次のタグが付いている話題の回答:

11

そのライブラリのビルド設定において、Module Stabilityが有効になっていないからです。 Swift 5におけるABI Stabilityというのは2つのパートに分かれていて、1つはABI Stabilityでもう一つはModule Stabilityです。 ABI StabilityはSwift 5.0で実現されました。これは異なるバージョンのコンパイラから生成されたバイナリ同士を「リンクできる」というものです。 これにより、Standard Libraryをアプリごとに同梱する必要がなくなりました。 一方Module StabilityはSwift 5.1で実現されました。これは異なるバージョンのコンパイラから生成されたモジュール(≒フレームワーク、ライブラリ)を「インポートできる」...


6

DispatchQueue.main.async { print("A") } は、 print("A") という処理をメインキューに登録します。 メインキューはメインスレッドで実行されます。 メインキューとメインスレッドは一つしかありません。 キューに登録された処理は登録された順に順番に処理されます。 ところで、メインキューにはすでにひとつ処理が入っています。 それは、 import Foundation DispatchQueue.main.async { print("A") } print("B") ですね。 つまり、 print("B") が終わるまでは、後からメインキューに追加された print("A") は実行されません。 forで10回やる場合も同じですね。 ...


5

iOSのバージョンでキーボード出現時にUITextFieldが自動で隠れないようにスクロールするようになったバージョンはありますか? 基本的にはないです。これまでのすべてのiOSのバージョンにおいて、ソフトウェアキーボードによってUITextFieldを含むビューの要素が隠れないようにするためには、ソフトウェアキーボードの表示・非表示を監視して、自分で要素を移動させるなどの処理を書く必要があります。 基本的に、と書いたのは例外があるからです。 例えばUITableViewControllerはセルがテキストフィールドや同等のコンポーネントを含む場合、キーボードを自動的に避けてくれる(自動的に隠れない位置にTableViewをスクロールさせる)機能があります。 (UITableViewではないです。...


5

最後の1文字を削除する方法 Swift 4 や 5 では dropLast() が使えます。 let s = String(repeating: "9,", count: 3).dropLast() 参考: Remove last character from string. Swift language -- Stack Overflow 削除をしない方法 他に、joined を使う方法もあります。 let s = Array(repeating: "9", count: 3).joined(separator: ",")


3

「戻らない」アプリは絶対に作ってはいけない まずは、iOSアプリとして致命的な『「画面遷移から戻る」処理が行われていない』について、確認しておきましょう。 iOSはpresent(_:animated:completion:)で表示されるような画面遷移やUINavigationController内部の画面遷移(セグエを使った場合、iOS内部でどちらか同様のメソッドが呼ばれる)では、表示されるview controllerをスタック上に管理しています。 (UINavigationControllerが絡むと内部の構造はもっと複雑になりますが、簡略化しています。) ①(アプリの起動時の状態) ↓ ②ViewController ↓ (「スキル」をタップ) ③...


3

dismiss(animated:completion:)の動作を論ずるのであれば、公式ドキュメントの以下の部分を正しく理解しておかないといけません。 The presenting view controller is responsible for dismissing the view controller it presented. If you call this method on the presented view controller itself, UIKit asks the presenting view controller to handle the dismissal. (拙訳) 表示している側のview controllerは、自分の表示したview ...


3

クラスUserDefaultsの処理だけで、目的の処理を実現できます。 import UIKit class ViewController: UIViewController { private let titleKey = "ViewTitle" override func viewDidLoad() { super.viewDidLoad() if let myTitle = UserDefaults.standard.string(forKey: titleKey) { self.title = myTitle } else { let alert = ...


3

https://teratail.com/questions/204380 でも回答があります(マイナス評価もついています)が 管理体制があること 1つのプロジェクトを完成させるにはプログラマだけではなくてシナリオライタ、デザイナ、イラストレータ、テストプレイヤー、声優、音楽担当、マニュアルライター、翻訳担当など種類の違う仕事がいっぱい必要です。となるとその取りまとめができる人が必要です(俗にいう偉い人)。プログラマだけ集まって仕事できると思っていたら大間違い、その辺の人財(人は財産)が揃っていないなら手を出すには早すぎです。 手戻りをなくすシステムがあること 大規模プロジェクトでは必然的に分業になるので、手戻りがあると「直した→直ってない!」を繰り返して前に進みません。これをなくすシステムが必要です。 ...


3

そもそも「ひどく使いにくい」と言うこと自体が個人の主観ですので、別のエディタに変えて捗るかどうかは人それぞれだと思います。 あとは単にXcodeに慣れておらず、例えばVS Codeを今まで開発に使ってきたので、キーボードコマンドなんかが体に染み付いているだけ、という話ではないでしょうか。 単にコードを書く、と言う点だけなら使い慣れたエディタの方がストレスなく作業できる場合もあるということです。逆にXcodeからプログラミングに入った人は急にVS Codeでプログラムを書けと言われても戸惑うだけだと思います。 ちなみに私は結構コード補完に頼ってしまうので、補完候補をリストアップするために動作がもっさりになっても、Xcodeを使うと思います。 また、プログラミングはコードを書いて終わり、ではないので、...


3

RxKeyboardのリポジトリにはXcodeプロジェクトファイル(*.xcodeproj)が存在しないからです。 CarthageはCocoaPodsやSwift Package Managerと異なり、ビルド設定はXcodeプロジェクトの仕組みをそのまま利用します。 (CocoaPodsはPodspecの内容からXcodeプロジェクトファイルを生成してビルドするし、Swift Package Managerは標準ではXcodeプロジェクトファイルを使用しません。) 他のパッケージマネージャと異なり、Carthageは独自のビルドシステムを持たず、主な役割はパッケージ間の依存関係の解決のみを行います。 そのため、Xcodeプロジェクトファイル(*.xcodeproj)がリポジトリにコミットされてない以上、...


3

2個目のリンク先にある「上のコードは、以下のように変換されます。」と言う記述には気がつかれたでしょうか。 SwiftUIでは、宣言的な記述を行うために、上記のような「変換」が必須となるわけですが、これを実現するためには、言語プロセッサとしてのSwiftに拡張を施す必要があります。本来、プログラミング言語としてのSwiftの進化には、Evolutionに定められたプロセスを経て、採択される必要があります。 ところが、SwiftUIを実現するために必要な言語拡張のうちpropertyWrapperについては、正式なEvolutionの手続きを経ているのですが、もう一つの重要な拡張である_functionBuilderについては、そのような手続きを経ないまま、「Appleの独自拡張」...


3

ブリッジングヘッダについて調べると、「SwiftからObjective-Cを呼び出すときに使用する」ものと出てくる ブリッジングヘッダが導入された本来の目的は「Objective-Cを呼び出す」ことでしょうが、Objective-CコンパイラはCコンパイラの完全上位互換を目指して作られているので、「C言語で書かれたライブラリを呼び出す」ためにも使われます。 このプログラムの場合、「import ifaddrs」とswift側に書くだけじゃダメなのでしょうか? ダメです。 import ifaddrsという記述が可能になるのは、「Swiftコンパイラにifaddrsという名称のモジュール(*)が見えている時だけ」です。iOSやmacOSのSDKには、...


3

@Stateのようなアトリビュートは、Swift 5.1 (Xcode 11)で初めて導入されたもので、property wrapperと呼ばれます。 次の1行の宣言文は、 @State var like = true Swiftコンパイラ内部で次のような宣言に変換されてコンパイルされます。 private var _like: State<Bool> = State(wrappedValue: true) var like: Bool { get { return _like.wrappedValue } set { _like.wrappedValue = newValue ...


3

まず、tonyさんには、SwiftとXcodeを使って、ソフトウェア開発、プログラミングをする上で、身に付けておかなければならない知識がいくつかあります。質問に対する回答に入る前に、その必須な知識の話をさせてもらいます。 第一。プログラミング言語Swiftは、2014年に最初のバージョンがリリースされた、新しい言語です。そして2020年の今もまだ開発の途中であり、さまざまな拡張と改変を繰り返しています。拡張と改変には、細かなものも多数ありますが、ときに大規模な改変、180度方針転換した仕様変更がなされるときもありました。 containsString(_ string: String) こういうメソッド名が contains(_ str: String) に変更されるということは、ざらにあることで、...


3

Array.init(repeating:count:)で配列を初期化する場合、repeating:に指定しないといけないのは、個々の要素の値であり、個々の要素の型ではありません。 簡単のために、まずは一次元配列で見ていくと、次の2つの違いはお分かりでしょうか? var arr1: [Int] = Array(repeating: Int, count: 7) //->Cannot convert value of type 'Int.Type' to expected argument type 'Int' var arr2: [Int] = Array(repeating: 0, count: 7) //-> コンパイルが通る あなたの現在のコードは、...


3

iPhone X等の@3xのデバイスは完全に3倍のピクセルにマッピングされるわけではありません ごめんなさい。「iPhone X等の@3xのデバイスは」と書きましたが「iPhone 8 Plus等」の間違いです。iPhone X系のデバイスはポイントに対してちょうど3倍の解像度のディスプレイが搭載されているので1/Scale幅の線はピッタリ1ピクセルで描画されます。 で、iPhone 8 Plus等のダウンサンプリングがされるデバイスですが、それはダウンサンプリングの結果によるので正確にこう、ということは(少なくとも私には)できません。 ただ仕組みを説明することはできます。 説明のために「論理ピクセル」という概念を導入します。 Retinaでない@1xのディスプレイ(もう存在しませんが)、@...


2

自分自身ソース2みたいな書き方ができたっけ?とか思ってしまったのですが、こちらですね。 Swift 5 Release Notes for Xcode 10.2 Resolved Issues Protocols can now constrain their conforming types to those that subclass a given class. Two equivalent forms are supported: protocol MyView: UIView { /*...*/ } protocol MyView where Self: UIView { /*...*/ } Swift 4.2 accepted the second form, ...


2

Firebaseのログイン機能を使うと、WEB上で閲覧できるFirebaseコンソールのAuthenticationのところに ログインしたユーザーが保管されていきます。 そこで出る情報(メールアドレス等)で事足りる場合は、それ上での管理で問題ないと思いますが ユーザー名や他の情報も管理したい場合だと、FireStoreや別DBなどで管理するのがいいと思います。 Firebasenoアカウントをどちらで管理するかどうかは、契約や、請求がどちらでするかなどもあるので 当事者で決めて頂くしかないかと…


2

... var timer : Timer? var startDate : Date? var restartDate : Data? ... restartDateの型アノテーションがData(Dat"a")になっているからですね。 Date型の引数をとるメソッドにData型の変数を与えているので、型が合わないというエラーメッセージです。 そこを直すと今度は ... func restartCount() { restartDate = Data() ... の部分が同様のエラーになると思いますので、右辺のData()(Dat"a"())をDateのイニシャライザに直しましょう。


2

デバッグコンソールには Internal Incosistency Exception という表示がどこかに出ていたのではないでしょうか? 何らかのエラーメッセージが表示されている場合には、致命的なエラーとだけ言わずに、そのメッセージをご質問に含められた方が、より的確なアドバイスをより早く得ることにつながります。 今回の問題に関して言えば、結論はご自身のコメントにあるように「array.remove(at: indexPath.row)的な処理が必要」だと言うことです。 もう少し具体的に言うと、 tableView(_:numberOfRowsInSection:)が1を返している tableView.deleteRows(at: [indexPath], with: .fade)で、...


2

メソッド呼び出しの後ろについている { ... } は クロージャ (Closure) と呼ばれるものです。 signIn(withEmail:link:) だけではなく、 showSpinner や hideSpinner にくっついている { ... } もクロージャです。 クロージャは関数のようなものですが、クロージャ自体を変数に入れたり、他のメソッドや関数に渡したり、戻り値として返したりすることができます。 簡単な例を上げると以下のようになります // "ABC"をプリントするクロージャ let c1 = { print("ABC") } c1() // ABC と表示される // 与えられた整数を2倍にするクロージャ let c2 = { (a:Int) -> Int ...


2

「書いた方が設定した識別子」と言うのが何か特別な状況を表したいのかどうかわからないのですが、Objective-Cで書かれたUIViewControllerの拡張メソッドをSwiftから使用しているものです。 BridgingHeader.h //(コメント略) #import "UIViewController+Alerts.h" UIViewController+Alerts.h //(省略) /*! @fn showSpinner @brief Shows the please wait spinner. @param completion Called after the spinner has been hidden. */ - (void)showSpinner:(nullable ...


2

この OptionalType や OptionalProtocol はどういったテクニックなのでしょうか? Swiftのジェネリックに対する制限を回避するために Optional型だけが適合するプロトコルとして宣言されています。 (Optional以外でOptionalType や OptionalProtocolに適合する型を定義することもできますが、例として挙げられた両者ともそんなことは少しも考慮していません。) 別質問の方で話題にされたようなメソッド、要素型がOptionalの時にだけ働くような拡張メソッドを定義したい場合、現在のSwiftでは、それを自然に表現することが出来ません。 extension Array where Element == Optional { //... } ...


2

UIImagePickerControllerは1枚ずつの選択しかできません。複数選択するためには繰り返すか、Photos.frameworkを使って自分でUIなどを含めて実装します。Photos.frameworkは写真ライブラリへのアクセスを提供するフレームワークです。 ただライブラリのアクセスからUIまで自分で作ることになるので、UIImagePickerControllerを使うことと比べるとけっこう大変です。 なので下記のような既存のライブラリを使うことも検討すると良いと思います。 https://github.com/hyperoslo/ImagePicker


2

リンク先の参考記事、Swift3の注記がありますから、変化の早いSwiftからすると太古の大昔の記事ということになります。またこの間にiOSのPhoto Libraryに関する取り扱いやUIImagePickerControllerの動作も変化しました。 ご自分でこれらの変化を調べて解決できないのであれば、極端に古い記事(もう一度言いますがSwift3は極端に古いです)を参考にするのはやめておいた方が良いでしょう。自分のズバリやりたいことを解説してくれる記事で最新のSwift/iOSに対応したものを見つけるのは難しいかもしれませんが、「修行期間中」だと思って、ズバリやりたいこととはちょっと違うことで経験を重ねた方が良いと思います。 前置きはこれくらいにして本題へ。 ...


2

\.username は Swift 4 で導入された KeyPath だと思います。 Objective-Cやそれ以前のSwiftでもキーパスという概念はあり、使用することができましたが、 それはキーパスを文字列として渡すので型安全性がないものでした。 Swift 4 の KeyPath を使えば型安全性をコンパイラが保証することができるようになりました。 ちょっとした例 struct User { let id: String let name: String let age: Int } var user = User(id: "1", name: "hoge", age: 20) let kp: AnyKeyPath = \User.id // ...


2

どのように作っているかわかりませんが、 storyboardの場合、 1) 普通にプロジェクトを作成し、viewにMKMapViewを配置。 2) constraintsをつけ、viewcontrollerに@IBOutletでmapViewをつなげる。 3) import MapKitを記述 この3つだけで、ドラッグ、指二本による拡大・縮小、回転など基本動作は全部できますよ?


2

考え方はそれで合っています。Realmには同じプライマリキーを持つオブジェクトがある場合は新しいデータで「更新」するというAPIは用意されています(add(_, update:))が、古いデータの方を残すというAPIはありません。 (もし目的がそっちなら realm.add(newDog, update: true) と書くと古いオブジェクトを自動的に更新してくれます。) なので、すでにオブジェクトが存在するかどうかをチェックして、存在する場合は何もしない、という処理を書きます。 ただし、プライマリキーを設定しているのにfilter()で検索する必要はありません。 プライマリキーがあるオブジェクトでキーが分かっているなら、object(ofType:forPrimaryKey:)...


2

これは自分も試したことがあるのですが、自分の場合はちょいちょい Xcode が落ちました。 Mac AとMac Bではリンク先のパスが異なるためかなーと思っていたのですが、質問者様の環境では問題なく開発できているようなら大丈夫なんじゃないでしょうか! おっしゃるとおり、間違いなく大丈夫という保証はありませんので、しばらく続けてみて、プロジェクトが壊れるようなことがあればやめたほうが良いと思います。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります