次のタグが付いている話題の回答:

11

こんな感じでできるんじゃないかと思います。 SELECT * FROM _table WHERE _tag LIKE '%新幹線%' OR _schedule LIKE '%新幹線%' OR _memo LIKE '%新幹線%' ORDER BY _tag LIKE '%新幹線%' DESC, _schedule LIKE '%新幹線%' DESC, _memo LIKE '%新幹線%' DESC; LIKE は適合すると 1, 適合しないと 0 を返します。1→0 の順に並べるために DESC を使用しています。


5

table_bを外部結合するのに、table_bに関する条件が十分書かれていないのでは、期待する結果は得難いと言うのを意識しておかれた方がいいでしょう。 Query Cのサブクエリーはtable_aに依存した相関サブクエリーですから、table_aの行ごとに異なる値となります。最終的にA.no in (1, 2)で絞り込むのでそこ以外は省くとこんな感じ。 MAX(B.timestamp) (1) 1 2018-01-01 2018-01-01 (2) 1 2018-01-04 2018-01-02 (3) 1 2018-01-05 2018-01-02 (4) 2 2018-01-01 NULL (5) 2 2018-01-03 2018-01-02 (6) 2 ...


4

MySQLのリファレンスには順序保証の記載がないので保証はされないと思います。ORDER BYをつけるべきです。 (何度テストしても問題の無い結果が得られることはよくあります)


3

「ほしい詳細情報が変わる」ということですが、中身がころころ変わるようなテーブルでは、一貫性のあるデータベースになりません。 どのように事件に関する情報を整理するかが定まっていないという事だと思われますので、事件の報告などの実務に詳しい先輩に教えを乞うのが良いと思います。 事件の種類によって必須となる項目がある程度定まるかと思います。 傷害、恐喝、殺人、事故だと「加害者」「被害者」「被害状況/加害状況」「死者数、怪我人数、緊急搬送人数」といったように主たるものをリストアップしていってはどうでしょうか。


3

そもそも、CSV(などDB外のデータ)をDBに取り込む「標準的な方法」が存在しません。この時点でDB固有の機能を使わざるを得ないので、「標準的な方法」にこだわるのは意味がありません。 ・一行ずつ愚直に処理する ・テンポラリテーブルに一括で読み込んだあと、既存の表を更新+挿入 ・DB次第では一発でできる? のどれが効率的かは製品次第ですし、機能としては可能だとしても、運用上利用できない(例えば長時間テーブルロックがかかるのは都合が悪いとか)かもしれません。


3

実際に効果があるかどうかは、 RDB の実装次第であるとは思いますが、基本的に、今回のインデックスが COL_A, COL_B, COL_C の3つの列に関する複合インデックスであり、かつ、例示されている select 文を実行するのであるならば、モダンな RDB であるならば高速な動作は期待出来ると思います。 具体的には、 index は基本的に BTREE でその指定されたカラムを辞書順的に保持していると考えられますが、その BTREE 上で取得しやすいクエリであるならば、高速な検索が行われることが期待できます。 以下、普段自分が用いている MySQL について動作を検証しました。 CREATE TABLE `test` ( `COL_A` int, `COL_B` int, `COL_C`...


2

Aテーブルにしか(当該キーの)レコードが存在しない場合は Aテーブル側の内容を出力 Bテーブルにしか(当該キーの)レコードが存在しない場合は Bテーブル側の内容を出力 AB双方のテーブルに(当該キーの)レコードが存在する場合は Bテーブル側の内容を出力 は Bテーブルの内容を出力 Bテーブルに含まれていないキーのAテーブルの内容を出力 と簡略化することができます。含まれる・含まれないはIN・NOT INで表現できます。 SELECT USERID, USERNAME, LEVEL FROM TABLE_B UNION ALL SELECT USERID, USERNAME, LEVEL FROM TABLE_A WHERE USERID NOT IN (SELECT USERID FROM ...


2

考え方ですがまずtableBをグループ化してカウントします。 SELECT tableA_id, COUNT(*) FROM tableB GROUP BY tableA_id 件数が得られます。 1 | 3 3 | 1 tableAにこの結果を左結合します。 SELECT id, name, cnt FROM tableA LEFT OUTER JOIN (SELECT tableA_id, COUNT(*) AS cnt FROM tableB GROUP BY tableA_id) ON id = tableA_id これで希望にかなり近い結果が得られます。 1 | 山田太郎 | 3 2 | 鈴木次郎 | NULL 3 | 田中三郎 | 1 左結合で結合されなかった行にはNULLとなるため、...


2

Access SQLの特性が分からないので思いつくSQL文を列挙してみます。どれが速いか比較してみてください。 左結合で一致しなかった行を抽出(27秒) SELECT * FROM A LEFT JOIN B ON A.id = B.id WHERE B.id IS NULL Bのid一覧を作成し、そこに含まれていない行を抽出(55秒) SELECT * FROM A WHERE A.id NOT IN (SELECT id FROM B) Bにidの一致する行が存在しないAの行を抽出(14秒) SELECT * FROM A WHERE NOT EXISTS (SELECT * FROM B WHERE A.id = B.id) コメントよりAccessでの実行時間を参考値として記載しました。


2

@sayuri さんがおっしゃっているように、並べ替えて最初の行のみを取得する、が良さそうです。ただ、この「最初の行だけを取得する」は rdbms によって SQL の書き方が違います。 参考までに: -- MS SQL Server, など SELECT TOP(1) * FROM A WHERE X=n ORDER BY Y DESC; -- MySQL, PostgreSQL など SELECT * FROM A WHERE X=n ORDER BY Y DESC LIMIT 1; -- ANSI/ISO SQL:2008, DB2 など SELECT * FROM A WHERE X=n ORDER BY Y DESC FETCH FIRST 1 ROWS ONLY;


2

おそらくこの種類の質問はスタックオーバーフローではなく、ソフトウェアエンジニアリング向けの質問になるような気がしますが、日本語版ソフトウェアエンジニアリングがなさそうなので一応回答させて頂きます。 ネーミングコンベンションは個人や会社によってそれぞれ違いますので、あくまでも個人的な意見になりますが、まずyear_monthのデータ型をdatetimeにして、ExpenseDate などにします。その方がデータを取り出す時にdaily, monthly, yearlyなどフレキシブルに対応できると思います。 そうした場合、テーブル名もExpenseが良いのではないかと思います。(monthlyに限定しないという意味で) あと、...


2

posted_atでグループ化し最新の投稿を取得しようとするとuser_idとposted_atしか得られません。他のカラムを取得するためには再度postsと自己結合する必要があります。 SELECT post.user_id, users.name AS user_name, post.content, post.posted_at FROM posts AS post INNER JOIN users ON post.user_id = users.id INNER JOIN ( SELECT posts.user_id, MAX(posts.posted_at) AS posted_at FROM posts INNER JOIN groups_users ON posts.user_id =...


2

create table mytable ( datetimesend date, id char(1), number integer ); insert into mytable (datetimesend ,id, number ) values ('2018-08-23','a',34), ('2018-08-23','b',23), ('2018-08-23','c',95), ('2018-08-23','d',78), ('2018-09-30','e',50), ('2018-09-30','f',6), ('2018-09-30','g',99) ; 単純に、where句で指定すれば良いと思いますが、...


2

詳細情報のデータで検索(where による絞り込みなど)をしないことが確定しているのでしたら、 発生時刻: datetime 詳細情報: json のデータ型で作ってしまう、というのも一つの選択肢だと思います。 この設計のデメリットは、json の中身にインデックスが貼れない場合が多い(データベースエンジンに依存)ので、中身に対して検索を行おうとすると、それがとても遅くなる、ということが挙げられます。


2

上記のようなテーブルが存在しているんですが、事件の内容が増えるたびにほしい詳細情報が変わるのでカラムが増えるような現状です。 無理に RDBMS を使うより MongoDB などのドキュメント指向DB とかの方が合ってるかもしれませんね。 ドキュメント指向DBでは、データを行列からなる表ではなく「ドキュメント」として管理します。 ドキュメントは JSON 形式で表現され、例えば次のようなデータになります。 { "発生日時" : "2019/3/3 10:00", "発生内容" : "ひったくり", "取られたもの" : "かばん" } { "発生日時" : "2019/3/3 11:11", "発生内容" : "殺人", "死亡者" : "Aさん" } { "発生日時" : "...


2

あくまで一例ですが、以下のようにテーブルを分けます。 事件( 事件ID, 事件種別コード, 発生時刻) 事件被害( 被害ID, 事件ID, 被害種別コード, 被害名) 事件種別( 事件種別コード, 事件種別名) 被害種別( 被害種別コード, 被害種別名) 中身は以下。 事件種別・・・ひったくり/殺人/窃盗 被害名・・・・かばん/さいふ/Aさん 被害種別・・・盗難/損壊/死亡/負傷 「正規化」というキーワードで勉強してみてください。 まず、Fumuさんの仰る「情報を整理する」ことが最初に必要です。


2

一般にビューは更新不可能であり、基になるテーブルを更新する必要があります。 なお、SQL Serverには更新可能なビューという機能がありますが、 UPDATE、INSERT、DELETE ステートメントなどの変更で、1 つのベース テーブルのみの列を参照している。 という条件を満たしていないのでa_b_viewについては更新できません。a_tblおよびb_tblを更新してください。 蛇足ですが、NUMERIC(1)は5バイトです。0と1しか格納しないのであればbitをお勧めします。


2

SO本家の方で回答頂きましたので転記いたします。 https://stackoverflow.com/questions/54481011/how-to-extract-record-using-multiple-filter-to-array Below is for BigQuery Standard SQL standardSQL SELECT id, arr_val FROM `project.dataset.table` t WHERE 2 = (SELECT COUNT(DISTINCT a) FROM t.arr_val line WHERE a IN (111, 222))


2

Access2016で検証してみました。 クエリではDateaddしても結果は返しましたがVBAでは多分失敗すると思います。 理由は下記になります。 https://support.office.com/ja-jp/article/dateadd-%E9%96%A2%E6%95%B0-63befdf6-1ffa-4357-9424-61e8c57afc19 ここを参照すると戻り値はVariant型になっています。 今回実行しようとしているSQLの形にしようとするならば一度Dateadd後に日付型に意図的に変換した後に実行する方法が簡単だと思います。 Dim visited_dt As Date Dim AddDate_dt As Date visited_dt = #5/20/2019# ...


2

「異なる意味なのに同じ名前」がややこしさの原因なので、「異なる意味なら異なる名前」になるようにするようにすればよいわけですが、これをどうするかはアプリケーション全体を見ないと決められない話です。 groupsのgroup_idの名前を変えるのが自明で短絡的な方法ですが、group_idが真にIDなのであればリレーションをそっちに張るとか、それならidいらないのではとか、IDじゃないのであればgroup_idとは一体何者でそれにふさわしい名前は何かとか、別の視点でgroup_idが既存の名前付けルールにより決まる名前なのであればそのルール自体見直さないといけないのでは、とか、質問の内容だけでは考えようがないですし、考えられるための材料を質問に記載するのは難しいでしょう。


2

計算で求められる値を、都度計算するか結果を保存しておくかというのは悩ましいところです。 しかしこの質問について言えば、計算方法は制度などによって変化する可能性がありますが、過去の実働時間は一度確定すれば変化することがありませんし、変化しては困ります。ですので、入力時点(または締め日など特定の時点)で計算した値を保存する方法にしなければなりません。 都度計算する場合、計算方法が変わったからと言って単純にプログラムの計算方法を変えると、過去分の実働時間も変化してしまいます。これは非常にまずいです。これを避けるには、タイムスタンプを見てその時々に応じた計算を行うロジックを組む必要があります。新たな計算方法を追加する際に、過去分に影響する判定条件や計算のバグがあれば、過去の時間が変化してしまいます。やはりまずいです。...


2

基本的な1対1の外部結合を理解されておられるようですので、1対nの外部結合は外部テーブル(今回のテーブルAに該当)に複数のleft joinできることを応用すれば解決できるはずです。 第三者への有益な情報を目指して簡単なところから記載します。 記載されているSQLは質問と若干違います。MySQLのテーブル構成および実行結果はSQL Fiddleのリンク先を参照してください。 なお質問にある変換前のOracleのSQLは多重外部結合なのでOracle 11g以前では下記のエラーが発生して動きません。 ORA-01417: 表が少なくとも1つの他の表に外部結合されている可能性があります。 SQL Fiddleは11gが対象で例示できないため、冗長ですがwith句でテーブルを代用しています。 ...


1

・実行したselect文を表示する 私のやり方ですが、生のSQLを自分たちで整形する必要がある場合はまずは直接SQLの操作をして そもそも使えるSQLなのかどうかを調査確認します。 どのような開発環境でされているかはわかりませんが 直接SQLの操作をする一番シンプルな方法としては、 コンソールからmysqlコマンドで対話型のMySQLクライアントを立ち上げる という方法です。 すべてのSQLを試すことができるのでアプリケーションで組み立てる前にSQLの整合性のチェックができます。 https://dev.mysql.com/doc/refman/5.6/ja/tutorial.html CUIに慣れていないということであればphpMyAdminというツールでGUI操作でSQLを試すこともあります。 ...


1

「A003/B002/C01」と「A005/B002/C01」の組合せグループが対象であれば、「A番号」、「B番号」、「C番号」が同一かつ「ステータス1」が異なるレコードが存在するものをUPDATEすることで対応可能です。(SQL Server 2017で確認) update T set STATUS1 = 2, STATUS2 = 0 from A_TBL T, A_TBL D where T.A_ID = D.A_ID and T.B_ID = D.B_ID and T.C_ID = D.C_ID and T.STATUS1 <> D.STATUS1;


1

意図が違うような気がしますが、回答してみます。 T_DATEとT_PRODUCTテーブルが存在する際に以下のSQLでT_DATE_PRODUCTテーブルに指定の値を設定可能です。 insert into T_DATE_PRODUCT select * from T_DATE, T_PRODUCT; 以下蛇足です。 T_DATEとT_PRODUCTが変更された場合に、毎回T_DATE_PRODUCTを作り直す必要があるため、viewの方がよい気がします。 以下のSQLで作成が可能です。 create view V_DATE_PRODUCT as select * from T_DATE, T_PRODUCT; 実行SQL drop table if exists T_DATE; drop table ...


1

official wiki: IF conditions are written as OGNL expressions. とのことで、概ね一般的なJavaと同じように書けるかと思います。 /*IF !employeeList.isEmpty()*/ AND employeeId IN /*employeeList*/('101001') /*END*/


1

カラムの説明がないので推測で回答します。 直前のページがtd_referrerに保存されている時、 「あるページ "A" から」ということなので、直前のページが"A"である。 WHERE td_referrer='A' ページごと、且つ、デバイスごとにグループします。 アクセスページがtd_url、デバイスがtd_os、とした時、 GROUP BY td_url, td_os; 最後にまとめます。(テーブル名は指定がなかったので適当) SELECT td_url, td_os, COUNT(*) AS td_num FROM test WHERE td_referrer='A' GROUP BY td_url, td_os;


1

ウィンドウ関数のleadを用いることで、実現可能です。 テーブル CREATE TABLE events ( id integer NOT NULL, machine text COLLATE pg_catalog."default" NOT NULL, place text COLLATE pg_catalog."default" NOT NULL, "time" text COLLATE pg_catalog."default", CONSTRAINT events_pkey PRIMARY KEY (id) ); データ INSERT INTO "events" ("id","machine","place","time") VALUES (1,'機体A','...


1

#当該ページの趣旨としてよろしくないと思うので、正解ずばり回答するのは一旦避けます。ポイントだけ。 基本はページ記載の例を拡張すればよいと思います。ポイントは次の3点と考えます。 SQL文にteam1に対するCASE WHENの記載があると思いますが、同じ感じでteam2についても記載する SQL文(select文の結果)を一時テーブルとして、一時テーブルをselectして一時テーブルのscore1、score2で集計(sum)する 試合によっては両チーム得点なし(goalテーブルにレコードがない)場合があるので、gameとgoalをINNER JOINするとそういう試合が出力されないので、2テーブルの結合を工夫する 参考: ページ記載のSQL。 SELECT mdate, team1, ...


1

joinの結合条件になっている項目も出力してみると理解しやすいと思います。 回答コードの場合 select mems.firstname as memfname, mems.surname as memsname, mems.recommendedby as menby, recs.memid as recid, recs.firstname as recfname, recs.surname as recsname from cd.members mems left outer join cd.members recs on recs.memid = mems.recommendedby order by memsname, memfname; onの中身を入れ替えた場合 select mems....


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります