次のタグが付いている新しい回答:

1

INNER JOIN と OUTER JOIN は状況に応じて使い分けるべき、別の演算です。MySQL では何も装飾のない JOIN は INNER JOIN になるので、使ったことはあるのではないかと思います。 そもそも、関係データベースの JOIN 演算には次の 4 つの種類が知られています。 INNER JOIN LEFT OUTER JOIN RIGHT OUTER JOIN FULL OUTER JOIN これらはそれぞれ、対応する値が相手のテーブルに存在しなかったときにどうするか、が異なります。 例として『リレーショナルデータベース入門』(増永良文)に載っていたものを引用します。最初に次のようにふたつのテーブル「供給」と「需要」があったとします。 このふたつのテーブルを、供給.部品 = 需要....


2

・INNER JOIN 取得結果から、OUTER JOIN 取得結果を 得ることは不可 はい、不可能です。 ・OUTER JOIN 取得結果から、(条件追記することで)INNER JOIN 取得結果を 得ることは可 はい、可能です。 詳細 OUTER JOIN は3つの種類があります。 LEFT OUTER JOIN (左外部結合) RIGHT OUTER JOIN (右外部結合) FULL OUTER JOIN (完全外部結合) LEFT JOIN のように、OUTER を省略して書いても構いません。 逆に、LEFT/RIGHT/FULL を省略して OUTER JOIN と書くことはできません。 (ちなみに、FROM A, B のように書いた場合、FROM A CROSS JOIN B ...


0

DBの日付のデフォルト形式がXXXX-XX-XX XX:XX:XXではないからです。 日付は下記のどちらかにするのが定番です。 ・使用する際に常に形式を指定する ・そもそもyyyymmddhhmmssのような文字列で保存し、文字列比較でできるようにしておく 6/21追記 上記回答は誤りだったため、訂正します。すいません。 mariadbのリファレンスを読む限り、上記形式自体は正当です。 原因は、以下になります。 mariadb 10.4.6では発生せず、10.4.13では発生するようです。 なお、cast(created as char)やcast(created as datetime)にするか、viewの内容の代わりにサブクエリにしても取得できます。 どこかのバージョンから、viewの挙動が変わったようです。...


1

インデックスも効かずスマートな方法ではありませんが、decodeかcaseを使うSQLで手っ取り早く実装することが可能です。 -- 疑似テーブル定義 with RESULT_VALUE as (select 1 ID, '01' DETAIL_ID, 'V01' VALUE1, 'V02' VALUE2, 'V03' VALUE3 from dual union all select 1 ID, '02' DETAIL_ID, 'V11' VALUE1, 'V12' VALUE2, 'V13' VALUE3 from dual union all select 1 ID, '03' DETAIL_ID, 'V21' VALUE1, 'V22' VALUE2, 'V23' ...


2

with parent_ids as ( select 1 union all select 2 union all select 3 ), children as ( select 1 as fk, 'a' as val union all select 1, 'b' union all select 1, 'c' union all select 2, 'b' union all select 2, 'c' union all select 2, 'd' union all select 3, 'c' union all select 3, 'd' union all select 3, 'e' ) select ...


0

次の問題の可能性があります。 キャレット位置が先頭になっていない可能性(自分は、>>>デフォルトを先頭からすべて にしています) SQLの区切りを「スラッシュのみの行」としているのに、セミコロン;を書いています   SQLの区切りを「;」にするか、;を消してみてください


0

Maybe this is what you need? VALUES TIMESTAMP(TIMESTAMP_FORMAT(CONCAT(CHAR(20200101),DIGITS(DEC(CHAR(000000),6))), 'YYYYMMDDHH24MISS'),0) returns 2020-01-01 00:00:00 or you could use e.g. VALUES TIMESTAMP('2020-01-01'::DATE,0) to get the same result


上位 50 件の最近の回答が含まれています