次のタグが付いている話題の回答:

1

ロードバランサを用いる場合、SSL(TLS)の構成には2通りあります SSL(TLS)の終端をロードバランサが行う この場合、証明書はロードバランサが持つ形になります。CNはユーザーがアクセスしてくるホスト名=ロードバランサのホスト名になります。実サーバにはロードバランサがHTTPでアクセスするので証明書は不要です。 SSL(TLS)の終端は実サーバが行い、ロードバランサはSSL(TLS)を透過する 証明書は実サーバが持ちます。CNはユーザーがアクセスしてくるホスト名なので、上と同様ロードバランサのホスト名になります。ロードバランサは通信をトンネルするだけなので、証明書は不要です。 いずれにせよ、実サーバのホスト名を持つ証明書はアクセスしてくるユーザーに対するサービス上は必須ではありません。...


1

nslookup xml.irpocket.comをしたところIPアドレスが3つ返ってきました。 3台にたいしてopenssl s_client -connect <address>:443で確認したところ、 ある1台 depth=3 C = SE, O = AddTrust AB, OU = AddTrust External TTP Network, CN = AddTrust External CA Root verify return:1 depth=2 C = US, ST = New Jersey, L = Jersey City, O = The USERTRUST Network, CN = USERTrust RSA Certification Authority verify ...


1

Microsoft SQL Server 用の TLS 1.2 のサポート(英語)によると、SQL Server 2012 SP3の途中でTLS 1.2サポートが追加され、SQL Server 2012 SP4には初めから組み込まれていたようです。その上で、 Are customers who are not using SSL/TLS affected if SSL 3.0 and TLS 1.0 are disabled on the server? Yes. SQL Server encrypts the username and password during login even if a secure communication channel is not being used. ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります