次のタグが付いている話題の回答:

2

Python with..asの後で関数の追記する使い方の意味

With文では、複数のコンテキストマネージャを使えます。それらは入れ子にされたように振舞います。 複数の要素があるとき、コンテキストマネージャは複数の with 文がネストされたかのように進行します: with A() as a, B() as b: SUITE これは次と等価です: with A() as a: with B() as b: SUITE —— ...
  • 1.1万
2
Accepted

Python with..asの後で関数の追記する使い方の意味

そう難しい話ではなく, 以下と同等で 後側の as がないだけです (.begin() とはなにか?という質問ならトランザクションの開始です) with engine.connect() as conn: with conn.begin(): pass # なにか処理 またこれらは次のようにもできます with engine.begin() as conn: ...
  • 3,694
2

Webアプリケーションにおける閲覧回数のカウント方法

要件次第です。 信頼性 リアルタイム性 アクセス頻度 単純にカウントアップすれば良いのか、何か条件はあるのか かけられるコスト 例えば時々ログを集計して更新すればすむような用途に複雑な仕組みを入れるのはナンセンスです。 前提なしの単なる「よく使われる手法を教えてください」だと各自が思いついた回答が雑多に集まるだけになってしまうので、具体的な条件を前提にした質問にしたほうがよいでしょう。
  • 1.2万
1

Webアプリケーションにおける閲覧回数のカウント方法

同一ユーザーの閲覧は除外するのでカあればウントアップだけじゃ実現できないと思うので。 たぶんRDBでも良いんじゃないでしょうか。 そもそも商品閲覧でもログインユーザーのアクセスでも、常に大量のSQLは発行されてるはずですよね。
1

Webアプリケーションにおける閲覧回数のカウント方法

どのような環境なのかによって選択できる手段は変わってくると思いますが 一般的な LAMP 環境を想定するとして、NOSQL の memcache を 利用するのはいかがでしょうか ? Memcached::increment
  • 60

Only top scored, non community-wiki answers of a minimum length are eligible