次のタグが付いている新しい回答:

1

今回のロック方式が楽観的ロックであるという立場に基づいて回答します。 楽観的ロックを使うメリットとしては、 アクセス禁止の処理を入れる必要がないかつロック解放の通知が必要ない つまりロック待ちという状態が起きないということになります。 ロックが取れなかった場合即時でエラーを返すのでプロセスの管理がしやすく、 たとえばWebアプリとかですと、プロジェクトの性能の指数に0.5秒以内に返すという制約があったりすると、ロック待ちの時間は管理が難しくなります。そうなると非同期処理やバッチ処理など別の方法でロックを利用することになりますが、楽観的ロックであれば取れたら処理で取れなきゃエラーになります。制約を回避することが可能です。 ただし、頻繁に更新が発生しない処理であること、...


0

データベースには多くの場合トランザクションとロック機構が備わっています。しかし、そのロック機構を使わない楽観的並行性制御(楽観的ロック)という手法も存在します。 その上で、質問のようにロックを行うフラグカラムを追加する理由としては、楽観的ロックを用いながら部分的に簡易的な悲観的ロックを実現するための手段かと思われます。 メリットは楽観的ロックを多用する者にとって追加知識なしに安易に実現できることでしょうか。


上位 50 件の最近の回答が含まれています