次のタグが付いている新しい回答:

0

この回答ではテーブル名をXとします。 Iのグルーピング,V=1が連続するグループの数 値が連続するものをグループ化し、そのグループ数の数える方法ですが、TとT+1を比較し存在しない場合をグループの先頭を検出できます。 SELECT T FROM X WHERE T NOT IN (SELECT T+1 FROM X) これをベースに、グループ化や条件を付けていけば組み立てることができます。最終的にはこんな感じでしょうか。 SELECT I, COUNT(*) FROM X AS X1 WHERE V=1 AND T NOT IN (SELECT T+1 FROM X AS X2 WHERE V=1 AND X1.I=X2.I) GROUP BY I ...


0

英語版で参考になる質問を見つけて自己解決しました。 Grouping contiguous table data - Stack Overflow WITH step1 AS( SELECT I,T,V, ROW_NUMBER() OVER (ORDER BY I,T) AS A, ROW_NUMBER() OVER (PARTITION BY I,V ORDER BY T) AS B FROM table ORDER BY I,T ), step2 AS( SELECT I,T,V,A,B, A - B AS RN FROM STEP1 ORDER BY I,T ), step3 AS( SELECT I, CONCAT(I,MIN(T)) AS I_T1, MIN(T) T1, MAX(T) T2, V ...


1

SQL文中のパラメータマーカー(?や:name)の数と、実際に渡されたパラメーターの数が異なっていることを表しています。 (例えば、SQL文中のパラメータマーカーは全て?で、実際のパラメータはexecute()に配列で渡していると仮定して)SQL文中の?の数を数えて、それがexecuteに渡しているパラメータ配列の要素数と一致しているかを確認してください。 ご自身で不一致が見つけられないなら、その警告が出る部分のコード(prepareなどのSQLを含むところから、executeで実行するところまで)を、ご質問を編集して追記してください。


1

各行に過去3年分のprofitを LEFT JOIN で追加してあげれば計算できますね SELECT T1.year, GREATEST(T1.profit + T1.profit_1 + T1.profit_2 + T1.profit_3, 0) FROM ( SELECT T1.year, T1.profit, COALESCE(T2.profit, 0) AS profit_1, COALESCE(T3.profit, 0) AS profit_2, COALESCE(T4.profit, 0) AS profit_3 FROM profits ...


0

ソートしたいなら、CriteriaQuery.orderBy()を使えばいいのではないですかね? https://docs.oracle.com/javaee/7/api/javax/persistence/criteria/CriteriaQuery.html#orderBy-java.util.List-


1

【質問に対する直接の回答】 それとも、結果取得後に自分で、必要のない記号等をなくすしか方法はないでしょうか? はい、そうです。 cur.fetchall()はm個の列(タプル)のn行(リスト)を返します。 今回のSQLは1行1列を返しますが、selectの結果がただ一つかどうかはfetchall()には分かりません。 rows[0][0] でcount (*)の結果を得ることができます。 【気になったこと】 質問された方は"[ ]"、"( )"、","をデータに含まれる文字と認識されているようですが、 これらの記号はタプルやリストなどデータの構造を表現しているだけです。 これらの記号をなくすのではなく、データの構造(リストやタプル)に見合った方法でデータを取得すれば所望の結果を得られます。


上位 50 件の最近の回答が含まれています