagePickerControllerReferenceURL] ...


2

良いかどうかはわかりませんが、私は普段以下のように分類しています //MARK: - フィールド ...略 //MARK: - イニシャライザ ...略 //MARK: - メソッド ...略 //MARK: configure ...略 //MARK: handler ざっとですが、このような感じです。 MARKのあとに-をつけるかつけないかで、プレビューも変わってきます。 これで大見出しと小見出しは分けることができると思います。 そしてあまり細かく分類はしません。 質問者様のようにたくさんのメソッドができる場合においては、 私はクラスを分けることで解決しています。


2

Le Pere d'OOさま。 コメントありがとうございます。 ご指摘頂きましたとおり func paymentQueue(queue: SKPaymentQueue!, removedTransactions transactions: [AnyObject]!) のように、Swift1.2の時の書き方のまま、「実装済み」のつもりになっておりました・・・。 こちら、 paymentQueue(qu‌​eue: SKPaymentQueue, updatedTransactions transactions: [SKPaymentTransaction]) とすることで、事象が解消致しました。 ご指摘ありがとうございました。


2

まずはクラスとインスタンスの関係について、正しく理解してください。 クラスというのは単なる設計書であり、インスタンスというのはその設計書に基づいて製造されたロボットのようなものです。「インスタンス化」や「インスタンスの作成」と言うのは、ロボットを新しく製造していることになります。 以上のことを踏まえて、selfが何を指しているのかといえば、「その時に命令を実行しているロボット自身」を表します。 nameTextField.delegate = self と書けば、その時点でその命令を実行しているロボットが自分自身をdelegateとして設定しています。そのロボットは画面に表示される自分自身専用のviewを持っていますし、iOSのシステムがそのロボットを製造した後@IBOutletに必要なインスタンス(...


1

CoreDataは汎用のORMライブラリではありませんので、バックエンドのDBを切り替えるといったことは基本的にはできません。 CoreDataのバックエンドとして利用可能なものはXML、バイナリ形式、SQLiteそしてインメモリ、の4種類です。(iOSではXMLは利用不可) https://developer.apple.com/library/mac/documentation/Cocoa/Conceptual/CoreData/PersistentStoreFeatures.html


1

載せていらっしゃるコードが書き間違いでなければ、scheduledTimerWithTimeInterval()メソッドの2番目の引数のラベルが抜けています。 引数ラベルのメソッドのシグネチャのうちなので、書き忘れると別のメソッドになってしまいます。 timer = NSTimer.scheduledTimerWithTimeInterval(0.1, target: self, selector: #selector(ViewController.timeCheck(_:)), userInfo: nil, repeats: true) ^ 上記のように0.1, target: self, selector:...と書く必要があります。


1

「//requestを送信」の部分 かなり古いSwiftの書き方ですね。提示されたエラー(エラー発生の原因は「//返ってきたAPIのデータを取得」の部分のresponse(_:data:error:)メソッドの引数型が間違っているせいです)を修正しても良いのですが、使用しているNSURLConnectionのsendAsynchronousRequest(_:queue:completionHandler:)メソッドはiOS9でdeprecated(廃止予定)とされているので、今から作られるアプリでしたらAppleご推薦のNSURLSessionを使われた方が良いのではないかと思います。 また、完了ハンドラーを別メソッドとしてしまうと、また似たような型の不一致が発生する可能性があります。...


1

Swiftの!をforced unwrappingとして使うのは、Swiftに対して「もし値がnilならアプリをクラッシュさせてください」と言っていることになります。Swiftのコードサジェスチョンでは、Optionalではいけない場所にOptionalになる可能性のある式を使うと、!を付け加えるのを第一候補に提示してきますが、あまり鵜呑みにせずに、本当に「nilならクラッシュ」があなたの望む動作なのか確認してください。 さて、あなたのコードには4箇所!があります。UITextFieldのtextプロパティはOptionalつまりnilになる可能性があります。またFloat.init(_:)でStringをFloatに変換する場合もnilになる可能性(数として解釈できない場合)があります。 ...


1

簡単にまとめると「tableView(_:cellF‌​orRowAtIndexPath:)は、いつ呼ばれるかわからないので、いつ呼ばれても大丈夫なようにコードを書かないといけない」と言うことになります。 どう言うことかと言うと、例えば10行の表がある時に、後ろの6行目から10行目までの部分が表示されているとします。ユーザのスクロール操作で1行目から5行目までを再表示する必要が出た場合、UITableViewはUITableViewDataSourceに対して、「1行目から5行目の内容をよこせ」と言う意味でindex.rowの値を0...4に変化させながら5回順不同でtableView(_:cellF‌​orRowAtIndexPath:)を呼び出します。その時サブタイトルとして作成している文字列String(...


1

悪い点を含んだコードをいろんな人に見てもらって叩いてもらうのもプログラミング言語の学習においては必要なことだと思うのですが、今提示されているコードは叩かれる場所が多すぎて、一度に頭に入れるにはネタが多すぎるように思います。実際のアプリに取り掛かられる前に、もう一度、Swift言語そのものの入門(これが日本語で良いリソースがなかなか見当たらないのですが…)をきちんと行われたほうが良いのではないかと思います。 また、各デバイスのピクセルサイズに合わせて細かくStoryboardを切り替える、と言うのは、Appleの推奨する解決方法ではありません。Appleが複数デバイスへの対応方法として推奨しているのは、Auto LayoutとSize Class(...


1

あなたの現在のコードをできるだけ生かすようにコードを追加してみるとこんな感じになります。 ちなみにポイントはUIImageViewには書き換え可能なプロパティimageとcenterがあるんだから、それを都度、書き換えれば良いという考え方です。 class ViewController: UIViewController { var imageNum: Int = 0 var stampView:UIImageView! // let stampImage = UIImage(named: "1.png")! //不要? //省略 var imageArray:[UIImage] = [] let imageCoords = [ (150, 150)...


1

NSLocale.preferredLanguages()はもともと 言語コード を返すAPIですので、デバイスの言語と地域の設定を取得する場合は、NSLocale.currentLocale()の方がより適切です。 iOS8までとiOS9以降での言語コードの扱い変化については、Technical Note TN2418を参照してみてください。 対して、currentLocale()は端末のロケール設定を取得するものですので、iOS8以前でも一貫して言語と地域を取得できます。 NSLocale.currentLocale().localeIdentifier を用いると、ja_JPが取得できます。ハイフンではなくアンダーバーで結合されています。


1

別々に取り出して、必要に応じてつなげれば良いのではないでしょうか? let locale = NSLocale.currentLocale() let languageCode = locale.objectForKey(NSLocaleLanguageCode) as! String //->ja let countryCode = locale.objectForKey(NSLocaleCountryCode) as! String //->JP


1

取得したデータの for(var i=0; i < image_list.length; i++){ image.src=url[i]; } のiを sortしてみてはどうですか。


1

どこで見つけられたコードか知りませんが、ずいぶん古い書き方をしていますね。Swift1.xのかなり初期の書き方になっています。 現在のMFMailComposeResult型はSwiftに以下のようにimportされています。 public struct MFMailComposeResult : RawRepresentable, Equatable { public init(_ rawValue: UInt32) public init(rawValue: UInt32) public var rawValue: UInt32 } public var MFMailComposeResultCancelled: MFMailComposeResult { get } ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります