次のタグが付いている話題の回答:

4

回答にあらず、推測です。 https://dev.mysql.com/doc/ 以下には古いバージョンのドキュメントは削除済みのようで rename database に関しては検索してもヒットしませんね。 古いマニュアルをアーカイブで探したところ http://web.archive.org/web/20160504181056/https://dev.mysql.com/doc/refman/5.1/en/rename-database.html (以下オレオレ翻訳) ただし、このステートメントの使用によってデータベースの内容が失われる可能性があったために削除されました。 とあります。何となく妄想するに、単純に rename database に仕様上の不備があったとか、...


3

SQLがsyntax errorになっているのは、ALLがSQLiteのSQLの予約語だからじゃないかと思います。 他のRDBMSでも予約語だと思います。 (UNION ALLのため https://www.sqlite.org/lang_keywords.html where("`all` > 0") のようにクオートが必要なんじゃないかと思います。 コマンドラインからはこのように確認できます。 $ sqlite3 SQLite version 3.24.0 2018-06-04 14:10:15 Enter ".help" for usage hints. Connected to a transient in-memory database. Use ".open FILENAME" to ...


3

計算で求められる値を、都度計算するか結果を保存しておくかというのは悩ましいところです。 しかしこの質問について言えば、計算方法は制度などによって変化する可能性がありますが、過去の実働時間は一度確定すれば変化することがありませんし、変化しては困ります。ですので、入力時点(または締め日など特定の時点)で計算した値を保存する方法にしなければなりません。 都度計算する場合、計算方法が変わったからと言って単純にプログラムの計算方法を変えると、過去分の実働時間も変化してしまいます。これは非常にまずいです。これを避けるには、タイムスタンプを見てその時々に応じた計算を行うロジックを組む必要があります。新たな計算方法を追加する際に、過去分に影響する判定条件や計算のバグがあれば、過去の時間が変化してしまいます。やはりまずいです。...


2

基本的な1対1の外部結合を理解されておられるようですので、1対nの外部結合は外部テーブル(今回のテーブルAに該当)に複数のleft joinできることを応用すれば解決できるはずです。 第三者への有益な情報を目指して簡単なところから記載します。 記載されているSQLは質問と若干違います。MySQLのテーブル構成および実行結果はSQL Fiddleのリンク先を参照してください。 なお質問にある変換前のOracleのSQLは多重外部結合なのでOracle 11g以前では下記のエラーが発生して動きません。 ORA-01417: 表が少なくとも1つの他の表に外部結合されている可能性があります。 SQL Fiddleは11gが対象で例示できないため、冗長ですがwith句でテーブルを代用しています。 ...


2

「異なる意味なのに同じ名前」がややこしさの原因なので、「異なる意味なら異なる名前」になるようにするようにすればよいわけですが、これをどうするかはアプリケーション全体を見ないと決められない話です。 groupsのgroup_idの名前を変えるのが自明で短絡的な方法ですが、group_idが真にIDなのであればリレーションをそっちに張るとか、それならidいらないのではとか、IDじゃないのであればgroup_idとは一体何者でそれにふさわしい名前は何かとか、別の視点でgroup_idが既存の名前付けルールにより決まる名前なのであればそのルール自体見直さないといけないのでは、とか、質問の内容だけでは考えようがないですし、考えられるための材料を質問に記載するのは難しいでしょう。


2

追記の部分、私が見たことのない構文なのですが、MySQLiでしょうか、PDOでしょうか?それとも全く別の何かのフレームワークを使っておられるのでしょうか? とりあえずPDOだと仮定する(PDO::prepareのページと変数の使い方が似ているので)と、書き方が根本的におかしいです。 $sql = "SELECT * FROM replys WHERE id = ? AND data = ?"; $sth = $dbh->prepare($sql); $sth->execute([$id, $data]); あなたの使われている枠組みによっては、全く役に立たないかもしれません。その場合には、きちんとご自身の使われている枠組みをご説明ください。また、うまくいかない場合には「弾かれます」...


2

crypt, gen_salt で検索したところ PostgreSQLのリファレンスがヒットしたので、PostgreSQLの該当関数に相当するH2DBの関数は何か、という質問だとして回答しますと: 上のリンク先にある通り、cryptは(暗号化関数ではなく)ハッシュ関数なので復号はできません。 H2DBの備えるハッシュ関数として hashがあります。リンク先例文の通りパスワード格納も想定した関数だとは思いますが、PostgreSQLのものとは大きく仕様が異なります。 crypt はPostgreSQL独自の関数なので他のDBMSでは利用できません(過去のMySQL encryptのように似たものを備えるDBMSもあるようですが)。 production環境ではPostgreSQLを、...


2

標準的なSQLの範囲で書いてみました。 ある社員のある年度までの合計休暇日数の一覧を出して、10日を超えているもので絞り込み、年度の最小を出す、をそのまま書き下しています。 テーブル定義 CREATE TABLE IF NOT EXISTS PaidLeaveDays( yeras int not null , employee_id int not null , paid_leave_days int not null ); 抽出SQL SELECT MIN(pld10.years) AS years , pld10.employee_id FROM ( SELECT pld2.years , pld2.employee_id ...


2

どのようにトランザクション分離レベルを実装するかが、RDB ごとに少し違っていた記憶があるので、 MySQL に限定して回答を行います。 MySQL においては、トランザクション分離レベルと SELECT FOR UPDATE は、共に、トランザクションを並列でさばくための機構です。 MySQL において、トランザクション間の整合性は、次のような原則で動作します。 トランザクションが一環した読み込みを行う必要がある場合(e.g. REPEATABLE READ)、整合性を担保するべき時刻(e.g. トランザクション開始時刻)と undo log を利用して、その時刻相当のデータを常に読み込む。 トランザクションが書き込みを行う場合、データベースの最新の値を更新する。競合する更新がある場合、...


2

再帰共通テーブル式を使ってこんな感じですかね。 WITH CTE AS ( SELECT ID, ParameterID FROM T UNION ALL SELECT T.ID, CTE.ParameterID FROM T INNER JOIN CTE ON T.ParentID=CTE.ID ) SELECT DISTINCT ID, ParameterID FROM CTE ORDER BY ID;


1

最新の質問を「, 」で連結しています。 >>> q_list = ['aa', 'bb', 'cc'] >>> output = ', '.join([q for q in q_list]) >>> output 'aa, bb, cc' 補足 後にfor文が続くjoinに初めて遭遇し、ググってもよく理解できませんでした。 このページを読むと分かると思います。 https://note.nkmk.me/python-list-comprehension/


1

インラインビューが表 a として存在するものとします。 自己相関で a2 に action_id の候補を絞り、start_timestamp が直前となる一件を in_action_id とします。 該当する action_id がなければ、in_action_id は NULL になります。 SELECT DISTINCT a1.user_id , a1.start_timestamp , a1.end_timestamp , a1.action_id , a1.get_id , CASE a1.action_id WHEN '-1' THEN first_value(a2.action_id) OVER ( PARTITION BY a1.user_id, a1.get_id ORDER ...


1

相関サブクエリで出来ます SELECT X.カラーコード, X.重量, (SELECT SUM(重量) FROM 在庫 Y WHERE Y.カラーコード=X.カラーコード AND Y.アイテムコード=X.アイテムコード) AS 総重量 FROM 在庫 X WHERE X.アイテムコード IN (SELECT アイテムコード FROM アイテムマスタ WHERE 分類='塗料')


1

MySQL 8.0.20 での場合ですが、「カラーコード」と「重量」でグルーピングを行って、総重量は Window 関数で求めます。 SELECT `カラーコード`, `重量`, ROUND( SUM(SUM(`重量`)) OVER (PARTITION BY `カラーコード`), 1) AS `カラーコード毎の総重量` FROM `在庫` WHERE `アイテムコード` IN (SELECT `アイテムコード` FROM `アイテムマスタ` WHERE `分類` = '塗料') GROUP BY `カラーコード`, `重量`; +--------------------+--------+-----------------------------------+ ...


1

データベーステーブルのカラム情報を、sql.Rows.ColumnTypes() と sql.ColumnType.ScanType() を利用して取得するサンプルプログラムを以下に示します。データベースは sqlite3 を使用しています。 reflect.New() で各カラムに対応する Go の型(type)のインスタンス(ポインタ)を作成して、それらを sql.Rows.Scan() に渡しています。ポインタですので、値を取り出すのに reflect.Value.Elem() を使います。 sql_example.go package main import ( "database/sql" "fmt" "reflect" _ "github.com/mattn/...


1

SQL文中のパラメータマーカー(?や:name)の数と、実際に渡されたパラメーターの数が異なっていることを表しています。 (例えば、SQL文中のパラメータマーカーは全て?で、実際のパラメータはexecute()に配列で渡していると仮定して)SQL文中の?の数を数えて、それがexecuteに渡しているパラメータ配列の要素数と一致しているかを確認してください。 ご自身で不一致が見つけられないなら、その警告が出る部分のコード(prepareなどのSQLを含むところから、executeで実行するところまで)を、ご質問を編集して追記してください。


1

各行に過去3年分のprofitを LEFT JOIN で追加してあげれば計算できますね SELECT T1.year, GREATEST(T1.profit + T1.profit_1 + T1.profit_2 + T1.profit_3, 0) FROM ( SELECT T1.year, T1.profit, COALESCE(T2.profit, 0) AS profit_1, COALESCE(T3.profit, 0) AS profit_2, COALESCE(T4.profit, 0) AS profit_3 FROM profits ...


1

【質問に対する直接の回答】 それとも、結果取得後に自分で、必要のない記号等をなくすしか方法はないでしょうか? はい、そうです。 cur.fetchall()はm個の列(タプル)のn行(リスト)を返します。 今回のSQLは1行1列を返しますが、selectの結果がただ一つかどうかはfetchall()には分かりません。 rows[0][0] でcount (*)の結果を得ることができます。 【気になったこと】 質問された方は"[ ]"、"( )"、","をデータに含まれる文字と認識されているようですが、 これらの記号はタプルやリストなどデータの構造を表現しているだけです。 これらの記号をなくすのではなく、データの構造(リストやタプル)に見合った方法でデータを取得すれば所望の結果を得られます。


1

where句でcase文が使えますので、A,B,Cカラムをwhere句のcase文でご参照ください。 上記のようなアルゴリズムを導入するのに適したoracleでの文法はnvlとgreatestを併用して、Aがない時はBとCの大きい値を参照する方法です。 ただし質問文の条件ではBとCが同値の場合の挙動が記述されていませんので、要求に合わせた改修をお願いいたします。 select nvl(A, greatest(B, C)) as NVL_GREATEST, case when A is null then case when B > C then B when B < C then C else ...


1

1、prepare、execute の使い方が違う。名前付きパラメータを用いて ”SQL ステートメントを準備する”指定方法と、”疑問符パラメータを用いて SQL ステートメントを準備する”指定方法がありますが、疑問符パラメータでの例です。 $del = $db->prepare("DELETE FROM tb WHERE id = ?"); $del->execute(array($id)); 2、削除したい削除投稿記事ID($_POST['id'])を指定するinputタグが無いのでサーバーに削除投稿記事IDが送信されないから削除できない 詳細は以下のリンクで確認して下さい。 https://www.php.net/manual/ja/pdo.prepare.php 追記、 ...


1

JPAベースのフレームワーク(Hibernate等)をお使いでしたら、その旨本文かタグでお示しいただくと、そこら辺が詳しい方に見つけてもらいやすくなります。 エラーメッセージの Type specified for TypedQuery [int] is incompatible with query return type [class java.lang.Integer] と言うのは、 型付きクエリーで指定された型(int)はクエリーの戻り値型(Integer)と非互換です と言う意味ですから、まずはそこ(「型付きクエリーで指定された型」)を修正して見るべきでしょう。 int id = em.createNamedQuery("id_select" , Integer.class) //<-...


1

コンピュータサイエンスでは Dynamic software updating 動的アップデート と言ってて手法とかが研究されていますが、製品でそう標榜しているのは無いみたいですね。 「再起動せず」も英語だと rebootless update で見つかりました。 高可用性システムの文脈では全体的にはサービスを止めないアップグレードを in-service upgrades と言うようです。 live もよく使われるほか、hot patching, zero downtime upgrades や(設定を適用するときとかに)on the fly というキーワードも使われるようです。


1

まず、ややこしいと感じるかどうかは主観によるかな、と思います。 users.group_id が外部キーで、 groups のPKであるところの id 参照している、というのは私から見ると特に違和感はありません。 むしろ次のような場合だと違和感があります: idがPKでない groups.group_idやusers.user_idがPKである users.group_idが、PKではないgroups.group_idを参照している 主キーの意味でidという名前を使い、また他方でユニークな識別子(identifier)の意味でもidという名前を使っているのが違和感の根源かと思います。対応案としては: group_id -> group_name などにリネームする idといえば普通PKのことだろ派。...


1

ツールの制約もあるでしょうが、主キーは何を表すものかが分かるように修飾することをすすめます。 「ユーザーが見ることができる ID」は、name と同じくリレーションシップに意味のない文字列と受取りました。この名前を工夫すれば理解しやすくなるでしょう。 たとえば、下記のように変更してはどうでしょうか。 groups - group_id (←id) - id_friendly (←group_id) - name users - user_id (←id) - group_id - id_friendly (←user_id) - name


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります